ブログ内検索
 

表層無機質中間泥炭土の周辺にあった石

玄武岩質的な土の客土の中にあった鮮やかな赤までで、 宮城県遠田郡涌谷町にある土質と、周辺の山の土質を見た。 話は再び露地に戻って、 周辺の畑の排水性の向上のために深く掘った時に出てきたらしい石があった。 地中から出てきたか、畑の端の方に基盤として使用されていたものなのか?は不明とのこと どちらにしろ、水田にあった、もしくは使用されていた石なので、 周辺で採石されたものを使用しているということで間違いないだろう。 この石をマジマジと見てみると、 ...

Read More…

 

玄武岩質的な土の客土の中にあった鮮やかな赤

山からの恵みを畑地へ 前回の記事で、ハウス内で客土した土で栽培していた作物が綺麗に生えそろっていて その土が安山岩・玄武岩質的岩石が風化して出来た黒ボク土であったことを記載した。 他にもハウスを見せていただくと 局所的に赤い箇所がある。 周辺に転がっていた石を見ると、 時々、黒っぽい石の表面が茶色くなっている。 この石は何なのだろう? 茶色くなっているのは赤錆と解釈して良いのだろうか? そして、 鮮やかな...

Read More…

 

山からの恵みを畑地へ

泥炭土は有機質土 前回、表層無機中間泥炭土という名称の土があるところの土を見た。 この畑の隣の隣で周辺の山から土を持ってきて客土をされている畑(ハウス栽培)があった。 この場所は元々グライ土らしいので、グライ土の上の表層に客土となる。 その畑というのがこれで、 見事に生えそろっている。 土は細かくて、茶色い。 バークや籾殻等を入れて更に軽くされていた。 ハウスがたくさんあって、 どのハウスを見ても、それは見事に綺麗に生えそろっていた。 ...

Read More…

 

泥炭土は有機質土

前回、東北地方の宮城県遠田郡涌谷町で泥炭土という土質の地域に行ったことを記載した。 東北へ そこでは 見たことあるような気がするんだけど、 なんか見たことがない土を見た。 これが泥炭土なのだろうか? 記録した地図を元に撮影した箇所の土質を調べてみるとやはり泥炭土とある。 しかもサブソイラで深く掘ったと言っていたので、 表層と深い層の土が混ざっているのだろうなと。 取り急ぎ、 泥炭土について調べてみると 基本的特性は 泥炭層(加湿地に繁茂した植物遺体...

Read More…

 

東北へ

先日の宮城県遠田郡涌谷町のうじいえ農場さんの社内勉強会に呼ばれ肥料の話をしましたで記載した通りで、 宮城県に行く機会ができました。 出身は神奈川で京都を拠点としている私にとって、 宮城県のある東北というのは今までほぼ縁がなかった土地で、 宮城県を含む東北は新境地みたいなものです。 宮城県の位置を地図で確認すると、 この辺り。 先日訪れた遠田群は仙台よりも北西に向かったところにある。 CC BY-SA 3.0, Link フォッサマグナ 糸魚川-静岡構造線...

Read More…

 

宮城県遠田郡涌谷町のうじいえ農場さんの社内勉強会に呼ばれ肥料の話をしました

宮城県遠田郡涌谷町で営農されているうじいえ農場さんに社内勉強会に呼ばれ、 京都農販として肥料の施肥設計と使用方法(説明は私ではありません)の話をしました。 宮城県小ねぎ・みず菜の周年栽培・出荷の有限会社氏家農場 前半は追肥のタイミングや選定を京都農販の木村が話し、 後半は私が基肥設計時の考え方の話をしました。 基肥設計の話はいつもと同様、 NPKに重きを置くと、後々追肥や農薬散布で経費が余計に発生する現象は何故生じるのか? pH、ECやCECに着目してからNPKを検...

Read More…

 

火山のあるところと再び京都夜久野高原の宝山に目を向けてみると

南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク・大鹿村中央構造線博物館にて、 火山ができる場所について教えていただいた。 日本においての火山の形成は 日本列島誕生。フォッサマグナ 大陸のプレートと海のプレートがぶつかり、 海のプレートが沈み込んだところにマグマだまりができるのだけれども、 このマグマだまりが形成される位置というものが大体決まっていて、 プレートの沈み込み(海溝)からの距離に規則性があるとのこと。 (株式会社誠文堂新光社 / 年代で見る 日本の地質...

Read More…

 

SOY ShopでFacebookログインプラグインを作成しました

表題の通りなのですが、 SOY Shopのマイページのログイン画面にFacebookのアカウントでも会員登録やログインできるFacebookログインのボタンを設置できるプラグインを作成しました。 facebook for developers このプラグインを管理画面に記載されている手順で設定を行うと、 ※画面左下のログインボタン SOY Shopサイトの公開側のマイページログインの画面にFacebookのログインボタンが表示され、 このボタンをクリックすると、 ...

Read More…

 

再び四国徳島の三波川帯へと目を向けてみると

以前、四国徳島の吉野川付近に緑色の石が多くて、 これは三波川変成帯という地質によるものだと記載した。 この時はまだ三波川帯というものがわかっていなくて、 海のプレートが大陸のプレートの下を潜るように沈み込みをした際に、 プレートの間にある高圧の環境で変成を受けた後、地殻変動によって隆起した という内容を記載したけれども、 吉野川よりも南側の地域を見ないで、吉野川付近だけが変成して隆起したように見える。 実際はそうではないことを、 日本列島がまだ大陸...

Read More…

 

さくらインターネットの共有サーバでLet's Encryptを利用して常時SSL化してみた

さくらインターネットから共有サーバでLet's Encryptが使用できるようになったという旨のメールが届いたので、 スタンダードプランで運営しているサイトで早速試してみた。 今回の文章を読む前に、 Let's Encryptと常時SSL化の記事のリンクを載せておきます。 Goで運営しているサイトでLet's Encryptを利用してみた 当サイトをHTTP/2対応して表示の爆速化してみた 常時SSL化はSEO上効果はあるか? それでは早速、Let's Encryptを設定...

Read More…

 

日本列島がまだ大陸内にあった頃に形成された中央構造線

大鹿村の中央構造線安康露頭 1億年程前、 まだ今の日本列島はユーラシア大陸の端にあって、 恐竜が闊歩していた頃、 大陸側のユーラシアプレートと海洋側の太平洋プレートがぶつかって中央構造線を形成した。 ※この頃はまだフィリピンプレートがなかったらしい。 太平洋プレートは、南の方で形成された玄武岩、石灰岩やチャートを大陸側へと運び ※中央構造線博物館内で展示されていた模型より 南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク・大鹿村中央構造線博物館 中央構造...

Read More…

 

SOY ShopでGoogle Sign-In for Websitesプラグインを作成しました

表題の通りなのですが、 SOY Shopのマイページのログイン画面にGoogleのアカウントでも会員登録やログインできるGoogle Sign-In for Websitesのログインボタンを設置できるプラグインを作成しました。 Google Sign-In for Websites  |  Google Developers このプラグインを管理画面に記載されている手順で設定を行うと、 ※画面左下のログインボタン SOY Shopサイトの公開側のマイページログインの画...

Read More…

 

大鹿村の中央構造線安康露頭

大鹿村というところで、 中央構造線が露頭している箇所を見てきた。 大鹿村というのは、 長野県の南部にあたる。 今回見てきた中央構造線というのは、 中国側のユーラシアプレートと、 フィリピンプレートがぶつかった時に出来た南北を分ける大きな断層の事を指す。 矢印で示した箇所の左側が大陸側の花崗岩の破砕岩で日本の北(内帯:ないたいと呼ぶ)になり、 右側が緑色岩(付加体)の破砕岩で日本の南(外帯:がいたいと呼ぶ)になる。 境界から各々の向きを...

Read More…

 

SOY Inquiryで複数のアップロードフォームを設置した時、確認メールで複数分の画像を確認したい

SOY Inquiryでアップロードフォームを設置した時、確認メールで画像を確認したいを試した方から、複数個のアップロードフォームを設置したので、管理者への通知メールで複数個分の画像の確認用のリンクを出力したい。 という問い合わせがありました。 上記の記事を改変したコードを下記になります。 ?php /** * 使用できる変数 * $columns 各フォームのオブジェクト(入力内容も含む) * $this-form フォームの設定 * $inquiryMailB...

Read More…

 

余分な養分は緑肥に吸わせろ。石灰過多の場合

余分な養分は緑肥に吸わせろ。リン過剰の場合までで、 土壌分析の結果で高ECやリン酸過多は緑肥に吸収させ、 すき込んで土に還すと団粒構造の成分として安定して、 過多による悪影響は減るだろうという予想が出来た。 今まで話題に挙げたもの以外で過多になりやすいものとして、 炭酸石灰(リン酸石灰も含む)と硫酸石灰があるけれども、 これらはどうだろう? 老朽化水田は文字通り泥沼 緑肥は密集させることにより効果を発揮する上、 根がしっかりと生えるものを選択するので、 作中や...

Read More…

 

余分な養分は緑肥に吸わせろ。リン過剰の場合

前回までのあらすじ 土壌分析の結果である値が極端に高い場合、 それを緑肥をかますことで改善を試みるとして、 緑肥に過剰な養分を吸わせて、その緑肥をすき込むと、 結果的に過剰な養分は土に還ってしまうのはないか? それに対して、 吸収された養分が体内でどのように変化し、 それが土壌の鉱物と接することでどのようになるのか? そのような視点で見ると、 高EC(硝酸態窒素が多い)の場合は団粒構造の一部となるんだろうな。 というところまでが前回の話 余分な養分は緑肥に吸わせろ。...

Read More…

 

余分な養分は緑肥に吸わせろ。高ECの場合

前回のあらすじ 土壌分析で特定の値が過剰であった場合、 一作休んで緑肥をかますことによって緑肥に過剰な養分を吸わせたとする。 その緑肥をすき込んだら、過剰な養分は土に還って結局同じではないか? という話題が挙がった。 結果は違っていて、 何故違うのか?を丁寧に考えていこう。 土壌の余剰な養分は緑肥に吸わせろ 続・もう、牛糞で土作りなんて止めようよ 今回はECが吹っ切れている場合を考えたい。 ECが高くなる要因は即効性の水溶性の肥料分を多用した場合で、 ...

Read More…

 

SOY ShopでLINE Loginプラグインを作成しました

表題の通りなのですが、 SOY Shopのマイページのログイン画面にLINEのアカウントでも会員登録やログインできるLINE Loginを設置できるプラグインを作成しました。 このプラグインを管理画面に記載されている手順で設定を行うと、 SOY Shopサイトの公開側のマイページログインの画面にLINEのログインボタンが表示され、 このボタンをクリックすると、 LINE側のログイン画面の遷移し、ここでログインを行うと、 SOY Shop側のサイトにリダイレ...

Read More…

 

京都八幡の渋谷農園さん主催の勉強会で土壌の物理性と緑肥の話をしました

京都の八幡市で営農している渋谷農園さん主催の勉強会に呼ばれ、 京都農販として土壌の物理性と緑肥の選定の話をしました。 京都八幡の渋谷農園さん主催の勉強会で基肥の話をしました 土壌の物理性は粘土、腐植や生えた植物によって大きく変化をするもので、 植物の根の生える規則から土壌に与える影響の話から、 各々の土壌に合わせて緑肥を選定する時に意識する点をまとめました。 緑肥はとんでもない効果が出たという方と、 ほとんど効果が出なかったという方と両極端に分かれるけれども、 緑肥に求め...

Read More…

 

土壌の余剰な養分は緑肥に吸わせろ

緑肥の話をしていたら、 下記のような話題が挙がった。 緑肥を使いこなす 例えば、 続・もう、牛糞で土作りなんて止めようよ 土壌分析である値が極端に高かったとする。 その分析結果に対して 栽培と畜産の未来のために補足 一作分、緑肥をかまして、 緑肥に余剰分の養分を吸わせて、その緑肥をすき込んだら、 結果吸わせた養分がそのまま土に入ってしまって、 ほぼ結果は変わらないのではないか?と。 しかし、 予想に反して、土のコンディションは緑肥をかます...

Read More…