尿素は硫安の様な速さで効くか?で、

即効性肥料の代表格である硫安と、

硫安の代わりに使われ始めた尿素

ということを記載した。


尿素は硫安の代わりということだが、

硫安には大きな問題があったから、

その問題解決として尿素を推奨し始めた。


その問題とは一旦置いといて、

硫安と尿素の肥効が効くまでの反応の見てみると、


硫安が、

(NH4)2SO4 → 2NH4+ + SO42-

でNH4+が窒素の肥効だとすると、

SO42-(硫酸根)が土に残り、


SO42- + Ca2+ → CaSO4


余剰になりやすいカルシウムと結合して硫酸石灰として残る。

塩と書いて、「しお」と読みたいけどここでは「えん」で


一方尿素は、

(NH2)2CO + 4H2O → 2NH3 + CO2 + 2H2O → 2NH4+ + CO2 + 2OH-

でCO2(二酸化炭素)が残るが、

二酸化炭素なので土に何か残るということはない。


これはすごく大事で、


知らない間に溜まっている石灰


シンプルに生きる生物が周囲に与える影響


硫安の残留成分は塩類集積や老朽化水田を引き起こすけど、

尿素はそれらの大変な事態を引き起こすことがない。


多少、肥効が遅くても、

速く窒素分を与えたい場合は尿素を使えってことになるね。


肥効に微生物の関与が必要だというのならば、

土作りとして糖分(デンプン)を入れておけば、

尿素の肥効の効きは速くなるはず。