テンプレート内でPHPの記述を許可する(要PHP)

SOY CMSのHTMLのテンプレート編集でブロックでは要件を満たすことが出来ないため、PHPで直接記述したい場合があります。

そのような時はテンプレート内でPHPの記述を許可しましょう。

※PHPを許可するとセキュリティが落ちます。下記の記事をよく読み、意識して利用しましょう。

CMSに不正にログインした後、何をする? - saitodev.co

SOY CMS/ShopでPHPモジュールに使用の制限を設けました - saitodev.co


これから紹介する設定ではSOY ShopのテンプレートのPHPの許可も同時に行われます。


PHPの記述の許可の仕方は

CMSインストールディレクトリ/common/config/user.config.php.sample

CMSインストールディレクトリ/common/config/user.config.php

のようにリネームします。


user.config.phpにはSOY CMS、SOY Shopの制限に関する設定が記述されています。

user.config.phpを開き、14行目付近にある

define("SOYCMS_ALLOW_PHP_SCRIPT",false);

define("SOYCMS_ALLOW_PHP_SCRIPT",true);

に変更します。


変更後に管理画面にログインしてみると、




Allow PHP Script: trueという表示が追加されています。

これでテンプレート内でPHPを使用することができるようになりました。



試しにトップページに下記のような簡単なPHPの記述を追加します。


<?php
echo "hoge";
?>

テンプレートを更新して、ページを確認してみると、



PHPのスクリプトの実行結果としてhogeが表示されていました。

Tweet Follow @saitodev
戻る

操作方法の追加リクエスト

リクエスト受け付けは終了しました

SOY CMS/Shopの読み物

SOY Shop開発秘話

開発元で働いていた時に発表したスライドです。

売りたいものがあるならば、まずはネットショップのCMSを開発しましょう from Tsuyoshi Saito