共通箇所はHTMLモジュールで管理する

記事とブロックで他ページとの共通箇所は記事で作成してブロック設定すると記載しましたが、

他にHTMLモジュール(cms:module)という機能でも共通箇所を管理することが出来ます。



前回同様、ヘッダをHTMLモジュール化してみます。


はじめに共通箇所のHTMLをメモ帳なりにコピー&ペーストしておきます。


続いて、



ページ一覧にあるモジュール管理のリンクをクリックし、




画面の指示に従い、HTMLモジュールを作成します。



HTMLモジュールのエディタが表示されたら、

先ほどコピー&ペーストしておいたHTMLのコードを貼り付け更新します。



HTMLモジュールのエディタの画面の下の方にモジュールタグの記述例がありますので、このタグをコピーして、



このモジュールを使用したい箇所を下記のように変更します。


<!-- cms:module="html.header" -->
<header id="header1" class="borno">
<div class="inner">
<div class="bg">
<h1><a href="index.html"><img src="/sample/site/images/logo_site.png" alt="サンプルサイト"></a></h1>
<h2>サブタイトル、又はサイトの簡単な説明文を入れましょう</h2>
</div>
<div class="sns"> <a href="https://www.facebook.com/" target="_blank"><img src="/sample/site/images/fb.png" alt="facebook"></a><a href="https://twitter.com/" target="_blank"><img src="/sample/site/images/tw.png" alt="twitter"></a> </div>
</div>
</header>
<!-- /cms:module="html.header" -->

生成されたcms:moduleタグで囲みます。

テンプレートを変更の後、公開側の表示でモジュールが反映されていれば設定は終了です。




共通箇所を管理する方法として、ブロックとHTMLモジュールを紹介しました。

ブロックとHTMLモジュールの大きな違いは、

block:id="***"もしくはcms:module="***"で囲った後の設定の手続きの有無です。


公開後もページを量産するサイトであれば、

ページを追加する度にブロックの設定を行うのは大変です。


このようなサイトの場合はcms:moduleで共通箇所の管理を行うと良いです。


もう一点の違いは、

記事はデータベース内に保存されていますが、

HTMLモジュールはファイルとして保存されます。


ファイルは

/ルート/サイトID/.module/html/モジュールID.phpとして管理され、

AdobeのBracketsといったFTPと接続してサーバのファイルを直接編集できるエディタを使用しているのであれば、SOY CMSの管理画面を開かずに編集することが可能です。

Brackets(エディタ)

Tweet Follow @saitodev
戻る

操作方法の追加リクエスト

リクエスト受け付けは終了しました

SOY CMS/Shopの読み物

SOY Shop開発秘話

開発元で働いていた時に発表したスライドです。

売りたいものがあるならば、まずはネットショップのCMSを開発しましょう from Tsuyoshi Saito