ブログ内検索
 

飛騨小坂の炭酸冷泉

20万分の1日本シームレス地質図 先日から連日で投稿している飛騨小坂の溶岩流の先端のところあたりに、 飲用可能な炭酸冷泉が湧いている。 小坂の炭酸泉は炭酸含有量が非常に高いことで有名で、 写真ではわかりにくいけど、 水からは絶えず発泡していて、 飲んでみるとシュワシュワとサイダーを飲んでいるような感覚となる。 味といえば、 なんか血を舐めたような味で、 炭酸の爽快感に血の味となんとも不思議な感覚であった。 血の味というのは、今まで紹介してき...

Read More…

 

飛騨小坂の霊泉覚明水

飛騨小坂の巌立峡の近くに湧水「霊泉覚明水」があった。 湧水を知ることでいずれ何らかの役に立つような気がしているので、 メモも含め記事としてまとめておく。 霊泉とは不思議なはたらきをもつ水。神仏の加護が受けられるという水という意味があり、 周辺に玄武岩質的な火山岩、豊富な水と滝の多さから、 ここから湧いている水に不思議な作用があることは予想できる。 不思議な作用については次回記載する。 飛騨小坂の三ツ滝 /******************************...

Read More…

 

九条ネギの西陣屋さんの社内研修で肥料の話をしました

京都農販として、 京都の亀岡で九条ネギの栽培と加工をされている西陣屋さんで施肥設計の話をさせていただきました。 西陣屋|京都市亀岡で九条ネギなどの京野菜の生産・販売の農業法人 堆肥に焦点を絞って、各種堆肥が栽培に与える影響についてで、 今までと同じ肥料にかかる経費で、 秀品率を上げつつ、農薬散布の使用回数を減らすためにできることをお伝えしました。 関連記事 施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる

Read More…

 

飛騨小坂の三ツ滝

飛騨小坂の巌立峡 川と木々が巌立を削る 巌立峡の巌立と川に沿って、 崖の横に道が整備され、奥へと散策できるようになっている。 ※更に奥に入る場合は事前申請が必要 話は戻って、 地形の保護活動を行っている地域に行った時は、 必ずその地域で発行されている本を購入するようにしている。 巌立峡でも「滝の美学」という冊子が売られていて、 その本を読んでみると、 巌立峡の周辺では、210近くの滝が発見されている と記載されていた。 滝を形成...

Read More…

 

川と木々が巌立を削る

飛騨小坂の巌立峡 再び飛騨小坂の巌立に話題を戻す。 5万年もの間、川は巌立を削り続けた 周辺にあった地図を見ると、巌立を挟むように川が2つある。 その内の一つの川の作用によって巌立は分断された。 今回は手前側にある川を見てみる。 エメラルドグリーンをした澄んだ綺麗な水だった。 周辺にいる方に聞いてみたところ、今の時期(11月)は水が非常に綺麗な時期らしい。 川は常に地形を侵食させながら水を流しているわけで、 この川も巌立を分断していな...

Read More…

 

長雨や台風は大切な資源を削っていく

5万年もの間、川は巌立を削り続けた 先日訪れた巌立峡。 この写真の位置から車で40分山を登ったところに、 巌立峡を形成した御嶽山とその溶岩流跡が一望できる場所があるということで行ってみることにした。 車で走ること20分 突然目の前に通行止の看板が現れた。 そういえば移動中に通行止めの通知の看板がいくつかあったけど、 展望台に到達できる前にまさかの通行止め。 地元の方に聞いてみたところ、 先日の超大型台風の影響によって土砂崩れがあったらしい。 ...

Read More…

 

SOY Shopで全ての子商品の在庫数を確認する

商品規格プラグインを使用している方から、 すべての商品の在庫数をひと目で確認する方法を知りたいというお問い合わせがありました。 SOY Shopで商品規格毎に在庫数と価格を設定する SOY Shopでダウンロード販売商品グループを追加しました 商品規格プラグインを使用していなければ、 商品CSVエクスポートで出力したCSVを開けば一目瞭然なのですが、 商品規格プラグインは子商品を活用しているため、 出力した商品CSVが非常に確認し辛くなります。 在庫数を確認するだけであれ...

Read More…

 

SOY CMS3.0.1とSOY Shop1.18.1の差分をマージしました

昨日、SOY CMSの公式サイトでSOY CMS 3.0.1とSOY Shop1.18.1が公開されていたので、 早速コードを確認しながら私のリポジトリに取り込んでみました。 今回のバージョンアップは私が着手しそうにないUI周りや ポイント支払いの見直しだったため、 私がほそぼそと続けているリポジトリの大幅な機能強化となりました。 修正箇所を見てみて、 前回指摘したjQueryの読み込み周りの仕様変更により、 使用できなくなったプラグインの修正や、 フォーラムで報告されて...

Read More…

 

5万年もの間、川は巌立を削り続けた

飛騨小坂の巌立峡 前回、飛騨小坂にある日本一長い溶岩流のところに行ってきた記事を記載した。 巌立峡にある公園から溶岩流により形成された地形の断面が見れる。 この巌立は 日本の川により挟まれている。 そもそも溶岩流だけど、 イラスト:株式会社誠文堂新光社 / 増補版 地層の見方がわかる フィールド図鑑 86ページより抜粋 このイラストでいうところの右上にある地表に現れたマグマが傾斜に従って流れているもので、 巌立峡の巌立は54000年前に...

Read More…

 

飛騨小坂の巌立峡

再び七宗町の飛水峡へ目を向けてみると 今年の6月に訪れた飛騨川と飛水峡。 この先(北)が気になって色々と調べていたら、 飛騨小坂(ひだおさか)という地域に御嶽山(おんたけさん)という山があり、 その山を世界遺産への認定への活動をされている地域があった。 御嶽山 - Wikipedia 認定を目指すには何らかの教材的な要素があるはずで、 御嶽山について調べてみたら、 20万分の1日本シームレス地質図 御嶽山の山頂を中心に濃いオレンジのエリアが北、西や南へと...

Read More…

 

心なし半ばにして落葉

今年の紅葉は例年以上に鮮やかな紅になっているように見えるね。 高野川が紅に染まりはじめる 紅色の葉が落葉すると地面が色付いて素敵だ。 そんな中、 イマイチ色が乗り切らずに落葉してしまった葉がちらほらとある。 例えばだよ、 葉毎に意思を持って、幹と葉で個々に意思を持っているとしよう。 紅色に変わる葉はワクワクとしながらアントシアニンを合成しつつ、 自身の葉にある有用な成分を幹に送る。 紅に色づく葉の内部で よっしゃ! 緑色の成分はほとんど幹に送ったし、...

Read More…

 

人はドラマを求めて川に行く

川には様々なドラマがある。 ドラマを求めて人は川に行く。 そして私はブログのネタがない時に川に行く。 川の端の砂利の堆積地に降り立つ。 おや? ここの石が少ないところ もっと近くに寄ってみる。 なんか草が発芽してた。 11月中旬のこれから寒くなる時に発芽するから、 きっとロゼット葉の草だろうな。 こんな常に冷たい水にさらされたところで発芽するんだなと感心してしまった。 この草が無事に冬を越せるのか? やっぱり川に...

Read More…

 

仄暗い水路の底から開花

おや? グリーチングのところからマルバアサガオの花が咲いていた。 ちょうど地面すれすれのところだ。 強靭なあいつが仄暗い水路の底から 夏に咲いた花のこぼれダネが溝に溜まった土で発芽したのかな? よくみたら、 溝の底にはたくさんの草が生えているな。 大体の草はグリーチングのところまで伸長しておらず、 つる性のマルバアサガオのみ地表ギリギリのところまで伸長して開花した。 こう見るとやっぱりつる性の草は強いな。 グリーチングのところにどうにか到達...

Read More…

 

京都八幡の渋谷農園さん主催の勉強会で病気の感染と肥料の副作用の話をしました

京都の八幡市で営農している渋谷農園さん主催の勉強会に呼ばれ、 京都農販として病気の感染と肥料の副作用の話をしました。 京都八幡の渋谷農園さん主催の勉強会で基肥の話をしました 京都八幡の渋谷農園さん主催の勉強会で土壌の物理性と緑肥の話をしました 前々回が基肥を考える上で土壌の化学性を安定化させるための肥料の選定、 前回で緑肥を活用することによって化学性と物理性を向上させ、 今回の話で副作用があるけれども使い勝手の良い肥料の話題を出したことで、 一応、こちらが持つベストプラクティス...

Read More…

 

客土が定着した地域、しなかった地域

関西にきて不思議に思っていたことがあった。 関西、特に京都では客土って何?と聞かれることが非常に多いこと。 関東にいた頃に家業を継いだ同期らが、 日常的に土質改善のために真砂土みたいな土を畑に入れていたし、 目が非常に細かい川砂を入れていることが多かったので、 客土は定期的に行われているものだと思っていた。 客土で川砂を入れる意義 だけど、関西(特に京都)にきて、 客土を行っていないどころか、客土という名称自体知らない方が多いことに驚いた。 先日、客土が頻繁に行われ...

Read More…

 

枕状溶岩と出会いに高槻の本山寺へ4

枕状溶岩と出会いに高槻の本山寺へ3 前回までのあらすじ 京都と大阪の県境にある本山寺周辺で、 海底火山によって生成された枕状溶岩があるというドキュメントを発見したため、 先週末に本山寺(ポンポン山)に行ってみた。 ドキュメントに記載されていた地図を元に枕状溶岩の露頭箇所に行ってみたら、 そこには緑色になった溶岩があったとさ。 きっとこういうところから、 農業や工業で利用する粘土鉱物を採掘するのだろうなと。 これらの知識は後々客土の土をどこから運んでくるか? の...

Read More…

 

枕状溶岩と出会いに高槻の本山寺へ3

前回、京都と大阪の県境にある本山寺周辺で 海底火山により生成された枕状溶岩と、枕状溶岩が風化して出来た土を見た。 風化してできた土は真っ黒な土をしていた。 枕状溶岩と出会いに高槻の本山寺へ2 本山寺周辺では地質の観察ポイントが大きく分けて4箇所あるので、 露頭紹介 -西山,川久保渓谷中流に見られる緑色岩周辺-より引用 一部改変 本山寺から少し離れて、 川久保渓谷というところに向かってみた。 地図の真ん中辺りのヘアピンカーブより右側に...

Read More…

 

SOY Shopの代引き支払いモジュールで地域ごとの手数料設定を追加しました

表題の通りで、 代引き支払いモジュールで地域ごとに代引き手数料の設定を行いたいという要望がありましたでの、 代引き手数料の金額が異なる地域がある場合は、 その地域用の手数料の設定のテーブルを追加できる仕組みを設けました。 今回対応分を含んだパッケージは下記のサイトからダウンロード出来ます。 https://saitodev.co/soycms/soyshop/

Read More…

 

枕状溶岩と出会いに高槻の本山寺へ2

前回のあらすじ 京都が位置する丹波帯を理解したくて資料を探したら、 京都と大阪の県境にあるポンポン山の山頂付近の本山寺で枕状溶岩の露頭が見られる箇所があるというドキュメントを発見した。 枕状溶岩と出会いに高槻の本山寺へ というわけで早速本題へ 露頭紹介 -西山,川久保渓谷中流に見られる緑色岩周辺-より引用 この地図は発見したドキュメントに記載されていた本願寺周辺の露頭箇所が記載されている地図。 今回は 赤い枠で囲った箇所に行ってみることにする。 ...

Read More…

 

枕状溶岩と出会いに高槻の本山寺へ

大鹿村の中央構造線安康露頭 先日、長野県の大鹿村にある中央構造線を学びに行った時、 中央構造線博物館 - Wikipedia 中央構造線の博物館が発行している書籍で温泉に関する書籍を購入する。 その書籍には火山性の温泉と非火山性の温泉の説明が記載されており、 非火山性の温泉の説明の箇所で有馬-高槻断層帯という内容が記載されていた。 有馬-高槻断層帯 | 地震本部 高槻といえば、頻繁に行くところなので、 もしかしたら、 (株式会社誠文堂新光社 / 年代...

Read More…