アーカイブ : 2015年10月

ブログ内検索
 

ススキで堆肥

ススキの強さと窒素固定の最後に ススキがやたらと生育が良かったのは昔から認識されていたらしく と記載した。 それが分かるエピソードでも書こうと思う。 前に 奈良のとあるところで栽培をしていた人から、 農薬がまだ使用される前の栽培の話を聞いた。 その人が子供の頃の話で、 親の作業の手伝いの内容だったんだけど、 栽培している畑の近くに、 ススキを育てている箇所を確保して、 子供たちは学校から戻ってきたら、 ススキを刈り倒して、 それを畑の...

Read More…

 

肥料の残留成分の影響と対処について@京都農販

京都農販さんの定期勉強会で肥料の残留成分の影響の話をしました。 肥料を与えるにあたって、 残留成分が残ることを意識することが どれ程の経費削減につながるか? 秀品率の向上につながるか? そんな話をしました。 肥料の残留成分、 それは慣行だけでなく有機でも大事な話で、 大事なはずなのに意識されることが少ない。

Read More…

 

SOY InquiryのレスポンシブとHTML5対応

このサイトでも利用しているSOY Inquiryというお問い合わせフォームアプリにレスポンシブデザインを追加してみました。 とりあえず、レスポンシブデザインというのを簡単に説明しておくと、 PCで表示するとこんな感じで、 同じHTMLで記述しているにも関わらず、 スマートフォン等の端末で表示すると、 なぜかスマホで見やすい表示になっているというWebデザインの手法のこと。 スマホ対応しているということで、 レスポンシブデザインの他、required属...

Read More…

 

肥後菊は細くしなやかで美しい

近所の植物園で菊花展があったので行ってきた。 菊というものは奥が深いもので、 自分の解釈が間違えていなければ、 江戸時代に庶民の間で流行った園芸ブームの一つで、 その中でも活発だったのが、 江戸、伊勢と肥後だと認識している。 で、 菊というのは上に挙げた江戸、伊勢と肥後の品種があって… なんて前置きはここまでにしておくか! 肥後菊が咲き始めていた。 肥後六花 - Wikipedia 原種に近い菊と比べて花弁の枚数が何か...

Read More…

 

枝はより光を得られる方向へ伸びるはず

早朝、 とある森の切り開かれたところを歩く。 両側には森があり、 写真に写っている正面のみ木が抜かれた状態になっている。 にも関わらず、 上を見上げると木の枝と葉で覆われている。 道沿いにある木が真ん中に向かって曲がって伸長しているんだよね。 これは人為的にしたか?と言えば、 おそらくそうでなくて、 道沿いにある木にとって、森側(写真右)よりも、 道側(写真左)に伸長した方が光合成にとって有利なんだよね。 現に上を見て...

Read More…

 

イネもできるぞ!窒素固定を

ススキの強さと窒素固定 前回のススキは窒素固定を行うという話 記事をよくよく見てみると、 朝倉書店の土壌微生物生態学の68ページから引用 イネやサツマイモも窒素固定を行うことになっている。 何だって! イネは肥料を多く必要としない。 何故なら川の水にたくさんのミネラルが含まれており、 その養分で生育は十分とされてきたけど、 水の中に タンパクを合成する成分はそう多く入っているものなのかね って思ってたけど、 実際のところは、 イネは空...

Read More…

 

ススキの強さと窒素固定

ススキは強い! セイタカアワダチソウの攻撃に対してもおそらく鈍感で、 群生するから勢力を拡大できる ということを記載した。 秋のアワダチソウとススキ間の攻防 それ以外にもススキには素晴らしい特徴がある。 それは、 これね。 朝倉書店の土壌微生物生態学という本の68ページにある表で、 エンドファイト窒素固定細菌との共生が確認された植物一覧で、 この表にススキの名前がある。 エンドファイト窒素固定細菌というのは、 エンドが内という意味で、 ファイ...

Read More…

 

赤い葉は上にいる鳥への意思表示にみえる

ニンジン畝の一画 真ん中あたりの葉の先端が脱色していたり、 赤くなっていたりする。 ニンジンって欠乏症の判断が難しく、 何とも断定しにくいけど、 おそらくリン酸欠乏かマグネシウム欠乏 はたまたホウ素あたりの微量要素が欠乏しているのか? ※マグネシウム欠乏は下位葉が黄色になる もしくは低温障害を受けている時もこうなるっていうけど、 さすがに10月下旬でそれはないでしょ。 でだ、 この鮮やかな色、 上から見ても目立って、 何か上にいる生物、 ...

Read More…

 

森の木の皮がめくれてた

とある森の一画で、 ペリペリと樹皮がめくれている木を見かけた。 そういえば以前、 こんな感じの樹皮をシカがかじってる という話を聞き、 この森にはシカがいないから、 めくれた樹皮はそのまま残るんだ。 なんてことをふと思った。 これを見るまでは、 シカが無理やり樹皮をかじるとるものかと思っていたけど、 そうではないということが分かった。 樹皮がめくれることが生理現象であるならば、 めくれかかった樹皮がそのまま残ることに何か問題はないのだろうか? ...

Read More…

 

秋に見る桜

秋晴れ、 10月下旬でこの木はすでに葉が落ちている。 まだ気温も高く、 光を遮断するものもなくてもったいないなと思う。 何て思っていると… おや? 十月桜だった。 ジュウガツサクラ - Wikipedia この桜は4月と10月の二回咲きなんだって。 開花って、 エネルギーをたくさん使うじゃない! 今の時点で葉を落として、 しかも落としつつ花を咲かせる。 で、 そのまま4月まで葉を付けないで、 10月と4月と開花させるエ...

Read More…

 

青空に紅の葉が映える

今年も紅葉の季節がやってきた。 青空をバックに紅葉の枝を撮影してみると、 紅と黄色って結構目立つんだなって感じた。 秋は晴天が多いから、 紅葉の木は青空で一番生える色は何かと 試行錯誤の上、この色の木が生き残ったのだろうか。 だとすると、 背景青に対して、紅にすることで優位な点というのはあるのだろうか? 森の獣たちは きっとこういう視点で常に見ているはずだから、 獣を上に向かせることできっと何か優位なことがあるはずだ。 根元ではなく空を注視させることによ...

Read More…

 

誰にも気にされず残り続ける実

収穫の秋 至る所でイネが収穫されている中、 とある芝生では、 誰にも収穫されず、 鳥にも食われずで穂に実が付きっぱなしになっている。 イネだって、 せっかく実をつけたのなら、 それを地に落とし、 来年発芽してほしいだろうに、 なまじっか、 コメというものは体積が大きく目立つものだから、 収穫されたり鳥に食われたりと大変である。 しかも、 稲穂を見ながら、太古の人たちに思いを馳せる 成長の自由さもない。 穂の毛が短く...

Read More…

 

植物は自身の根元に菌を呼ぶ

前回のクローバの根の周りで何か起こってると 前々回のこれからクローバの季節がはじまるの続き クローバの根の周りには菌糸がたくさんあって、 イネ科の草の根の周りには全然なかった。 この話の前提になる知識として、 根圏微生物フロラというものがあり、 単刀直入に言うと、 植物の根の周りには土壌微生物が多いらしい。 つまりは、 土壌の至る所に根を張り巡られた状態を作ってしまえば、 土壌には微生物がたくさんいることになり、 いずれは土壌の要...

Read More…

 

これからクローバの季節がはじまる

とある箇所の芝生 10月も中旬となり、 そろそろ秋から冬に向けて気温が下がり始めた。 そんな中、 シロクローバが青々としはじめた。 これからクローバの季節。 周囲の枯れた草をなじませるために 今の時期から活躍するのかな? クローバの根の周りで何か起こってる なんて思えてくる。

Read More…

 

クローバの根の周りで何か起こってる

緑肥のヘアリーベッチの底力で 緑肥のヘアリーベッチを栽培中のレタスの近くで育てたら、 レタスの生育が抑えられちゃったよ という内容を記載した。 クローバにも同じような抑制効果があるらしく、 マメ科の緑肥は混植では使えないな ということになりつつある。 ※クローバもマメ科 それは一旦置いといて、 まだ土と化していない木質資材のところにいたクローバが面白いことになっていたことがあったので、 今回はその話をしたいと思う。 未熟な木質資材のところで繁茂し...

Read More…