アーカイブ : 2018年04月

ブログ内検索
 

頑張った先に希望がある

早朝に日陰になってしまうもったいないところでヨモギが繁茂していた。 夜が空けて、夜のうちに行っていた合成で消耗しているはずで、 はやく太陽の日差しに当たりたいだろう。 このヨモギの箇所を少し引いたところから見てみると、 コンクリートの隙間をぬって、 朝の日差しをふんだんに浴びることができる箇所に到達しているシュートがある。 この場所は夕方はもろ日を浴びることができ、 一日中日陰になることはないはず。 頑張った先に希望がある。 そういう言葉を地でい...

Read More…

 

スギナの生き様

早朝、とある草むらでスギナを見かけた。 スギナといえばアルミニウム耐性が強い植物で、 酸性指標の植物として扱われている草である。 この草むらではスギナが優勢というわけではないので、 草むら全体のpHは酸性では無いはずだ。 アルミニウム耐性というものは、 おそらく根から分泌される有機酸がアルミニウムをキレートするため、 アルミニウムの害が根に届かない というものだろう。 酸性土壌で生きる植物たち この根からの有機酸を別方向から見てみると、 比較的強い有機酸であれば...

Read More…

 

掴みどころが(少)ない

カヤツリグサっぽい草の群生があった。 カヤツリグサは群を作ることに成功したのか? 他の草の繁茂を抑えている。 そんな中でひっそりとスズメノエンドウがいるわけだけれども、 複葉の先端にある巻きひげで得意の巻き付きを試みている。 しかしだ、 巻きひげは細いカヤツリグサっぽい草にうまく巻き付くことができない。 もっと詳細に探したら巻きついている箇所があるのかもしれないけれども、 ざっと見た限り巻きつけた箇所は見当たらない。 こうみると、 先に繁茂して...

Read More…

 

Go言語で繰り返し

Go言語のforを使って繰り返す変数iを表してみる。 package main import "fmt" var i int func main() { for i = 0; i 10; i++ { fmt.Println(i) } } for i = 0; i 10; i++では、iは0から始まって、10より下の数値であれば繰り返し実行する。実行した後にiに+1をして次の繰り返し実行を行う。 forは、, 0; i 10; i++のように、;で区切...

Read More…

 

春の陣、アナザーストーリー

線路沿い、春の陣、夏草目線の続きで、 前回の記事の舞台から少し離れたところで スズメノエンドウの群生の間からキク科っぽい草が勢力を伸ばしているところがあった。 この草は流石に茎が固くて勢いを止められないだろうと思いきや、 よくよく見てみると、 おや? なんか茎が少し曲がっている。 最初に写真左側から見てみると、 茎が若干左側に傾いている。 先端をよく見てみると、 スズメノエンドウの巻きひげがキク科の草の茎の伸長方向を少し...

Read More…

 

Go言語でHTTPのPOST

クライアントがサーバにデータを送ることをHTTPのPOSTと呼ぶ。 今回はチャットワークのマイチャットに「GOからのテスト投稿」という文字列を送ってみる。 チャットワークに投稿するための事前準備として、チャットワークAPI鍵とroomIDを調べておく必要がある。 調べ方は下記の記事を参考にした。 PHPでチャットワークAPIを介してメッセージを投稿してみる func main() { room_id := "36286956" url := "https://api.cha...

Read More…

 

Google Apps Scriptからチャットワークに投稿してみる

チャットワーク(ChatWork) | ビジネスが加速するクラウド会議室 PHPでチャットワークAPIを介してメッセージを投稿してみるでPHPからチャットワークに投稿する内容を記載した。 が! おそらく普段の業務ではPHPでコードをゴリゴリ書くよりも、 Google Apps Script(以後、GAS)で書いた方が様々なWebアプリを簡単に利用できるGoogle Appsの恩恵を預かれるため有効だろう。 社会人・学生向けプログラミング教室でGASで業務改善の勉強会を行いました...

Read More…

 

線路沿い、春の陣、夏草目線

そのねじれに秘密あり、な気がするで記載した内容なのだけれども、 比較的はやい時期に繁茂する夏草でイヌムギというものがある。 イヌムギは葉の裏にも葉緑素があって、 夏真っ最中に生える夏草と比較して、 葉の裏側でもそれなりに光合成できる。 それ故、 葉がよくねじれているらしい。 なんで、 葉の裏にも葉緑素が多く分布している草がいるのかな? と不思議に思っている。 昨日の線路沿い、春の陣でカラスノエンドウと夏草の攻防の話を記載した。 ...

Read More…

 

GoでHTTPのGET

インターネットでは、クライアントとサーバというものがあり、クライアントがサーバに命令を送って、サーバがその結果を返すということをしている。 命令を送ることをリクエストと呼ぶ。今回はウェブサイトを表示するHTTPに焦点を絞って記載する。HTTPリクエストにはGETとPOSTというものがある。 今回は、HTTPのGETを使ってみる。 例えば、「植物のミカタ」というサイトのトップページにアクセスしたい場合は、一番簡単な方法はhttpが使えるClomeなどのアプリケーションのアドレスバーにhttp...

Read More…

 

線路沿い、春の陣

線路沿いに夏草が繁茂し始めた。 この場所にはスズメノエンドウやカラスノエンドウがいたわけで、 スズメノエンドウさん、もうすぐ春ですね 彼らが今どうしているのか?というと、 フェンスに沿って伸長していた。 こういう時に巻きひげがあるって便利だね。 これでタネをつけるまで行き着くことができるだろう。 このエンドウたちだけれども、 巻きひげを巻きつかせることで、夏草の葉を曲げている。 ここまでしなくても良いだろうというぐらい巻き...

Read More…

 

Goでユニットテスト

自分が作った関数が正しく動くか調べるのにテストコードというものがある。 以前、整数が偶数ならtrue、奇数ならfalseを返すJudgeEo関数を作ったが、それをテストしてみる。 まず、以前コードを記載したryoko/func.goファイルと同じ階層に新規ファイルを作成する。 ここでは名前をryoko/func_test.goと名付ける。func_test.goに下記のコードを入力して実行する。 package ryoko import "testing" func Test...

Read More…

 

SOY ShopでTrackingmore連携プラグインでwebhookに対応しました

国際で荷物を追跡する-Trackingmore SOY ShopでTrackingmore連携を試作中でTrackingmoreという配送追跡サービスと連携して、 配送業者が発送を開始した(厳密には発送する荷物を受け取った)タイミングを捉えて、 SOY Shopの各注文の注文状態を自動で変更、発送メールの自動送信の仕組みを作成しました。 前回は発送するタイミングを捉えるために、 数分に一回置きでSOY Shopで登録されている複数枚の伝票番号を調べるというリアルタイム追跡を行っ...

Read More…

 

小さくて複雑な花

草むらの中に花があることに気が付いた。 どの花に目がいったか?といえば、 この箇所で、 常に写真の中心に主題を持ってこない。 そんなことはおいといて、 丸葉小葉の複葉だからマメ科の草で、 おそらくコメツブツメクサかコメツブウマゴヤシのどちらかだろうけれども、 詳しい鑑定眼を持ち合わせていないので、ここまでにしておく。 コメツブツメクサ - Wikipedia コメツブウマゴヤシ - Wikipedia マメ科といえば、 ※この写真はマ...

Read More…

 

Goで制御構文のif文

if文は正しいか正しくないかという判定によく使う制御構文である。 例えば、変数iが5ならば、「iに格納されている文字は5」と表示してみる。 package main import "fmt" func main() { var i int i = 5 if i == 5 { fmt.Println("iに格納されている文字は5") } } if i == 5でiという値が、5であればを意味し、5であれば{}の中身を実行するという意味になる。 ※...

Read More…

 

PHPでチャットワークAPIを介してメッセージを投稿してみる

妻にプログラミングを教えることにした-前編でも記載したけれども、 最近、仕事上での電話問題の解決のために様々な試みをしている。 そのうちの一つとして、 SlackやChatWorkといった拡張性の高いチャットツールを利用することを視野に入れている。 ※LINEやFacebookにあるグループ機能での仕事のやりとりからの脱却が重要 SlackとChatWorkの両方を検討してみたけれども、 日本の中小企業の方であれば、 チャットワーク(ChatWork) | ビジ...

Read More…

 

太古の植物たちのもつ熱量

石炭と 石炭の燃えかすを見る機会があった。 石炭は燃える石として扱われる生物由来の鉱物だけれども、 上質な炭であるわけだから燃えかすは残る。 石炭の所々に白い模様があるので、 このあたりのものがアッシュ(灰分)なのだろう。 灰分ということで、 この残ったカスは植物の体内にあったミネラル(金属)が大半ということになるはず。 I-W系列と各微量要素 さて、 石炭と燃えかすを見たせっかくの機会なので、 石炭について触れてみることにしよう。 とはいって...

Read More…

 

ヤブガラシは栽培者に何を伝えるのか?

日陰にいる草たち 前回の記事の続き とある草むらでヤブガラシを見かけたんだけど、 ヤブガラシはなぜか端っこの日陰でひっそりと 日向では ホトケノザが繁茂していた。 今回の話を始める前にWikipediaに記載されているヤブガラシの説明から一部抜粋してみると、 /*********************************************/ 和名は藪を覆って枯らしてしまうほどの生育の旺盛さを示している。別名ビンボウカズラ(貧乏葛)とも呼ばれ、そ...

Read More…

 

SOY ShopでTrackingmore連携を試作中

SOY Shopをご利用中の方から下記のような相談を受けました。 倉庫代行サービスを利用して、発送予定のものを代行の倉庫に預けて、 代行サービスの方から出荷予定日になったら配送してもらうようにしていると。 ここで一つ問題が生じる。 その問題というのがお客様宛の発送済みメールの送信のタイミングが遅くなる というもの。 発送状況は代行サービスから直後に連絡があれば良いけれども、 直後に連絡がなければ、都度クロネコヤマトさん等の発送状況の確認を行わなければならない。 これだ...

Read More…

 

日陰にいる草たち

とある草むらにて、 大半の箇所はホトケノザが繁茂していたけれども、 この草むらの一角、 特に端の日陰の方で、 ドクダミの群生がいた。 このドクダミの群生をよくよく見てみると、 ドクダミの隙間からひょっこりとスギナが生えていて、 土壌の酸性具合に気を付けろ 時々、ヤブガラシを見かける。 ヤブガラシは葉物野菜に巻き付く 今紹介した植物らは栽培で厄介な雑草として扱われる草たちにも関わらず、 環境の良いところはほぼホトケノザで...

Read More…

 

Go言語でpackage

関数をまとめておく機能としてpackageがある。 packageすると、main関数に記載するコード行が小さくなり、コードが読みやすくなるという利点がある上にpackageは再利用できるし、配布もできる。 まずgoフォルダに合わせて右クイックで新規フォルダを作り、名前をつける(今回はryoko。これがpackage名になる)。 次にryokoフォルダに下記のような新規ファイルを作る。 ※ryokoフォルダの中のファイルにしたい場合は、ファイル名の前に必ずryoko/を入れる...

Read More…

 

大きくて密集した花たち

道端で咲いていたタンポポの花が目についた。 写真ではわかりにくいけれども、花がやたらと大きい。 しかも、密集して咲いているところの花が大きい。 一番最初の写真の左側にもタンポポがあるけれども、 密集していくて広々と花を咲かせているのに、 密集している中央の花の方が大きい。 それぐらいこのタンポポの花の大きさが気になった。 植物の大きさは様々な要因が複雑に絡み合っているのでなんともいえないからこれ以上触れない。 ここで咲いていたタンポポは 萼がたれ...

Read More…

 

SOY CMSで一つのページで複数のブログページのカテゴリ一覧を出力してみる

SOY CMSで一つのサイトで複数のブログページを作成した時、 他ページですべてのブログページ毎に設定されているカテゴリ一覧を出力したい という要望がありました。 各々のブログページでb_block:id="category"がありますが、 これを他のページも使用できるようにすることとブログページ毎にカテゴリ一覧を出し分けたい ということです。 これに対応するために、 cms:module="common.multi_blog_category" というモジュールを追加し...

Read More…

 

Go言語で関数

「good morning」を表示するというaisatuという関数を作ってみる。 関数とは、func 関数名(){}で作成する一連の処理をまとめたものである。 package main func main() { aisatu() } func aisatu() { print("good morning") } main関数の中で、自作したaisatuという関数を実行することになる。main関数はエントリーポイントと呼ぶ。関数の呼び出しには必ず()をつける...

Read More…

 

上に伸びるカラスノエンドウ、下で構えるドクダミたち

フェンスの前にドクダミらしき草が生い茂る。 その間を縫うように カラスノエンドウが伸長している。 このカラスノエンドウだけれども、 巻ひげがなければ、 下にいるドクダミの群生に覆われて伸長できなかったな。 カラスノエンドウが巻きひげで有利になったとしても、 下にいるドクダミの葉を覆うことは殆ど無いので、 ドクダミにとって、カラスノエンドウが巻きひげで上方向に伸長してもさほど問題はないだろう。 むしろ、 カラスノエンドウの根にいる根粒...

Read More…

 

Go言語で変数

変数を使ってみる。ここでは変数に5を代入して表示してみる。 package main func main() { var suji int suji = 5 print(suji) } varは変数をつくる前に入力するコード、sujiは値が入る箱のようなものにつける名前、intは整数を意味する。 なので、sujiの部分には、いろんな数字を入れることができる。 ここでは変数数字に5を代入して、printで出力する(実行は、ctrl+alt+b)。 すると、5と表示...

Read More…

 

php-webdriverでセレクトボックスの値を選択する2

select name="Customer[area]" id="" class="input-pref" option value=""都道府県名/option option value="1"北海道/option option value="2"青森県/option option value="3"岩手県/option !-- 他の県は省略 -- /select 以前、上記のコードがあった時に php-webdriverでどのように京都府の値を選択するか? と...

Read More…

 

SOY Shop内でパイプハウスの施工管理アプリを開発しました

パイプハウスの見積書を作成しつつ、扱っている部品の仕入れ値の合計等の情報を常に把握したいという要望がありました。 話をはじめる前にパイプハウスについて触れておくと、 ハウス栽培でおなじみのこれです。 見ての通り、細かい部品があり、 全ての部品を把握した後、全ての部品代 + 諸々の経費で見積書を作成します。 パイプハウスについての詳しい内容は下記のパンフレットをご覧ください。 PIPEHOUSE - 京都農販のパイプハウス施工実例集 ※上の2つの画像は...

Read More…

 

Go言語でHello World

Go言語の環境の準備は下記の記事より WindowsでGo言語 workspace内にgoフォルダ(プログラミングの世界ではディレクトリと呼ぶ)を作る。 Atomを開くと、Enter the path for the new file という文字が表示されるので、そこにmain.goと入力する。 これで、goディレクトリの中に、main.goというファイルが出来上がった。 main.goに下記のコードを記述。 package main func main() { ...

Read More…

 

妻にプログラミングを教えることにした-後編

妻にプログラミングを教えることにした-前編 前回、妻にプログラミングを教えることにした背景を記載した。 プログラミングを体験することによって、人に伝える前に内容を整理する習慣が付いて、 整理するということが結果として様々な人達の業務改善に繋がると信じている。 そして前回記載しなかった内容だけれども、 もう一つ教えたい背景がある。 それは、中学生向けのプログラミング教室で感じたことで、 中学生にプログラミングを教えてみて。その1 教えるということは、 伝える前に対...

Read More…

 

妻にプログラミングを教えることにした-前編

パソコンを使う作業員のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや 前々からやりたいことに一つに女性向けのプログラミング教室がある。 何故女性向けに話をしたいかというと、 一時、市場調査を兼ねてハローワークに頻繁に立ち寄っていた時のこと 事務職になりたい人が非常に多くいて、 その割に求人募集がなく、事務職の倍率が3倍を越えていた事を知った。 運良く事務職をやりたい人と出会うことが出来たので、 何故様々な職種があるのに事務職になりたいのですか? と質問すると、...

Read More…

 

菜園ナビ公式イベント『楽しく学ぼう!第1弾 in 関西』で基肥の話をしました

九州の農機具メーカのオーレックさんが運営する菜園ナビさんの5周年イベントで基肥の話をしました。 株式会社オーレック [ OREC CO.,LTD. ] 草刈機・管理機・耕うん機・運搬車の製造販売 菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター 昨年の夏頃にあったネギの栽培の話と 施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる 昨年に訪れた長野県栄村小滝集落で出会った高品質な米の栽培から、 台風でも倒伏しないイネ 土地資源と植物性有機物の活用の話をさせていただきました。...

Read More…

 

栽培環境は草達が教えてくれる

栽培環境の改善において、 自身の行っている土壌改良が良い方向に向かっているか?の指標が欲しい という話題は時々ある。 この話題に対して良い指標があるので、 有機、慣行問わず下記の表を紹介している。 ※有機農業参入促進協議会 有機農業をはじめよう!土作り編 12ページより抜粋 以前紹介した 施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせるで徹底的に基肥設計を見直して、 秀品率を向上させつつ、農薬の散布量を通常の8割近くを削減した時、 顕著に見られた違い...

Read More…

 

php-webdriverでiframe内のリダイレクトに対応する

SOY CMSでは、ラベルブロックの設定あたりでiframeを開いて、 iframe内でリダイレクトしながら設定を進める画面がある。 iframeは以前にTinyMCEのところで操作方法を調べたので、 iframe一ページ分であればなんとかなったけれども、 php-webdriverでTinyMCEに値を挿入する iframe内でリダイレクトがあると、2枚目のページで指定した要素が見つからないというエラーに遭遇する。 なんでだろうと試行錯誤試し...

Read More…

 

時には引いてみるのもいいはずだ

いつもの道にあるヤマブキが花を咲かせた。 季節を感じられる花ならば大半は目を引くけれども、 この花は更に目を引いた。 何故ならば、 ヤマブキの花は黄色だけれども、 ところどころで花弁の脱色が見られるものがあった。 これを見てふと思い出した。 確か芸術の一つで、足してダメなら引いてみる 全体から何かを除くことも一つの手だと。 脱色の花弁がいくつかあるこの株をちょっと離れたところから見てみると、 おや?っと感じられる花の集合になって...

Read More…

 

php-webdriverで現在開いているページのURLを取得する

php-webdriverで現在開いているページのURLを取得する必要が出てきた。 SOY CMSの管理画面では、 記事やラベルの詳細ページを開くとURLの末尾に各々のIDが付与されているため、 URLから指定の記事、もしくはラベルのIDを取得するためにはURLを取得しなければならない。 SOY CMSで標準ページでも任意のブログページのb_blockを使用できるようにした というわけで、php-webdriverの公式Wikiを調べてみたところ、 WebDriverクラスの...

Read More…

 

酵素の中の電子達

今回は前回の量子力学で生命の謎を解くの続きになるわけだけど、 酵素は本来はたくさんのエネルギーを使って物質を変化させるところを、 触媒反応ですこない反応で小さな物質に変えつつ、エネルギーを獲得する。 酵素には様々な種類があるため、 少しずつ明確化していくために有機物からエネルギーを獲得するための酸化還元系の酵素に焦点を絞る。 ミトコンドリアという糖から水と二酸化炭素に変えつつエネルギーを獲得する系において、 糖から少しずつ電子を取り出して、 電子伝達系でATPをたく...

Read More…

 

量子力学で生命の謎を解く

SBクリエイティブから出版された量子力学で生命の謎を解くという本を読んでいる。 量子力学という今まで一切触れてこず、全くの未知故、 序盤の方で記載されていた内容で既に衝撃だった。 何が衝撃だったか?といえば、 酵素の働きを量子力学で表現するとこんなにも鮮明になるのか! ということ。 酵素といえば、高校生物や生化学で下記のような内容を習う。 ざっくりとした物質になるけれども、 エネルギー(カロリー)を持つ物質があったとして、 たくさん高カロリーの物質から低カロ...

Read More…

 

続・Ideapad 720SにUbuntuを入れてWi-Fiを使用する

Ideapad 720SにUbuntuを入れてWi-Fiを使用するで新しいパソコンにUbuntuを入れた後に内蔵Wi-Fiが使用できないという困った症状になって、諸々調べたけれども解決しなかった という内容を記載しました。 今回は前回の続きで解決編 最初に前回まで調べたことをまとめると 最初にマシンとインストールしたOSを記載してみる。 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryzen 5 2500U APU ( 2.00GHz 2MB )...

Read More…

 

仄暗い石の間から

道というのは学びがいっぱいだ。 このような石を重ねて出来た塀をよく見かける。 石が積まれたところはコンクリートと違ってどうしても隙間が出来る。 草達はこういう隙間を常に狙っている(と勝手に思い込んでいる)のだけれども、 ここでも隙間で発芽したカタバミがいる。 石の深いところで発芽して葉は石の外に出れたらしい… って、 出れてないまま大きくなった草がいるじゃないか! 石に囲まれて、冬場はあたたかそうで、 夏場は冷たそうで、 石由来のミ...

Read More…

 

ほぼ垂直の傾斜に根付く

このロゼット葉、何か違和感がある。 普通に展開しているように見えるけれども、 上の葉がうっすらと暗い。 このロゼット葉 傾斜の削れた箇所で、 垂直になっているところに生えていた。 この写真をよくよく見直してみると、 周りの土が削り落ちているように見える。 比較的新しく露頭された土で、 この草はどうやってこの場所にタネが付いたのだろう? 葉の形状を見る限りおそらくタンポポかその仲間のキク科植物だから、 タンポポのタネの飛散の季節です...

Read More…

 

草達はちょっとしたひび割れを常に狙っている

塀でよく見かけるひび割れ ホトケノザが容赦なくこのひび割れで根を生やす。 それがたとえ垂直の塀であったとしても… 植物の根からは常に酸が放出されているのは栽培では既に常識のようなものだ。 根酸が炭酸塩を溶かす となると、 ひび割れのところに酸素が入り込んで風化作用を常に受けるだけでなく、 ホトケノザによる根酸の影響も常に受け続けることになるわけで、 塀のような人工物にひび割れが出来た直後から、 様々な自然の猛威は強力となる。 所有者からみたらこれ程怖いものはな...

Read More…