カテゴリー : Ubuntu

ブログ内検索
 

ApacheでLet's Encryptの自動更新する為にCertBotを導入した

Let's Encrypt - Free SSL/TLS Certificates 当サイトをHTTP/2対応して表示の爆速化してみたの記事で Apacheで運営しているサイトでLet's Encryptを利用してhttpsからはじまるURLでサイトを表示できるようにしている。 Let's Encryptは3ヶ月毎に更新のため、 Let's Encryptのインストールの際、cronで期限が切れそうになったら自動更新するコマンドを登録していたけれども、 先日、期限切れを伝えるメ...

Read More…

 

Go言語でQtを扱ってみる on Ubuntu

Go言語はC言語のようなコンパイルとPython等のLL言語の両方の実行方法を持ちつつ、 言語の仕様を削ぎ落として学習コストを下げつつ実行の高速化を保ち、 更にはクロスコンパイルで一つのコードで様々なOSをサポートする。 シンプルな故に開発の支援ツールも充実している という特徴を持つ言語だが、 デスクトップアプリ(GUI)の開発に弱いというイメージがある。 敢えて弱くしているように見えるので以後は弱点とは言わないが、 洗礼された言語を使っっているとやはりGUIアプリのコードを書...

Read More…

 

UbuntuでAndroid Debug Bridgeを使ってみる

Android Debug Bridge(通称:adb)は開発機とAndroid機(エミュレータ)間で通信できる便利なコマンドラインツールで、 開発機からAndroid機に開発したスマホアプリをデプロイ出来たりする。 Android Debug Bridge  |  Android Developers というわけで、ADBのインストールからAndroid機にアプリのデプロイまでやってみた。 開発機 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryz...

Read More…

 

UbuntuにAndroidのエミュレータを入れる

Go言語のGo MobileでAndroidアプリを開発してみるで、 Go言語でAndroidアプリを開発出来る環境を設けた。 開発を快適にするために、開発機にAndroidのエミュレータを入れてみた。 まずは環境をまとめてみる。 開発機 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryzen 5 2500U APU ( 2.00GHz 2MB ) OS : Ubuntu 18.04 メモリ : 8.0GB PC4-17000 DDR4 (オンボ...

Read More…

 

Go言語のGo MobileでAndroidアプリを開発してみる

Go言語ではAndroidやiOSのアプリの開発用でmobileパッケージが用意されている。 Mobile · golang/go Wiki · GitHub Androidアプリの開発することになったので、 本家のJavaではなくGo言語で開発してみることにする。 今回はサンプルコードをAndroid端末で動かすところまで。 ということで早速開発環境を載せる。 開発機 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryzen 5 2500U ...

Read More…

 

続・Ideapad 720SにUbuntuを入れてWi-Fiを使用する

Ideapad 720SにUbuntuを入れてWi-Fiを使用するで新しいパソコンにUbuntuを入れた後に内蔵Wi-Fiが使用できないという困った症状になって、諸々調べたけれども解決しなかった という内容を記載しました。 今回は前回の続きで解決編 最初に前回まで調べたことをまとめると 最初にマシンとインストールしたOSを記載してみる。 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryzen 5 2500U APU ( 2.00GHz 2MB )...

Read More…

 

Ideapad 720SにUbuntuを入れてWi-Fiを使用する

記事タイトルでIdeapad 720SにUbuntuを入れてWi-Fiを使用すると記載したけれども、 先に結論を書くと、現時点(2018年3月29日)では内蔵Wi-Fiアダプタは使用出来なかった。 使用出来なかったという判断を行うまでの過程をメモとして残す。 先に前回記載した内容をまとめておくと、 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryzen 5 2500U APU ( 2.00GHz 2MB ) OS : Windows 10 Home ...

Read More…

 

Ryzen搭載のノートパソコンにUbuntuのインストールで苦戦した

開発用としてノートパソコンを購入した。 長い間、待ちに待ち続けたRyzen搭載のノートパソコンだ。 AMD Ryzen™デスクトップ・プロセッサー | AMD Ryzen - Wikipedia それでは早速、OSをWindows10からLinux Ubuntuに入れ替えだ。 The leading operating system for PCs, IoT devices, servers and the cloud | Ubuntu 何...

Read More…

 

Ubuntuでタッチパッドでアイコンの上を軽く触れるだけでドラックしてしまう問題について

先日、Ubuntu17.10にアップグレードした。 アップグレード後にパソコンを触れたら、 ※タッチパッドでアイコンに軽く触れるだけで、アイコンがドラックの操作として動き出してしまう タッチパッドでアイコンの上を軽く触れるだけでアイコンをドラックしてしまう問題が発生した。 実際には前のアップグレードの時も同様の問題が発生したので、再発したと言った方が良いかも。 前回は設定のメモをしておくことを忘れて、今回も同様に苦戦したので、 今回は設定のメモを残しておくことにする。...

Read More…

 

Ubuntuでsendmailをインストールする

UbuntuでSendmailをインストールする時に苦戦したので、その時のメモとして投稿。 Sendmail - Wikipedia まずはいつものように $ sudo apt-get update $ sudo apt-get upgrade して、諸々のアプリをアップグレードしておく。 その後にSendmailのインストールを行うために $ sudo apt-get install sendmail sendmail-cf mailutils をしたが、 Creatin...

Read More…

 

さくらVPSにJenkinsを入れて、Selenium + php-webdriverを動かせるようにする

さくらVPS上でSeleniumとphp-webdriverを利用する 前回、さくらのVPSにSeleniumとphp-webdriverを実行するための環境を設けた。 あとはJenkinsを入れるだけだ。 環境 さくらVPS 512 Ubuntu 16.04 Java 1.8.0_151 Jenkins 2.76 Selenium 3.7.1 Xvfb バージョンの調べ方わからず Chromeドライバ 2.33.506092 Chromium 62.0.3...

Read More…

 

さくらVPS上でSeleniumとphp-webdriverを利用する

Selenium - Web Browser Automation 最近の記事でSOY CMS / ShopのUIテストをSeleniumのGUI(Firefoxのアドオン)からFacebook製のphp-webdriverへと作り変えた。 facebook/php-webdriver: A php client for webdriver. テストを作ったのは良いけれど、ローカル環境だとテスト中に他の作業ができなくなるので、 さくらのVPSを借りてSeleniumを動かせるよう...

Read More…

 

Seleniumとphp-webdriverでUIテストの自動化

アプリ開発において自動化しておきたいものにテストの自動化がある。 今までSOY CMS / ShopはSeleniumのFirefoxプラグインでGUIで一つずつ動作を登録しながらUIのテストコードを作成していたけれども、 Selenium - Web Browser Automation Jenkinsさんのお力を借りて、 JenkinsさんにSeleniumを実行してもらうべく、 PHPのコードでSeleniumのUIテストのコードを書き直すことにした。 Jenk...

Read More…

 

UbuntuサーバでNode.jsのアプリの再起動に苦戦した時のメモ

Socket.IOのチャットアプリでXSS対策まででNode.jsでリアルタイムなチャットアプリの開発を見てきた。 ある程度動作するようになったので、VPSサーバで実際に動かす段階になったので設置した。 前回の記事以降、 メッセージを投稿して、他のブラウザ宛にプッシュする直前でデータベースに保存し、 表示しているブラウザをリロードしたらデータベースに保存しているやりとりを表示する という機能を付けている。 chatdemo ├── README.md ├── _modul...

Read More…

 

Apacheサーバでバージョンの表示を隠す

Apacheサーバでは、 デベロッパーツールのネットワークと 404NotFoundのページでサーバで利用しているApacheのバージョンが表示される。 バージョンが表示されることによって、 Apacheのとあるバージョンに重大な脆弱性があった場合、 これらの表示を元に攻撃を試みられることもあるので、 バージョンは非表示にすることが推奨されている。 というわけでApacheのバージョンを非表示にしてみる。 環境 Ubuntu 16.04 ...

Read More…

 

Apache2.4.27の標準設定ではHTTP/2が使用できなくなったのでその対応

現在稼働中のサーバのApacheのバージョンを2.4.27にアップグレードしたら、 HTTP/2が使用できなくなっていた。 Apacheの使用を確認すると、 Apache2.4.27からMPM(マルチプロセッシングモジュール)の設定がpreforkであるとHTTP2の設定を無効するように仕様が変更されたらしい。 マルチプロセッシングモジュール (MPM) - Apache HTTP サーバ というわけで、 MPMをpreforkからworkerに変更して、 再びHTTP/2...

Read More…

 

ApacheサーバでBrotliを使用してみた

前回、圧縮の性能が高いと言われるBrotliを試してみた。 Googleの圧縮アルゴリズムBrotliを試してみた 性能は圧縮後のファイルサイズで確認して、 容量が標準のgzipよりも少なくなっていることを確認した。 これはApacheサーバにも入れてみたい! ということでサーバにインストールしてみた。 はじめにサーバの環境だけど、 さくらのVPS 512 Ubuntu 14.04 Apache 2.4.25 当サイトをHTTP/2対応して表示の爆速化して...

Read More…

 

FCrackZipでzipファイルに設定されたパスワードを調べる

パスワード付きのzipファイルが解凍できなくて困った。 というわけでfcrackzipという総当り攻撃してくれるアプリを利用してzipファイルに設定されているパスワードを調べてみることにした。 Marc Lehmann's "FCrackZip" 環境はubuntu 17.04です。 はじめに下記のコマンドでfcrackzipをインストール sudo apt-get install fcrackzip 続いて、パスワード付きのzipファイルを生成。 hoge.txtとい...

Read More…

 

FFmpegとAudacityで動画の音声の調整に挑戦!

ボカシ肥の作成の動画を撮り直しました。 以前、ボカシ作成の動画を撮影してYouTubeにアップロードしました所、 PVが20000ぐらいになり、 グダグダな動画だったために意味不明な誹謗中傷のコメントがいくつかくるようになりました。 米ぬかボカシを作ろう!仕込んでみる! というわけで撮り直したのですが、 マイクの腕が悪いので集音周りが全然できていません。 これは編集力を高めた方が良いだろうと、 編集に注力を注ぐことにしました。 編集環境はUbuntu17.0...

Read More…

 

Ubuntu版BracketsのBeautifyの設定

Brackets - A modern, open source code editor that understands web design. WebサイトやWebアプリのエディタでBracketsというものがあります。 軽量且つ様々なプラグインでプログラミングが捗ります。 Brackets(エディタ) - おすすめ - SOY CMSを使ってみよう このBracketsのプラグインの一つにBeautifyという ファイルの保存時にコードを整形してくれるナイスなもの...

Read More…