アーカイブ : 2017年02月

ブログ内検索
 

金魚椿の葉

浄安寺の椿展で院生の頃に植物学の研究室にいたと伝え、 葉のことを見ていたと伝えたら、 金魚葉椿の葉を摘んできて頂いた。 この写真の葉は黄色だけど、欠乏症がなければ緑らしい。 マグネシウム欠乏で黄化しているから、 より金魚っぽくなって逆に良かったかも。 苦土と書いてクド。マグネシウムのこと この葉はどこが金魚なのかといえば、 ※コントラスト失敗 葉の先端で急に細くなり、 両側の縁が融合していて、筒状になっている。 ...

Read More…

 

いわくらとチャート

礫岩に詰まった大切な資源までの記事で、 平野部の土質を調べるためにはとりあえず上流に行っておけばわかるかもと行ってみた。 それ以外で何かわかることはないかな?とネットで調べてみたら、 京都盆地の基盤岩: 露頭する岩石、磐座信仰 - 京都高低差崖会という記事と出会った。 今回の記事に合わせて要約すると、 京都市の北部の岩倉(いわくら)という場所は基盤岩の宝庫で、 基盤岩を神と見立て祀ってある神社があるとのこと。 盤座(いわくら) - Wikipedia というわけで ...

Read More…

 

浄安寺の椿展

京都市から少し南の久御山にある浄安寺というお寺に行ってきた。 たまたま先日のNHKのニュースで、 ここでは日本各地を周って様々な品種の椿(ツバキ)の枝を譲り受けては挿し木して増やしているという。 今がツバキの良い時期なので、 本堂で好きなツバキの花を生け花にして展示している。 ※椿の花と同じくらい陶器も好きとのことです ツバキといえば、 ウィルスが感染して花弁に斑が残ったものを形質として残したり、 雄蕊が花弁化しやすいので八重咲きを目指したりと ...

Read More…

 

礫岩に詰まった大切な資源

前回のあらすじ 土質の理解を求め川の上流へで近所にある川の上流に行けば、 近所の土質の理解が深まるかもと思って行ってみた。 石を意識して河原に立ってみると、 様々な模様をした石がありました。 で続き 凸凹した大きな石があった。 石の中に更に石(轢:れき)がたくさんあるのでこれは礫岩だろう。 そもそも粘土って何? この石を近くにある硬そうな石めがけて投げてみた。 で、割れたのがこれ 断面はこんな感じ。 深海で轢と轢の間に砂や粘...

Read More…

 

土質の理解を求め川の上流へ

日本シームレス地質図で見えることが増えたはずで石や地質の調べ方を知ったので、 京都左京区を流れる賀茂川の上流(貴船)に行ってみた。 貴船 - Wikipedia 日本シームレス地質図 事前に調べていた地質だとチャートと記載されている。 ※隣の緑のエリアは玄武岩ブロックと記載されていた。 玄武岩を磨くと中は黒でした まだつたない鑑識力ではありますが、 おそらくチャートというのは、 これらだと思う。 チャートは構成の大半が二酸化ケイ素(SiO2...

Read More…

 

まだ春じゃない

2月も下旬にさしかかり、徐々に暖かさは増していくと思われるがまだまだ寒い。 そんな中、 おや? イヌムギにしては小さいけれど、 イヌムギっぽいイネ科の草が花を咲かせていた。 そのねじれに秘密あり、な気がする ホソムギか? 葉はねじれてた。 どちらにしろ、 比較的はやめに開花するイネ科の草であっても、 2月下旬ははやすぎるな。 春を感じる草としてこれらの草を見ているけれど、 流石に今日、この花が咲いていても春は感じられない...

Read More…

 

フェンスをしていたにも関わらずシカに突破された時の話

一晩で売上50万円分を余裕でかっさらっていくイノシシやシカが本当に憎かった。 あいつら、一つの作物をだけを食べて帰れば良いんだけど、 新芽の部分しか食べないとか果実も半分ぐらいで次のに行くといった形で、 翌日に残骸が残っているのが本当に憎かった。 そこで、 (写真:当時研修生だった方のサイトから引用) 明るい内に黒っぽい色の車で畑に入っておいて、 そこで貼りこみを行うようにした。 あの時はシカを刺し殺そうとまで思っていたので、 堆肥用のフォークを車に積んでお...

Read More…

 

獣害対策用の鉄壁フェンスを作る前に

彼を知り己を知れば百戦殆からず かの戦国武将がそう言ってるように、 事前に敵のことを知っておけば確度が上がる。 ※ここでいう敵はイノシシのこと 敵のことを知るために、 師と一緒にイノシシの研究をしている方のところに教えを請いに向かった。 イノシシ対策で鉄壁のフェンスを作りたい イノシシの行動で知ったことは大きく分けて下記の通り ・電気柵のダメージが少なくなるような方法をはやい内に発見して学習する ・グレーチングが嫌い ・フェンスを突破する際、一番脆い箇所を探す ・フ...

Read More…

 

イノシシ対策で鉄壁のフェンスを作りたい

京丹後でイノシシ対策でフェンスを考えていたのがかれこれ10年前。 あの時に得た事を今でもある程度活かしているので参考になる箇所はあるかと思う。 あの頃の俺らのあがきだと思って読んでくれ。 耕作放棄地問題について書いてみる3 あの頃、連日獣害対策向けのフェンスを作っていた。 当時というか今でもイノシシ向けの獣害対策として電気柵の名前が浮かぶと思う。 そんな中でなぜ電気柵を使わなかったのか? といえば、 単刀直入に言って、効かなかったからだ。 当時、電気柵の設置...

Read More…

 

日本シームレス地質図で見えることが増えたはず

株式会社誠文堂新光社 / 日本の石ころ標本箱 日本の石ころ標本箱という本を買って読んでみたら、 鳥肌が立つぐらいの衝撃があった。 その内容は後ほど書くとして、 ある地域を訪れた時、道端、とくに河原の石を見れば、 その地域の地質(土質)がわかるというらしいので、 わかったところでその先に何があるのかわからないけど、 地質が分かれば何らかの解が見つかると思って目利きになりたいと思っていた。 で、買ってみた。 この本で何が衝撃的だったかというと、 石ころ採取する...

Read More…

 

イノシシ鍋を食す

先日、身内の誕生日ということで、 身内の希望によりぼたん鍋(イノシシ鍋)をごちそうすることにした。 大阪の高槻の原大橋付近に原養魚場という鯉の養殖をしているところで提供されるぼたん鍋が絶品とのことで、ここに決めた。 この時期のイノシシは油がのっているけど、 仕留めた後の処理がうまかったり調理がうまかったりと、 見た目程こってりしておらずさっぱりしていて美味だった。 今回紹介した原養魚場 原養魚場 | 鯉料理 | すっぽん料理 | ...

Read More…

 

社会人・学生向けプログラミング教室でコードレビューをしてみました

社会人・学生向けにプログラミング教室をはじめました 以前からTera schoolで中学生向けのプログラミング教室と平行して、 大学生・社会人向けにプログラミングの話をしています。 プログラミングというのは、 基本的な文法は難しくなく、 文法自体の習得は難なくできる。 だけどプログラミングが書けないという人が多いのはなぜなのだろう?と考えて、 100行程度で簡単な名簿の登録と検索のコードをこちらで作成して、 そのコードをみんなで見ながら1行ずつ何をしているか?を言葉で...

Read More…

 

いずれ(カンザキ)アヤメかカキツバタ

おや? この時期にアヤメ? 湿地ではないところで咲いているので、アヤメということで大きな間違いはないだろう。 大田神社のカキツバタ 梅宮神社のハナショウブ といってもアヤメの開花は初春だよな? 今は2月で春〜初夏までは3ヶ月近くはやい。 で調べてみたら、カンザキアヤメというらしく、 日本に自生しているものではないらしい。 どちらにしろ、 春〜夏にお目見えする花(とそっくりな花)をこの時期に見れると、 もうすぐ暖かくなるんだなと冬の終わりを感じる事がで...

Read More…

 

ウメの木が揺れる

今年も下鴨神社の光琳の梅が咲き始めた 今年も梅が咲き始めたわけで、 まだまだ寒い中、梅の花は咲き続ける。 この寒さの中では昆虫がとび交う事がなく、 この時期の花粉媒介は鳥によって行われるらしい ということを以前記載した。 朝、白川疎水沿いを走って帰路に着く途中、 あの京大の遺伝学で有名な教授の自宅跡があるでしょ。 駒井家住宅 - Wikipedia そこにある梅の木が揺れているのでまじまじと見ていたら、 一羽のメジロがいて、 ...

Read More…

 

長い時間をかけて形成した金平糖の不思議な形

NHKでサラメシという番組がある。 ブラタモリに次いで素晴らしい。 湧き水を探す人 サラメシ - NHK 足元がキラリと光る植物のとっての地獄 再放送がちょうどお昼時にやっていて、 昼食を食べながら見ている。 この番組の何が素晴らしいかって、 様々な職種で働く人らの昼食を覗いてみようという事で、 東京丸の内を行き交うサラリーマンはもちろんのこと、 伝統工芸士や研究者の昼食も取材しているということ。 職人や研究職は日常が特殊になりがちで、 その特殊さに合わせて昼...

Read More…