近所にある収穫が終わった水田でヒコバエとイネ科の草が所狭しと群をなしていた。

収穫後の水田で株達が再生を試みる


そんな中、



ロゼット葉の群生があった。

葉は展開する毎に下の葉の位置から微妙にずれる


見ての通りロゼット葉が生えて覆っている箇所では、

ロゼット葉よりも高く伸長した草が見当たらない。


ロゼット葉の高さが低い部類に入るにも関わらずだ!


そんな中、



ロゼット葉の葉と葉の間からひょっこりと出す花が健気だ。


この花は勝ち組なのだろうか?

それとも負け組なのだろうか?


ロゼット葉によって覆われてしまったけれども、

ロゼット葉によって伸長できなかった高い背丈のイネ科がいない。


イネ科がいないからこそ、花を目立たせることができた。


どちらで解釈したら良いだろうか?