jQueryのLightboxを介して表示する

jQueryのLightboxというのは、



このように画像(サムネイル)を並べて、

各サムネイルをクリックすると、



クリックした画像が強調表示されるものです。

表示された画像の下に説明文も表示することができます。

Lightbox by Lokesh Dhakar


サムネイルと画像を一覧として同時に出力できるSOY Galleryであれば、

簡単にLightboxを利用した画像一覧ページを作成することができますが、

画像の説明文を出力する際にはひと工夫必要です。




Lightboxを設置するには下記のコードを指定します。


<head>
<!-- 他のメタタグは省略 -- >
<link rel="stylesheet" href="css/lightbox.css">
<script src="js/jquery.min.js"></script>
<script src="js/lightbox-plus-jquery.min.js"></script>
</head>

※headタグ内のCSSとJavaScriptファイルの指定は環境に合わせて適宜対応してください。


サムネイル画像を表示する箇所は、

<a href="{画像のパス}" data-lightbox="{任意の値}" data-title="{説明文を入れる}"><img src="{サムネイルのパス}"></a>

このようにする。


例えば、SOY Galleryで複数枚サムネイルを表示したいとする場合、

注意すべき点として、一つのタグの中に2つのcms:idを指定できないということ。


具体的に見ると、

aタグの中に画像のパス(href属性)と画像の説明(data-title属性)の2つの値を出力しなければならず、

<a cms:id="image_link" data-title="<!-- cms:id="memo" /-->"><img cms:id="thumbnail"></a>

このようにaタグ内の中でcms:id="image_link"を指定しつつ、cms:id="memo"も入れたくなるところだけれども、aタグ内で2つのcms:idは使用できない。


そこで下記のように指定する。

<a href="<!-- cms:id="image_path" /-->" data-title="<!-- cms:id="memo" /-->"><img cms:id="thumbnail"></a>

上記の内容を踏まえた上で、ulタグ内でのサムネイル一覧の設置例は下記になります。

<!-- app:id="soygallery" app:gallery="{ギャラリーのID}" -->
<h3 block:id="gallery_name">ギャラリー名</h3>
<ul>
<!-- block:id="image_list" -->
<li><a href="<!-- cms:id="image_path" /-->" data-title="<!-- cms:id="memo" /-->"><img cms:id="thumbnail"></a></li>
<!-- /block:id="image_list" -->
</ul>
Tweet Follow @saitodev
戻る

操作方法の追加リクエスト

リクエスト受け付けは終了しました

SOY CMS/Shopの読み物

SOY Shop開発秘話

開発元で働いていた時に発表したスライドです。

売りたいものがあるならば、まずはネットショップのCMSを開発しましょう from Tsuyoshi Saito