夏の暑い時期にタンポポらしき花が咲いているのを見かけた。



この花がタンポポであれば、見える範囲で咲いている花のガク片はすべて反り返っていたので、セイヨウタンポポになるだろう。

冒頭の写真の場所は春はカンサイタンポポとセイヨウタンポポが混在していた。

外来タンポポの花にはもう誰か蜜を吸いに来たかい?


この場所は頻繁に草刈りが入っていて、今回の花は草刈り後に再生して開花したものだ。


ここで思うのは、カンサイタンポポとセイヨウタンポポが混在しているにも関わらず、今咲いている花はセイヨウタンポポのみだ。


この場所はシロバナタンポポもいたのだけれども、シロバナタンポポも開花していないとなると、セイヨウタンポポが(繁殖力の面で)どれ程強いタンポポであるかがわかる。

セイヨウタンポポが蔓延る草むらでシロバナタンポポを見かけた