ブログページで記事毎ページを作成する

ブログページで記事の詳細ページ(記事毎ページ)を組み込みます。

サイドバーの新着記事一覧箇所の組み込みはブログページのトップページと同じなので、トップページの組み込みを参考にしてください。


それでは記事毎用で準備したHTMLテンプレートを組み込みます。




ブログの詳細画面で記事毎のエディタを開き、

用意したHTMLを貼り付けます。


表示の確認の後、運営に必要なタグを書き込み、表示の確認を行います。

※タグの書き込みと表示確認は省略します。




議事毎ページで記事の内容を表示させるためのテンプレートの編集を行います。



右側のコンテンツの箇所のHTMLを探し、下記のようにタグを追加します。


<!-- b_block:id="entry" -->
<header>
<h2 class="title first"><span cms:id="title_plain">サンプルブログの記事タイトル</span></h2>
</header>
<div class="post blogent">
<div class="tim_cat">
<span cms:id="create_date" cms:format="Y/m/d">2016/09/19</span>
<!-- cms:id="category_list" -->
<a href="" cms:id="category_link"><span class="label" cms:id="category_name">カテゴリ名</span></a>
<!-- /cms:id="category_list" -->
</div>

<!-- cms:id="content" -->
<p><span class="imgbox_top alignleft">
<img src="/sample/images/sampleimg/sam.png" alt=""></span>
サンプルブログの記事です。思いついたことを書きましょう!<br>
以下省略
</p> <h3>ブログサンプルのH3見出し</h3> <p><img src="/sample/images/sampleimg/sam1.png" alt="" style="float:left;"> サンプルブログの記事です。思いついたことを書きましょう!<br> 以下省略</p> <p><span class="imgbox_top alignleft"> <img src="/sample/images/sampleimg/sam4.png" alt=""></span> サンプルブログの記事です。思いついたことを書きましょう!<br> 以下省略</p> <!-- /cms:id="content" --> <!-- cms:id="more" --> <p>追記の箇所</p> <!-- /cms:id="more" --> </div> <!-- /b_block:id="entry" -->

はじめに記事を表示したい箇所を<!-- b_block:id="entry" -->で囲み指定します。

他はブログのトップページと同じですが、

<!-- cms:id="more" -->タグが追加されていることが注意です。


moreタグは記事に追記がある場合に表示される箇所で、

追記が不要なブログであれば、moreタグを書いておく必要はありません。


この追記というのは、

SOY CMSの記事の投稿の標準仕様で、本文の他にもうひとつ文章を書くカラムがあり、

そのカラムのことを追記と呼んでいます。


追記の投稿は、



記事投稿画面にある追記タブをクリックすると、

追記用のエディタが表示されます。


この追記用エディタで文章を登録した記事を開くと、

テンプレートで指定したmoreタグの箇所に文章が表示されます。


テンプレートの修正が終わりましたら公開側の記事毎ページを開き、



本文の箇所が投稿した記事の内容に変わっていれば終了です。


b_block:id="entry"で囲った箇所で使用できるcms:idは下記のページをご覧ください。

b_block:id="entry"内で使用できるcms:idタグ

Tweet Follow @saitodev
戻る

操作方法の追加リクエスト

操作方法質問フォームでマニュアルに記載されていない操作方法の質問を受け付けています。
より良いマニュアルサイトを目指していきますのでご協力をお願い致します。

当サイトの運営者についての詳細はこちらをご覧下さい。

SOY CMS/Shopの読み物

SOY Shop開発秘話

開発元で働いていた時に発表したスライドです。

売りたいものがあるならば、まずはネットショップのCMSを開発しましょう from Tsuyoshi Saito