カテゴリー : ビタミン・ミネラル/page-1

ブログ内検索
 

菜の花で寒い時期に体内にたまった老廃物を排出しよう

昨日、食用菜の花を食べた。 菜の花を見た時にいつも思い出すのが、 菜の花には冬の間にたまった毒素を出す効果があると言われること。 冬の間にたまった毒素という表現は 冬の寒い時に代謝が下がることで体内に余分なものがたまるということらしい。 毒素を出すという表現が出回っている以上、 その根拠となる研究結果があるはずなので探してみることにした。 菜の花はアブラナ科の植物の開花前の蕾なので、 この形状でかなり類似しているものとして、 ブロッコリは栄養...

Read More…

 

ビタミンB12を合成する細菌を求めて

一言で海苔と言っても種類は様々 前回の記事で海苔にはビタミンB12が豊富に含まれていると言われているけれども、 海苔の中でも紅藻と緑藻の間でビタミンB12が含まれている量が大きく異なる ということを記載した。 ビタミンB12の合成量の要因は共生する微生物に因るらしい。 話は海苔から離れ、 ビタミンB12を合成する細菌についてどれ程わかっていることがあるのだろう? という疑問が生じ、 早速、Googleの論文検索サービスで検索してみた。 Google Schola...

Read More…

 

一言で海苔と言っても種類は様々

Google検索というものは便利なもので、 食材名 + 栄養素で検索をすると、 このように食材あたりの栄養素の含有量の検索フォームが表示される。 焼き海苔のビタミンB12の含有量は57.6μgとのこと 海苔といっても紅藻、緑藻や藍藻の海苔があるため、 種類の指定が出来ることも素晴らしい。 真核藻類の誕生 この検索を使って 太陽と海と藻類たちの記事の続きを始めよう。 陸上植物の作物にはほぼ含まれていないとされるビタミンB12が、 海苔に豊富に含まれている...

Read More…

 

ビタミンB12のコバラミン

ビタミンB9の葉酸 ホウレンソウにはビタミンB9である葉酸が豊富に含まれているという内容を以前投稿した。 葉酸はビタミンB12と協働で人体で重要な合成に関与しているということも合わせて記載した。 植物でも同じかと調べてみたら、 植物(論文ではシロイヌナズナ)では葉酸は光合成産物からデンプンへ変換する調整をしていることを知った。 植物にとっての葉酸 植物にはビタミンB12は含まれいない。 ※現時点の情報量では植物には極少量含まれている可能性もある ではビタミンB12...

Read More…

 

植物にとっての葉酸

前回の記事でホウレンソウに豊富に含まれる葉酸について触れた。 ビタミンB9の葉酸 人体においてビタミンB12と協働でDNAの合成に関与するということを知ったので、 植物でもおそらく同じだろうと予想した。 同じであればホウレンソウにビタミンB12が含まれているはずだと、 ビタミンB12を含む野菜を調べてみたところ、 ビタミンB12を含む野菜が見当たらない。 葉酸の働きは人体と植物で異なるのか? そこで二つのことが頭に浮かんだ。 一つは葉酸は乳酸菌の増殖因子として発...

Read More…

 

ビタミンB9の葉酸

高pHの土壌を好みつつ、鉄を欲するホウレンソウ 前回の記事でホウレンソウには葉酸が多いという記載をした。 葉酸は別名ビタミンB9として扱われている水溶性のビタミンの一種である。 さっそく、葉酸について調べてみると、 /***************************************************/ 葉酸とは、狭義にはプテロイルモノグルタミン酸を指すが、広義には補酵素型、すなわち、還元型、一炭素単位置換型及びこれらのポリグルタミン酸型も含む総称名である ...

Read More…

 

高pHの土壌を好みつつ、鉄を欲するホウレンソウ

先日、蛇紋岩というpHが高くなりやすい地域でカリウム肥料を意識的に入れホウレンソウを育てたら生育が良かったという話を聞いた。 京都北部の舞鶴全般の土壌の考察 菠薐草(ホウレンソウ)と聞いて連想することと言えば、 ・pHが低い土壌では発芽しない ・鉄分やカルシウム、ビタミンA、ビタミンCやビタミンKが豊富 あたりだろうか。 赤橙色の色素からビタミンAができる 遥か昔に植物が上陸にあたって獲得した過剰な受光対策 ブロッコリは栄養豊富 ホウレンソウはpH高めを好むため...

Read More…

 

ビタミンB3のナイアシン

現在放送中のNHKの連続テレビ小説で、 インスタントラーメンを発明した方をモデルにした物語が放送されている。 連続テレビ小説「まんぷく」|NHKオンライン 先週、やっとインスタントラーメンが開発された。 劇中でインスタントラーメンの栄養価の分析を行うシーンで、 インスタントラーメンにはナイアシン(他にも沢山のビタミン)が多く含まれている という返答があった。 ナイアシンというのはよく聞くけれども、 実際に何なのだろう?と気になったので調べてみることにした。 ...

Read More…

 

未熟な鶏糞内に含まれるであろう抗酸化作用

植物にとってビタミンB6とは?の続きまでの記事で、 ビタミンB6が活性酸素に対して抗酸化作用があることがわかった。 今まで見てきた活性酸素は電子を多く持って不安定になった酸素や水が、 更なる安定を求めて、他の物質から電子を抜き取る作用があって、 取られた物質は電子を取られることによって脆くなる。 電子は糊付けの意味を持っていると捉えれば、 電子を取られることで崩壊するすることはイメージしやすい。 量子力学で生命の謎を解く 抗酸化作用のある物質とは、 活性酸素にいち早...

Read More…

 

植物にとってビタミンB6とは?の続き

前回の植物にとってビタミンB6とは?に引き続き、 ビタミンB6について検索し続けたところ、下記の論文が引っかかった。 Multiple roles for Vitamin B 6 in plant acclimation to UV-B | Scientific Reports 04 February 2019 ディスカッションのパートにて、 植物体内でのビタミンB6の働き(仮説)が整理されていたので紹介すると、 ビタミンB6ことPLP(ピリドキサールリン酸)がシステインとヘムの生...

Read More…

 

植物にとってビタミンB6とは?

前回、ブロッコリに豊富に含まれているビタミンB6について触れた。 代謝で重要なビタミンB6 人体でビタミンB6を摂取すると、 ビタミンB6が補酵素的な働きでタンパクや脂質の代謝に関わる ということを知った。 ビタミンを理解する為に補酵素を知る 実際に知りたいのは、 栄養素としてのビタミンB6ではなく、 ビタミンB6ことピリドキシンは実際に合成した植物内でどのように働いているのか? 早速検索してみたところ、 ビタミンB6は高等植物の根の成長に必須である - 〔ビタミ...

Read More…

 

代謝で重要なビタミンB6

酸素発生型光合成の誕生の前にまでの記事で、 酵素と補酵素に触れたので、 人と植物でビタミンKの使用は異なるものなんだなまでの記事で書き残していたブロッコリに含まれるビタミンB6の話題に戻ってこれる。 早速、いつものように厚生労働省にあるビタミンB6を読んでみると、 ビタミンB6 - 厚生労働省 ビタミンB6活性を有する化合物は、 上記の3画像はビタミンB6 - 厚生労働省 157ページより引用 ピリドキシン(PN)、ピリドキサール(P...

Read More…

 

酸素供給剤が効く時に働く酵素

ビタミンを理解する為に補酵素を知る 前回、補酵素というものに触れた。 補酵素には実際にどのようなものがあるのか? イメージがつかみやすくするため、 普段よく効く肥料周りで関与している酵素と補酵素に触れてみよう。 過酸化石灰、 よく聞く名称としては酸素供給剤というものがある。 台風・大雨の自然災害の被害を軽減するために 反応は最初に水に溶けることによって、 CaO2 + 2H2O → Ca(OH)2 + H2O2 過酸化石灰から水酸化カルシウム(...

Read More…

 

ビタミンを理解する為に補酵素を知る

ビタミンに触れてから時々目にする補酵素という文字。 補酵素といえば高校生物で習うものだけれども、 補酵素の多くはビタミンということでビタミンを知ることで避けることができないものなので、 ビタミンを頻繁に話題に挙げていることタイミングで触れておく。 人と植物でビタミンKの使用は異なるものなんだな 糠漬けで豊富に含まれるビタミンB1 最初に酵素について触れておく。 酵素を学ぶ上で有名な図がある。 左が酵素で右が基質 そもそも酵素というものは基質と呼ばれる...

Read More…

 

人と植物でビタミンKの使用は異なるものなんだな

ブロッコリは栄養豊富 前回、ブロッコリに含まれる栄養を調べてみたところ、 ビタミンKというものが豊富に含まれるという文章を見かけた。 ビタミンKを調べてみたら、 どうやらこれは光合成が行われる光化学系Ⅰ内の電子の運搬を担うキノンの一種であった。 光合成の明反応 光合成時の電子の運搬に関わる物質が、 人体ではどのように作用しているのか? 今回はそれを見ていこう。 ビタミンKは体内で消化されるとある酵素の補酵素となる。 この酵素はGlaタンパク質と呼ば...

Read More…

 

ブロッコリは栄養豊富

ブロッコリが食卓にあがる頻度が非常に多い我が家。 目にする頻度が多いと気になってくるのが栄養だろう。 ブロッコリは花が咲く直前の花菜になり、 生存で最も大事な繁殖である開花のために養分を貯えているはずだから、 食材としても栄養豊富となるだろう。 栄養はビタミンCやビタミンEを多く含むという記述をよく見かけるが、 これは今まで調べてきたものから多く含まれていることは納得できる。 アーモンドはビタミンEが豊富 遥か昔に植物が上陸にあたって獲得した過剰な受光対策 他に見か...

Read More…

 

ビタミンAとロドプシン

星屑から生まれた世界 - 株式会社 化学同人 確か上記の本だったと思うけれども、 生物の誕生から進化におけるロドプシンの誕生について記載していた。 ロドプシンと言えば、 人体では目で何かを見る時に活用しているタンパクだけれども、 目を持たないバクテリア(やアーキア)にもロドプシンがあるという記述があった。 地衣類という菌たちの巧みな生き方 細菌内のロドプシンことバクテリオロドプシンというタンパク何に使われているのか? 人体におけるロドプシンはオプシンと呼ば...

Read More…

 

赤橙色の色素からビタミンAができる

冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないというけれど 前回の記事でかぼちゃには豊富なビタミンが含まれていると記載した。 今回の記事の前フリとして、 果実のオレンジ色は光合成時に活躍する集光作用を持つ色素で、 この色素は生物の進化においてかなり古い時期に獲得した形質であると記載した。 上記を踏まえた上で、 今回はビタミンAについて触れる。 早速、厚生労働省にある脂溶性ビタミンのPDFを読んでみると、 ビタミンAに該当する物質は50種類にも及ぶが、その中でよく話題にあが...

Read More…

 

冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかないというけれど

風邪にはかぼちゃが良いとよく聞く。 風邪が悪化して辛い症状が続くと、 よく効くものにすがりたくなる。 先週から喉の痛みと鼻水で困っていたので、 ふと冒頭のフレーズを思い出し、 一体かぼちゃの何が風邪に良いのだろう? と気になった。 かぼちゃにはβ-カロテンをはじめ、ビタミンCやE、B1、B2、ミネラルや食物繊維が豊富に含まれている。 かぼちゃの基本情報|もっと野菜を。もっと食卓に。|キユーピー β-カロテンは一旦おいといて、 ビタミンCとビタミンEは最...

Read More…

 

植物ではビタミンCの合成はどのように行われるか?

前回の遥か昔に植物が上陸にあたって獲得した過剰な受光対策で、 植物の葉にはビタミンCが含まれていることがわかった。 葉にビタミンCを蓄える意義は、 太陽光の受光量の調整を行うためである。 次に知りたいことと言えば、 ビタミンCことアスコルビン酸がどのような経路で合成されるかだろう。 水溶性ビタミン - 厚生労働省 226ページ目より引用 アスコルビン酸を見ると、 炭素(C)、水素(H)と酸素(O)でできた五炭糖のようなカルボン酸という表現で良いのだろうか? ...

Read More…

 

遥か昔に植物が上陸にあたって獲得した過剰な受光対策

昨年の後半から光合成ってなんだろうな?と思うようになり、 とりあえず書籍から光合成のことを読み始めた。 光合成の明反応 光合成からコケが気になり出した。 コケはおそらく陸上に進出した最初の植物だろうからということで。 コケとは何だろう? コケの前は?と意識を向けてみると、 コケの前には車軸藻という緑色藻類で その前は?と辿っていくと、 太陽から注がれる光のエネルギーを活用できる藍藻類(シアノバクテリア)に行き着く。 藍藻類のユレモはゆらゆらと動く その前は様...

Read More…

 

ビタミンCの多い食材と言えば?

インフルエンザが流行っている昨今、 頻繁に耳にするのが、風邪にはビタミンCが効くということ。 真偽の程は置いといて、 様々なところでビタミンCの話題が挙がるので、 ビタミンCについて知っておくことは損ではないだろう。 そもそもの話、 知っていて損な話というのはほとんどないのだけれどね。 知って損するのは、毎週欠かさず見ている番組の先の展開だろうか? ビタミンCが多い食材と聞いて真っ先に思いつくのが レモン等の柑橘類の果実になるけれども、 今後の...

Read More…

 

糠漬けで豊富に含まれるビタミンB1

糠漬けの栄養に迫る 前回の記事で野菜を糠に漬けて乳酸発酵をすると、 米ぬかにあったビタミンB1(チアミン)が野菜の方に移行する という内容を記載した。 せっかくの機会なので、 ビタミンB1がどういうものなのか?を見ていくことにする。 さっそくビタミンで検索してみると、 厚生労働省がまとめている水溶性のビタミンのPDFが見つかった。 水溶性ビタミン - 厚生労働省 上記PDFからビタミンB1に関しての諸々をピックアップしてみると、 水溶性ビタミン...

Read More…

 

糠漬けの栄養に迫る

最近我が家では、 妻が漬物体験をしてきて、漬物の話題がよく挙がる。 漬物といえば、 漬けることで増える栄養素があったなと思い出した。 ちょうど食と健康、 特に食材の持つ各種栄養素が食材になる前にどのような役割を持っていたか? に興味があるので触れてみることにする。 その前に、 ぬか漬けに関して以前投稿した記事をリンクに張っておく。 糠漬けを探る 漬物は野菜の洗浄後に高濃度の食塩に漬けることで、 細胞膜の浸透圧を高め(?)、膜を破って内容物を染み出させる。 ...

Read More…

 

ポリフェノール鉄錯体と酸素供給剤で青枯病の発生を抑制

SNSのタイムラインを眺めていたら、 とても印象に残った研究のプレスリリースがあったので 今回はその研究成果が広まって欲しいという願いを込めて紹介する。 紹介したい研究結果というのは、 Generation of hydroxyl radicals by Fe-polyphenol-activated CaO2 as a potential treatment for soil-borne diseases Cláudio Kendi Morikawa Scientific Repo...

Read More…

 

アーモンドはビタミンEが豊富

アーモンドを食べた。 アーモンドは美味い。 やめるにやめられない。 アーモンドは高いから少量にしなければならないけれども、 アーモンドはやめられない。 前にある人が、 マメは人にとって大事なものが沢山含まれているから、 人はマメ食をやめることができないのだろう ともっともらしいことを言ってたことを思い出す。 ※アーモンドはマメ科ではなくバラ科なので上記の格言を利用する場合は注意が必要 アーモンド - Wikipedia アーモンドが入っていた袋には、 食物繊維...

Read More…

 

ツユクサは一次細胞壁でフェニルプロパノイドを持って何をする?

今までの記事で、 作物が虫による食害や病原性微生物の感染に強くなるために、 細胞壁、特にリグニンの活用が大事であることを記載し、 秀品率を高める為にリグニンの合成が大事では? という内容を記載してきた。 目に見えない銅欠乏 植物が細胞壁を構成する時、 最初にセルロースを主体とし各セルロースを結合させる為にヘミセルロースやペクチンといったものを付着させる一次細胞壁の形成の過程と、 一次細胞壁を構成して細胞の分裂が終了した後に、 細胞壁を更に強固にするためにリグニン等を...

Read More…

 

ホンモンジゴケ(銅コケ)と出会う

2018年11月9日(金)〜11日(日)で 京都府立植物園内で苔・こけ・コケ展が催されていた。 京都府立植物園 Kyoto Botanical Gardens/京都府ホームページ コケから土壌に関する有用な情報が得られるかもしれないと注目しはじめたところなので行ってみた。 毒性のある金属を体内に蓄積するコケたち 展示場の奥に進むと、 青みがかった色の石のところにコケが生えているものが目についた。 今度探しに行こうと思っていたホンモンジゴケではないか! ...

Read More…

 

山の鉄が川を経て海へ

飛騨小坂の三ツ滝 昨年、飛騨小坂の巌立峡を訪れた時に、 案内所に居た方から この川の水にはマグネシウム、カルシウムと腐植酸にキレートされた二価鉄が多い という話を伺い、 これらの養分が川から海へと流れ、 海の生き物たちの養分として利用される という話も伺った。 先日、ブログの読者と話をしていて、 ちょうどこの話題が挙がったので触れてみることにする。 最初に腐植酸について触れてみよう。 フリー写真素材ぱくたそ 山の森などの木が朽ちた後に...

Read More…

 

C4型光合成の二酸化炭素濃縮

前回の光合成速度の高い植物はどこにいる?の記事で、 C4型光合成回路(以下、C4回路と略す)を持つ植物らの光合成量が抜群に高い という内容を記載した。 先日からの光合成による大気中のCO2を固定する量を増やしたいという流れにおいてC4回路は外せないので、 今回の記事で改めてみることにした。 以前、夏に活躍!C4回路の植物たちという記事で、 C4植物はC3植物が行うような光合成を行いつつ、 吸収した二酸化炭素の一部を有機酸の形にして貯蔵する という内容を記載した。 ...

Read More…

 

二価鉄を求めて-後編

二価鉄を求めて-前編-で鉱泉から含鉄(Ⅱ)の水質は山の岩石に因ることがわかるという内容を記載した。 山の岩石という内容で挙げておきたいのが、 かんらん石、輝石や角閃石といった有色鉱物だろう。 これらの鉱物には鉄やマグネシウムを含むだけでなく、 他の様々な微量要素を含む鉱物もある。 その中でも更に取り上げたいのが、 かんらん石だ。 かんらん石といえば、今まで苦土とケイ酸の話題として挙げた。 栽培にとっての苦土の基のかんらん石 植物はどのようにしてシリカを吸...

Read More…

 

二価鉄を求めて-前編

重要だけど扱いにくいものでもある二価鉄 前回までの記事までで、 植物の光合成では多量な二価鉄を必要としていて、 植物は二価鉄を得る為に光合成産物の一部を使用して調達する ということを記載した。 二価鉄は過剰症になりやすい ということも記載した。 二価鉄と言えば思い出すのが、 岐阜県の飛騨小坂にある巌立峡(がんだてきょう)だろう。 飛騨小坂の巌立峡 巌立峡とは火山の噴火により形成された溶岩流が川の風化作用によって削られてできた渓谷で、 現在も溶岩流...

Read More…

 

重要だけど扱いにくいものでもある二価鉄

光合成の明反応-後編までの記事で 植物は太陽光を受光することで光合成を行うわけだけれども、 その光合成という反応において最も注目されているのが電子の移動であって、 その電子の移動には多くの鉄(特に二価鉄)が必要とされることがわかった。 ※実際には鉄を含むタンパク質 鉄はFe2+とFe3+の状態をとり、 二価鉄は前者のFe2+の方を指す。 プラスが一つ少ない、つまりは電子e-が一つ多い。 鉄は電子を受け取りやすく離しやすいという特徴があるため、 鉄は電子の運搬に関わる。 ...

Read More…

 

光合成の明反応-後編

光合成の明反応-前編 前回、光合成の明反応の詳細を見て、 水から電子を取り出して、その電子の動きを見つつ、 各所で動いている物質のことを見た。 とはいっても、 すべてを見たわけではないので、 今回は残りを見ていく。 はじめに図の中央にあるシトクロムb6fを見ると、 この個所はシトクロムがたくさんある場所で、 シトクロムというのは、 酸化還元機能を持つヘム鉄を含有するヘムタンパク質である。 シトクロム - Wikipedia ヘムは By NE...

Read More…

 

銅を中心にして、リグニンを廻る植物とキノコたちの活動

廃菌床という資材のこと 最近、廃菌床の話題がちょくちょく挙がり、 廃菌床のことをまとめる機会が増えた。 廃菌床というのはキノコ栽培で使用された培地のことで、 キノコがある一定以上生えて収穫された後に廃棄されたもの。 キノコというのは、作物栽培の堆肥として非常に有用な木質系の成分の終盤の分解者にあたり、 キノコがしっかりと生えきったものであれば、 堆肥として利用すれば土に障害なく有効な形で作用してくれる代物だ。 成分をまとめたりといろいろしていたらふと頭に浮かんだこ...

Read More…

 

うどんの茹で汁は飲まないけれども、そばの茹で汁は飲む文化

蕎麦湯を飲んだ そばを食べた後に出る蕎麦湯が好きなのでざるそばを注文して蕎麦湯がサービスである時は必ず飲むんだけど、 蕎麦湯で検索してみたら蕎麦湯を飲むべきではないという意見があって驚いた。 麺を茹でた後の液体が蕎麦湯であるわけで、 茹でた際の麺から溶出してしてしまった成分が溶けているから良いという話題だけれども、 この話をスパゲッティの茹で汁に当てはめると、 スパゲッティの麺には塩分や添加物がたくさんあるだろ。 スパゲッティの茹で汁を飲む文化なんてないから蕎麦湯を飲む...

Read More…

 

元素118の新知識から金属酵素の働きを知る

星屑から生まれた世界 - 株式会社 化学同人 38ページより引用 I-W系列と各微量要素 I-W系列を知ってから、微量要素についてのイメージがより鮮明となって、 各種金属酵素の働きを理解したい欲求が増えてきた。 まとまっている本はないか?と本屋で様々な生理学系の本を探してみたけれども見つからず… そんな中、 仕事用の本棚の整理をしていた時にふと目に付いた。 講談社ブルーバックスの元素118の新知識という本。 元素118の新知識|ブルーバックス|講談社BOO...

Read More…

 

殺菌剤の標的とSH酵素阻害

マンゼブ Ⅰ.評価対象農薬の概要 - 環境省より引用 前回の亜鉛を含む農薬の作用をI-W系列から考えてみるで亜鉛を含むマンゼブという農薬を見て、 実際の作用の話に入る前に金属酵素全般の話を書いた。 マンゼブの作用を改めて記載すると、 ジチオカーバメート系の殺菌剤であり、SH酵素や金属酵素を阻害することにより殺菌活性を有すると考えられている ということだった。 とりあえず、SH酵素阻害から触れてみることにする。 SH酵素阻害と言えば、 銅を含んだ農薬のボルドー液の際...

Read More…

 

亜鉛を含む農薬の作用をI-W系列から考えてみる

先日、マンゼブという農薬の成分の話題になった。 マンゼブというのは、 マンゼブ Ⅰ.評価対象農薬の概要 - 環境省より引用 分子式が(C4H6MnN2S4)xZnyで表されるマンガン(Mn)、硫黄(S)と亜鉛(Zn)を含んだ化合物である。 分子式をざっくりと見たところ、亜鉛(Zn)が遊離してイオン化しやすいだろうと予想している。 作用機構を見ると、 ジチオカーバメート系の殺菌剤であり、SH酵素や金属酵素を阻害することにより殺菌活性を有すると考えられている。 ...

Read More…

 

リグニン合成と関与する多くの金属たち

最近、植物にとっての病気とは何なのだろう?と 微生物や酵素の事が記載されているものを再び読むようになった。 そのキッカケとなったのが、下記の記事であるわけで、 I-W系列と各微量要素 生物の誕生は地球にある物質を元であるならば、 生物の基盤は石(鉱物)である。 生物が獲得した便利な機能も当然鉱物由来であって、 病原菌(感染して発病の要因となる菌)の攻撃も鉱物由来であって、 感染された生物の防御も鉱物由来である。 植物の細胞壁には病原菌が体内に侵入してきた際に菌の...

Read More…

 

I-W系列と各微量要素

星屑から生まれた世界 - 株式会社 化学同人 昨年末の太古の生物は酸素によって現れた銅を活用したの記事で 衝撃的な書籍と出会ったことを記載した。 この本が学生の頃にあれば、 きっと人生は今とは違う方向に向かっていただろうなと思える程の衝撃であった。 農学や細胞学を勉強していてここまで生物と金属にピックアップして記述している本は見たことがなかったし、 この視点は農学を学ぶ上で理解を急激に進めるための手引となることは間違いない。 というわけで、 再び読み始めたわけだけ...

Read More…

 

二年ものの味噌を買った

近所のイベントで二年味噌が売っていたので即買いした。 しかもこの味噌、材料が脱脂後の大豆ではないのが更に良い。 写真の左側が一年物の味噌、右側が二年物の味噌。 近寄って見ると、 これが一年もので、 これが二年もの 市販の味噌には賞味期限があるけれども、 味噌自体は発酵食品であるため、 腕の良い方の味噌であれば、味噌には賞味期限というものはなく、 寝かせれば寝かせるほど美味となる。 無添加味噌の表面にカビが生えた 上記以外のことで、以前...

Read More…

 

植物は銅を何に活用するか?

銅の機能を活かした農薬、ボルドー液で(おそらく)胆礬と石灰岩を燃焼させたものでボルドー液という農薬を作成したことを記載した。 で、今回はボルドー液の機能を記載しようと思ったがその前に 植物にとって銅は微量要素の肥料成分として捉えられているので、 植物体内で銅がどのような働きをするのか?を見てみたい。 JAの営農のハンドブックを開いてみると、銅(Cu)は下記のように記載されていた おもな吸収形態:Cu+、Cu2+ おもな生理作用: 1. チトクロームa、アスコルビン酸酸化酵素...

Read More…

 

銅の機能を活かした農薬、ボルドー液

太古の生物は酸素によって現れた銅を活用したで生物にとっての銅というものの重要性を再認識した。 いや、 作物の肥料の微量要素としてなかなか銅は話題が上がらないのであまり気にしていなかったという方が正しい。 そんな作物と銅だけど、 近代農薬の歴史において、初期に現れたボルドー液というものが、 硫酸銅を主として製造された農薬で、 銅のもつ「破壊と創造」というものが病原性微生物には防除として効いて、作物にはサプリ的要素として効くらしい。 ということでせっかくの機会なので、ボルド...

Read More…

 

乳酸菌の活性に更に迫る

乳酸菌の活性に迫るで乳酸菌はγ-アミノ酪酸を合成するということを記載した。 このγ-アミノ酪酸は人体でも合成されており、神経の抑制系の反応で使用していることがわかっている。 他に何かないか?ということで、 再び乳酸菌で論文検索してみたところ、下記の論文が引っかかった。 乳酸菌の生理機能とその要因 日本調理科学会誌 Vol. 46,No. 2,129~133(2013) この論文には乳酸菌の一般的な構造が記載されている他、 プロバイオティクスの仕組み等も記載されており、 一般...

Read More…

 

乳酸菌の活性に迫る

糠漬け時の乳酸発酵に迫る 前回までのあらすじとして、 糠漬けという発酵食品は、食塩による浸透圧上昇により細胞内の成分をスープのようにごちゃまぜにし抽出する。 糠床の糠に住まわせた乳酸菌等の微生物によって米ぬかと抽出したスープ内の有機物を発酵させる。 浸透圧による細胞内の成分の抽出によりミネラルの吸収効率を高め、 発酵の過程を経て、有機物の吸収効率を高めつつ、 繊維質は残すので、繊維質の摂取の恩恵も受けられる。 前の記事でも書いたけど、 乳酸菌はただひたすらにデンプンを...

Read More…

 

糠漬け時の乳酸発酵に迫る

糠漬けを探る 前回、糠漬けの手順について触れた。 食材を糠漬けに漬け込むまでの間に整形・洗浄→食塩という手順があり、 食塩後に食材を糠漬けに漬けて、米ぬか内に住み着いている乳酸菌によって発酵を開始する。 ここで見るべきポイントは2つだね。 ・食塩が食材に与える影響 ・乳酸菌は何を発酵しているのか?(食材内の物質を発酵しているのか?) この問に関する解は下記の論文を参考にする。 漬物工業の現況と新技術動向の294ページから295ページまで 漬物が漬かるということ ...

Read More…

 

先生に覚えておけと言われたジンクフィンガーを私はまだ忘れていません

先日、鍋をした時に、 なんと鍋には牡蠣が入っていた。 牡蠣を食べる度に学部生の頃の研究室の先生の言葉を思い出す。 院試の勉強や研究のために遅くまで残っていたら、時々先生が居酒屋でごちそうしてくれたものだ。 男性が精力を付けたければ、牡蠣が良い。ジンクフィンガーを覚えておけ。と ※亜鉛はZnと表し、ジンクと読む あぁ、先生の言いつけ通り、 牡蠣やアワビ=ジンクフィンガーが頭から離れなくなってしまったよ。 By Thomas Splettstoesser (w...

Read More…

 

作物と鉄まとめ

続・続・もう、牛糞で土作りなんて止めようよの続き 鉄がアミノ酸の合成や抵抗性を増す要因であるならば、 二価鉄を施肥すれば秀品率が上がるんじゃないの? という考えに行き着く。 二価鉄を酸化させずに施肥させる手段があるかどうかは知らないけど、 二価鉄をキレートに包めば、そこそこ安定的に吸収させることが可能だと思う。 だけどだよ、 他の要素同様、過剰症に注意しなければならないはず。 知らない間に溜まっている石灰 現に、 鉄過剰症は施肥をはじめて結構はやい段階で発生す...

Read More…

 

発生し続ける活性酸素

鉄と上手なお付き合い 前回、生体内で活性酸素が発生して、侵入した菌とかを死滅させるけど、 活性酸素が強力すぎて、ある程度の量の活性酸素は鎮めなければならない と記載した。 これって、侵入した菌分だけ活性酸素を合成すれば良いんじゃね? という話になるけど、 常に活性酸素を用意しているから、 侵入した瞬間に菌を死滅させることができる。 侵入してから数を菌の数をカウントして、 それに合わせて活性酸素を用意していたら、 活性酸素を生み出す過程にも複雑な制御が必要に...

Read More…