アーカイブ : 2015年08月

ブログ内検索
 

老朽化水田は文字通り泥沼

水を張りっぱなしの田に鍬を刺したら、 イオウ臭のする臭い泡がぶくぶくと出てきたよ。 心なしか、土の色もおかしくね? ということで老朽化水田。 土に蓄積した硫酸石灰が還元されることで、 人体に有害な硫化水素(H2S)が発生したみたいだよ。 この硫化水素だけど、 呼吸周りの機能を阻害し、 土壌の微生物らに対しても毒性があるため、 とある微生物が早急に硫化水素の無毒化を開始する。 土の中にはたくさんの鉄がある。 水田の中には還元された鉄、すなわち二価鉄...

Read More…

 

ダイコンの播種の流れを追ってみる

このブログでも何度か記載してきたけど、 動画の撮影の練習をしている。 黒く、旨味が詰まった黒糖肥料 栽培の動画って、 細かい作業が多くて、三脚を使うとどうにも追いきれないということは分かり、 レンズは広く撮影するように開き、 しっかりと持って追って撮影をすれば良いということが分かったけど、 中腰からしゃがんで動きを追うとなると、 どうしても揺れ始めるので、 ここを何とかしていきたい。 何か支える機材でもあるのかな?

Read More…

 

あそこの水田から変な臭いがするよ

知らない間に溜まっている石灰で硫酸カルシウムが土壌に溜まって塩類集積の話を記載した。 硫酸カルシウムは他のカルシウムと比較して、 若干ながら水に溶ける性質を利用すれば、 降水で溶けて、降水が用水路に流れることで除塩できるんじゃないの? という考えが浮かぶはず。 実際、この考えは正しくて、 露地ではなかなか塩類集積は起こらない。 (ハウスで発生しやすい) しかしだよ、 日本には水田という極力水を逃がさない環境がある。 水田だけをずっとしているなら、 常に入水と...

Read More…

 

知らない間に溜まっている石灰

速さの代償で、即効性、つまりは水に溶けやすい肥料は土壌のpHに影響を与えやすいから気を付けろ という話を記載した。 それと同じぐらい気を付けなければならないことがある。 それは土壌水分のイオン濃度である。 最初に疑えというぐらいカリウムが大事で、 植物の根は周りの環境よりも浸透圧を高めることで水を吸収するわけで、 溶け易い肥料を多用すると、 当然、土壌水分のイオン濃度は高まる。 でも、肥料だからイオンになったら植物に吸収されるんじゃないの? という話...

Read More…

 

速さの代償

見るべきものは速さですで記載した硫安 水に非常によく溶けるので、効きが速い。 肥料を速く効かせたい場合にはとても有効 ということになるが、 水に溶けるということは、 一方で水に与える影響も大きいということになるわけで、 注意しなければならないが水に対する溶け易さ以外にもある。 それは、 その施肥の影響はいつまで続く?に載せた (JA全農 肥料農薬部 施肥診断技術者ハンドブック 2003 96ページから引用) 肥料の酸性度で、 硫安(硫酸アンモニウム)...

Read More…

 

おや、縁の一部の色があせてますよ

朝見かけた青いアサガオ。 局所的に五ケ所脱色しているけど、 この脱色が妙に目立って目を引いた。 不本意な花弁の色のはずなのに、 妙に惹かれる紫の箇所。 光にかざしても、 それは綺麗な紫の箇所。 というか、 アサガオの青い花弁って、 こんなにも光を透過させるのですね。 五ケ所の脱色が無ければ、 裏側からのぞいてみようとは思わなかった。 気付きってどのタイミングで発生するかわからないものだ。

Read More…

 

SOY Shopの商品レビュープラグインにCAPTCHAを追加

SOY Shopの商品レビュープラグインでスパム投稿に困っているという相談がありましたので、 画像に文字を表示するタイプのCAPTCHAを追加してみました。 このCAPTCHAはGDを使って出力で、 GDが使えない環境では、簡単なキーワードを入力する形式に変更することも可能です。 今回の機能のダウンロードはSOY CMSフォーラムから行えます。 商品レビュープラグインにCAPTCHAを追加 | SOY CMSフォーラム

Read More…

 

見るべきものは速さです

肥料成分としての窒素(N)で一般的な窒素肥料である硫安と、徐々に注目されつつある窒素肥料のアミノ酸肥料を記載した。 前回の話だと、断然アミノ酸肥料と言うことになるけど、 実際のところそんな簡単な話ではない。 アミノ酸肥料にはなくて硫安にはある特徴というものがある。 それは… という前に肥料の基本的なこととして、 肥料は施肥したらすぐに効くわけではなく、 溶けてイオン化しなければならない と言うことが大前提となる。 それを踏まえた上で、 硫安は常...

Read More…

 

肥料成分としての窒素(N)

黒糖肥料の記事で話題に挙がった 肥料袋に必ずといって良いほど記載されているN:P:K これはN(窒素)、P(リン酸)とK(カリ)がどれだけ入っているか?の指標であり、 たとえば、 N:P:K = 5:10:5の肥料があり、 この肥料が100kg内に、 N(窒素)が5kg(5%)、リン酸が10kg(10%)とカリウムが5kg(5%)入っていることになる。 なるほど、 ある作物では、収穫までに窒素が10kg/10a必要だとすると、 この肥料を200kg施...

Read More…

 

三番蜜を凝縮した黒糖肥料

黒糖肥料 4kg :株式会社京都農販 (ラベル:株式会社農産アグリーンのサイトより引用) 黒く、旨味が詰まった黒糖肥料の記事で使用した黒糖肥料。 これがとてもすごいやつなんで、 京都農販さんから紹介を受けたとき、即使用決定した次第です。 何がすごいか? それはまず、 なんといっても植物性の有機物で、 栽培環境に大きく貢献するアミノ酸が多く含まれていること。 そのうち記載するけど、 肥料でいうN(窒素)には様々な形状があって、 作物の養分としてはもちろん、...

Read More…

 

黒く、旨味が詰まった黒糖肥料

亮子先生の菜園教室で播種したニンジンが、 大体9日程でそこそこ発芽した。 夢中になって追っかけてしまった ニンジン等の根菜類が発芽したら、 その次にくるものといえば中耕ということで、 本日は中耕をやってみた。 中耕といえば、 せっかく土表面を混ぜる機会なので、 その前に 追肥をしてみた。 この追肥、 どうしても植物性の有機物を与えたいので、 いつもお世話になっている京都農販さんに聞いてみたところ、 黒糖肥料 4kg :株式会社京都...

Read More…

 

SOY CMSで複数のブログ記事をまとめて検索できる機能を作ってみた

とあるサイトで検索機能を追加することになった。 前にもこのサイトで作ったじゃないか!というのは置いといて、 今回のケースでもまぁ聞いてくれ。 検索フォームと検索結果ページを作ってみた1 今回のサイトでは、 日誌のブログと辞書のブログの二つのブログページを運用している。 当然、検索した時も二つのブログページを合わせて結果一覧を出したいもの。 しかし、 前のスクリプトモジュールブロックだと何かと都合が悪い。 というわけで、 何でもできるcms:moduleで検索結...

Read More…

 

強靭なあれを壊すための連携

キノコは消毒液がお好き?で過酸化水素は天然で発生するの? ということで調べてみたら、 グルコースオキシダーゼという酵素を経て、 酸素分子は過酸化水素に還元されるらしい。 グルコースオキシダーゼ - Wikipedia グルコースを分解する際に、グルコースから電子を取り出し、 その電子はいろんな媒介を経て酸素分子を還元する。 O2 + 2e- + H2+ → H2O2 有機物から取り出した電子で酸素を還元するならば、 土壌中でもあり得る話だよね。 ということで引...

Read More…

 

感染と連作障害@京都農販

京都農販さんの定期勉強会で、 感染と連作障害についての話をしました。

Read More…

 

キノコは消毒液がお好き?

キノコの底力でリグニンペルオキシダーゼ等の酵素でリグニンを分解していく ということを記載した。 他にもマンガンペルオキシダーゼ等の酵素も使うのだが、 オキシダーゼというのが酸化還元に関わる酵素で、 酵素とリグニン以外に電子の供給源も見なければならないのかと 酸化と還元。 中学生ぐらいの頃の理科で出てきた用語で、 酸化はある物質に酸素が付くこと、 還元はある酸素が付いた物質から酸素を除くこと という風なイメージがあるけど、 例: マグネシウムの酸化 2Mg + ...

Read More…