カヤツリグサっぽい草の群生があった。

カヤツリグサは群を作ることに成功したのか?

他の草の繁茂を抑えている。



そんな中でひっそりとスズメノエンドウがいるわけだけれども、

複葉の先端にある巻きひげで得意の巻き付きを試みている。


しかしだ、



巻きひげは細いカヤツリグサっぽい草にうまく巻き付くことができない。

もっと詳細に探したら巻きついている箇所があるのかもしれないけれども、

ざっと見た限り巻きつけた箇所は見当たらない。


こうみると、

先に繁茂して追随を許さず、

更にスズメノエンドウの巻き付きもさせない

というこの草は春のこの時期において強者なのだろうなと。


実は殆どの群生では今回の主役の草はひっそりと生えているのかもしれないけれども、

生態系というのは群生の中で最も目立った植物にしか目につかない。