バーミーキューライトを購入した。


JAの職員に渡される施肥診断技術者ハンドブックによると、

バーミキューライトは雲母由来の板〜薄板状の二次(粘土)鉱物となっている。

そもそも粘土って何?


モンモリロナイトと同じ2:1型鉱物と呼ばれ、

保肥力が半端無く高く、保水力も高い粘土鉱物として扱われている。

粘土鉱物は買ってでもいれろ

保肥力とは?


でもさ、

上の写真は全然粘土に見えないよね。


まぁ、細かい粒子が合わさってあの形状になっているなら、

粘土だと言えなくもないか。


(薄)板状だと言われれば、

そう見えるし…




学生の頃、講義で、

バーミキューライトは蛭石(ひるいし)を高温で膨張させたものという風に習ったんだよね。

アジサイが梅雨に咲く理由はなんだろう?


何が正しいのだろうとよくよく見てみたら、

雲母が風化してできたものが蛭石らしい。

確かに蛭石を英語でバーミキューライトと呼ぶらしいし、そうなんだろう。


黒雲母の化学組成はK(Fe,Mg)3(AlSi3O10)(OH,F)2

蛭石の化学組成はMg1-x(Mg,Fe,Fe3+,Al)3(Si,Al)4O10(OH)2・4H2O

※黒雲母は草思社の楽しい鉱物図鑑より、蛭石は下記のURLより

バーミキューライト - Wikipedia


この化学式から

風化によって鉄とマグネシウムの供給源となりつつ、

保肥力と保水性は向上する可能性がある

ということがわかる。

葉緑素の合成で苦土と同じぐらい大事なものは?


とはいっても、

バーミキューライトは比較的高い資材なので、

路地ではなかなか手を出しにくいね。