アーカイブ : 2017年04月

ブログ内検索
 

流水と八重の花

京都の河原町に流れる高瀬川。 なんとなく川の流れを見ていたら、 八重咲のサクラの花が流れてくる。 少し川上に関山があったから時期的にもおそらくそこからだろう。 しつこいけどまた言う。桜の季節はこれからだ! 高瀬川は鴨川に繋がって、 鴨川は淀川に繋がって、 淀川は大阪湾へとつながっていく。 花ごと川に落ちて海へと流れていく。 実をつけることができなかった花は何を思って幹から遠く離れたところに流れていくのだろうな。 桜は散り際が美しいというけれど、 その...

Read More…

 

注目の資材、ゼオライトについて知ろう

ベントナイトの使用を検討すると時々候補に挙がってくる土壌改良材としてゼオライトというものがある。 注目の資材、ベントナイトについて知ろう ゼオライトを日本語で書くと沸騰する石と書いて沸石(ふっせき)と読む。 で、 これが沸石で、 名前の由来は結晶の中に水が含まれ、 結晶中に含まれる水とケイ酸の骨格の結びつきが弱く、 加熱すると容易に水と分離して沸騰しているように見えることから沸石と呼ばれるようになった。 上の写真は束沸石という鉱物で、 化学組成は...

Read More…

 

注目の資材、グリーンタフについて知ろう

大阪市立自然史博物館でグリーンタフが展示されていた。 グリーンタフって土壌改良材として頻繁に耳にするけど、、 どのような特徴があるの? ということで調べてみた。 グリーンタフといえば、 凝灰岩(火山灰が堆積したもの)で火砕岩も含むものである。 株式会社誠文堂新光社 / 年代で見る 日本の地質と地形にグリーンタフで有名な大谷石が紹介されていたので説明文を読むと 淡い緑色を帯びた多孔質の流紋岩質軽石凝灰岩である。 と記載されている。 玄武岩を磨くと中は黒でした 軽...

Read More…

 

リン鉱石から考える未来のこと

学部生の頃に受講した肥料学の講義にて、 食糧危機を引き起こす要因として挙げられる要素としてリンの枯渇がある。 という内容があった。 リンは栽培に限らず、畜産でも重要なポジションを占める。 栽培ではリンは肥料の三大要素として挙げられ、 畜産では産卵鶏の品質向上のための飼料として挙げられる。 肥料成分としての窒素(N) 鶏糞の質を成分分析から考える なぜリンが枯渇するという話題が挙がるのか?は一旦置いといて、 先日の鉱物展で 淡い黄色の石英 沖縄県の石と...

Read More…

 

SOY Shopでカスタムサーチフィールド(子商品一覧)を追加しました

個人的に開発を進めているプラグインでカスタムサーチフィールドというものがあります。 SOY Shopで高度な検索フォームを設置してみよう SOY Shopで複数カテゴリの様な設定を行う 高機能且つ汎用性の高さから利用してくださっている方が多く、 様々なご要望の連絡があります。 そのうちの一つに子商品のみの商品一覧ページと検索結果を表示したいというものがありましたので、 カスタムサーチフィールド(子商品一覧)というプラグインを作成しました。 その名の通り、 ...

Read More…

 

淡い黄色の石英

大阪市内でシラスと出会ったで鉱物展で鹿児島のシラスと出会って、 シラスに対する認識が少しは深まったのかなと。 それ以外にもいくつかあったが、 そのうちの一つとして、 吉野の時に話題にあがった黄水晶(レモン水晶)があった。 五代松鍾乳洞付近にあった深成岩 ※普通角閃石 化学組成:(Ca,Na)2(Mg,Fe,Al)5(Si,Al)6O22(OH,F)2 ※石英 化学組成:SiO 黄水晶は角閃石を含む石英のペグマタイトで、 微粒の鉄が石英内に散り...

Read More…

 

大阪市内でシラスと出会った

菱苦土石と呼ばれる鉱物で苦土肥料の原料の鉱物と出会った。 鉱物展ではキレイであったり珍しい鉱物以外に県の石という箇所もあり、 そこで行きたくても行けなかったあるものと出会った。 それは 鹿児島のシラスである。 ※九州南部特有の白い火山灰で形成された土壌 ※姶良(あいら)火山由来の火山灰が堆積した土壌 白い、白いと聞いてはいたが、 これは白すぎる。 展示であったので、これ以上接写では撮影出来ないので、 より正確に比べることは出来ないけれども、 ...

Read More…

 

CPUの監視2

CPUの監視でCPUの監視で必要な知識をざっくりと触れた。 それを踏まえた上で、Muninの各項目を見ていく。 systemはシステムモードのことで、 おそらくカーネルモードについてのことだろう。 一方、userはユーザモードとなる。 niceはナイス値のことで、 実行中のプログラムであるプロセスの優先度のこと プロセスは常に複数あり同時並行で実行されている。 Muninのniceは優先度の低い実行中のプロセスがいくつあるか?となる。 idleは未使...

Read More…

 

しつこいけどまた言う。桜の季節はこれからだ!

先日、4月23日、大阪の長居公園にて 松月という品種の桜が満開だった。 ショウゲツ - Wikipedia いや、 よく見ると、右下あたりの花がまだ開花していないので、 この桜の木はまだ満開ではない。 他に 天の川と呼ばれる品種も満開みたいだった。 他にもいくつか品種があったけど、一旦ここまでにしておいて 4月22日に訪れた京都伏見の御香宮神社にあった おそらく関山(かんざん)という品種ももうすぐ満開...

Read More…

 

菱苦土石と呼ばれる鉱物

大阪市立自然史博物館で石は地球のワンダーという鉱物と化石の展示のイベントがあったので行ってきた。 珍しい鉱物が160個、化石がいくつかと県の石が100個近くあった。 大阪市立自然史博物館 この展示以外でも元々博物館のコーナーとして鉱物がいくつか展示されていて、 非常に多用な鉱物をこの目で見ることが出来る良い機会だった。 このイベントを知った時に是非ともこの目で見ておきたい鉱物がいくつかあって、 そのうちの一つが、 菱苦土石(りょうくどせき:英名がマグネサイド)と...

Read More…

 

CPUの監視

メモリーの監視の監視に引き続き、 MuninのCPUのグラフの項目を見ていくことにする。 今回も前回同様、 あくまで勉強用のメモみたいなものなので間違いがあるかもしれないことを前提にしてください。 CPUの監視について見る前にCPUについて簡単に触れておくと、 CPUはコンピュータにおいて計算する部分で、 キーボードから何らかの命令をコンピュータに対して行ったら、 コンピュータはCPUで計算して何らかの結果を返す。 このCPUにはユーザモードとカーネルモードが...

Read More…

 

御香宮神社の御香水

天川村洞川の名水のごろごろ水の記事の末尾で、 もしかしたら名水を巡るだけで、 重要な何かを得られるかもしれない。 と書いて〆た。 家(京都)の近くに名水百選に選ばれた箇所はないか?と調べてみた。 京都には伏見の酒があったな。 酒は水が美味しい地域で発達すると勝手にイメージしていて、 イメージ通り名水百選に伏見の地域が入っていた。 というわけで、 名水百選に選ばれている伏見の御香宮神社に行ってみた。 境内の奥の方に、 御香水という名水が...

Read More…

 

ベントナイトの膨潤性

ベントナイトに水をかけてみたでベントナイトの膨潤性(水を含んだら膨らむ)の確認のために ベントナイトに水をかけてみたけど、いまいち違いがわからなかった。 リベンジもかね、 確認しやすいように試験官を用意し、 動画撮影から定点観測に変えた。 なぜなら、私は長時間の動画撮影出来る機材を持っていないからだ。 というわけで、 昨日の朝、 篩にかけて細かいものを集めたものを試験管に入れて、 浸るようにちょっと多めに水を入れた。 水を入れたのが10:11 ...

Read More…

 

SOY Shopでお届け予定日の自動計算の置換文字列を追加しました

SOY Shopのユーザの方で、 お届け予定日を指定なしにしているお客様宛に発送メールを送信する際、 手動で日付を入力していたけれども注文数が多くなってきて対応が困難になったので、 自動で計算した結果を挿入して欲しいという嬉しい悲鳴の様な連絡がありました。 というわけで、 発送メールを送信した日付から+α日加算した日付を自動で挿入する置換文字列を追加しました。 設定方法を読む前にメール文面設定をご覧ください。 注文関連のメール文面設定 - SOY Shopを使ってみよう ...

Read More…

 

ベントナイトに水をかけてみた

注目の資材、ベントナイトについて知ろう 前回、ベントナイトの構成を調べたところ、 ベントナイトには膨潤性の粘土鉱物が半分近く含まれているという報告があった。 膨潤性というのは水を含んで膨らむ性質ということで、 ベントナイトに水をかけてみた。 この動画は6倍速で再生しています。 見た感じ、特にこれといった反応はないね。 各粒子がとても大きいので、 この大きさだと粘土らしさが出てこないかもしれないので、 ベントナイトを篩にかけて再度試してみた。 ...

Read More…