アーカイブ : 2015年12月

ブログ内検索
 

ギザギザは調整され過ぎた結果

波打ちは調整されなかった結果 前回は葉や花弁の波打ちは、 縁の過剰伸長を調整する仕組みがうまく働かなかった結果という論文を読んだことがあると記載した。 ポインセチアを題材に書いたけど、 ポインセチアで上記の機構があるかは知らんけど。 で、今回は調整され過ぎた時の話を書く。 (写真:BLOOMFIELD ~花屋の日常~:ポインセチアより引用) これまたポインセチアで正しいか知らんけど、 オークリーフという葉に切れ込みの多いものがある。 切れ込みのことを...

Read More…

 

波打ちは調整されなかった結果

先日のポインセチアの記事のつづき 捻じれという綺麗さ こんな感じで苞葉が波打って部分的のくぼんだり、盛り上がったりした品種があった。 比較してこの品種だと、苞葉は平らになってる。 この苞葉を見ると、 学生の頃に読んだ論文を思い出す。 葉や花弁を形成する時、 最初は余分に縁の部分を伸長させておき、 開花に近づくにつれて縁の余分な伸長分の細胞を細胞死させて調整する機構がある と おそらく苞葉も同じだと思う。 この話で、縁の細胞を細胞死させ...

Read More…

 

霜柱が下から土を持ち上げる

実家の神奈川に帰省したある日のこと。 というか今朝ですが、 土の隙間がキラキラしてる。 これって霜柱? 霜柱ができる土壌って、 間隙がしっかりとあって、しかも保水性が無ければならないので、 栽培にとって良い土である可能性が高い。 俗に言う良い土とは? むしろ、霜柱が立ってはじめて良い土になると記載した論文もあった。 なんてことは置いといて、 とりあえずマクロで撮影しとけといういつものノリで撮影してみた。 おっ? 霜柱って、 ...

Read More…

 

捻じれという綺麗さ

唐突だが、 ポインセチアでこんな感じで苞葉が下を向いている型をバーロック型と呼ぶらしい。 と言うことを踏まえた上で本題 院生の頃、他の研究室で下記の様な話があった。 根というのは、下に向かって伸長している様に見えるけど、 実は若干ながら左にねじれながら伸長していく左螺旋であると。 この話、 店で売られているダイコンの根があったところを見ると、 それを感じることができる。 … おっと! 施肥をミスしたダイコンだとこの規則が壊れるから、 必...

Read More…

 

白い下地に着色していくもの

ポインセチアが育種の面でアツいと言ってた。 それぐらいいろんな品種が出ている。 これは他の園芸作物でも良く見る色素周りの変異ですな。 傾向を見る限り、 白をベースにどれだけ赤い色素を載せるか? 赤い色素が少なければピンクっぽくなるし、 赤い色素が多ければ真赤になる。 他に部分的に脱色することで斑ができる。 この手の変異は、 前に紹介したチューリップの話とおそらく同様で、 部分的に色素が潰れているから白のままで...

Read More…

 

矮化で背丈を短くするということ

ポインセチアは矮化して小さくすることによって 園芸品種としてこんなにも愛される様になった。 ポインセチアはなぜそんなに高い位置で開花する? 唐突に「矮化」という話が出てきたけど、 矮化こそが農業の歴史において最重要な要因だと思っている。 その矮化というのが何かと言えば、 植物の大半は上のイラストの様に、 葉が生える箇所が決まっていて、 赤丸の葉の付け根の箇所がそれである。 この赤丸の箇所は原基(げんき)と呼ばれ、 葉の他に 原基か...

Read More…

 

ポインセチアはなぜそんなに高い位置で開花する?

巷では今日はクリスマス ということで、 近所でやってたポインセチア展に行ってきた。 そうそう、 ポインセチアと言えば、 かれこれ10年以上前のこと どこの研究室に配属されるか決まった時、 教授に誘われて千葉県に行くことになった。 その道中で、 ポインセチアという園芸品種はとても興味深いと言ってたのを思い出した。 園芸品種のポインセチアは矮化(わいか)という極端に茎を短くした品種で、 野生種の形態と大きく異なるものだ と言っていた。 矮化 ...

Read More…

 

花弁が部分的に白くなるのは如何ですか?

八重咲のツバキで合ってるよね? それかサザンカ? ここら辺はよくわかんないわ。 サザンカ、山茶花、咲いた森 まぁ、 それは今回の本題とは異なっているので、 間違っていたとしても良いして、 こういう模様を見ると、 チューリップの育種(品種改良)の話を思い出す。 今回の様な部分的な白い模様は脱色で、 この脱色はウィルスに感染した時に発生したと ※注 チューリップの話です。 ウィルスに感染して脱色した株の子はウィルスに感染していなくても脱色が引き継がれて...

Read More…

 

その木が生きた証は地中深くに残っていく

森の一角にある幾分前に朽ちた木の跡 腐植もだいぶ進み、 おそらくそろそろ地上から姿を消すのではないだろうか。 この木、 今はこんなにも小さいけれど、 生きている頃はさぞ大きな木であったのだろうと想像できる。 きっと、 この下に立派な根が張り巡っていたのではないだろうかと。 この木が完全に消えたとき、 地下を張り巡った根も消えるわけで、 その箇所には膨大なフェノール性化合物の腐植が残るのだろう。 木の枝から出てくる黒い液...

Read More…

 

サザンカ、山茶花、咲いた森

急に寒くなったな。 そんな寒くなった中、 近所の森に行く。 おや? サザンカの花が咲き始めた。 もうサザンカの季節か… サザンカ - Wikipedia しかし、このサザンカ 何故こんなにも寒い時期に開花をするのだろう? サザンカはどちらかと言えば低木 春とか夏とかだと、 背丈の高い木に覆われて目立たなくなるけど、 この時期だったら、 後ろにいる木の様に落葉するから目立つようになるのかな? だけど、 こんな寒い中で...

Read More…

 

Golangのsessionの取り扱いの際の型で苦戦した

今後のことを考え、PHPでの開発はSOY Shopを動かす時ぐらいにして、 主力はGolangに移していきたいなとコードを書いていたところ、 Golangで立てたWebサーバでのセッションの取り扱いで苦戦した。 セッションとかはさすがPHP! Webアプリ専用の言語だけあってよくできてる。 前置きはここまでにしておいて、 今回Golangで苦戦した箇所をメモとして残しておく Golangの現在のバージョン(1.5.2)では、 標準でセッションを扱うためのライブ...

Read More…

 

魚の骨を大地に挿す

焼き魚を食べていたら、 必ずといってよい程残るのが魚の骨。 小魚だったら食べるかもしれないけど、 そうじゃない魚だったら残すよね。 この魚の骨、 土に還せるの?って疑問に思うことは多々あるはず。 まぁ、 生物なので還るのは当たり前なので、 たまに肥料になるの?って言うこと自体がよくわからない。 というわけで、 骨の成分から見てみることにした。 骨の成分の大半はリン酸カルシウムで、 リン酸カルシウム自体はいろんな構成があるので、 どれが骨のリン...

Read More…

 

石灰は水を吸う

味付け海苔とかを食べていると最後の方にお目見えする例のあれ そう、 石灰乾燥剤! 封を開けてみると、 石灰だね。 成分表を見てみると生石灰(キセッカイ)となっていた。 生石灰というのは酸化カルシウムのことで化学式はCaO。 酸化カルシウム - Wikipedia この酸化カルシウムは 水を吸うと発熱しながら消石灰に変わる。 消石灰というのが水酸化カルシウムなので、 CaO + H2O → Ca(OH)2という反応になる。 こ...

Read More…

 

そもそも粘土って何?

水田は川から重要なものを受け取る 粘土、粘土と言うてはいるが、 そもそも粘土とは何なの?と言うことで、 国際土壌科学会法における各粒度の意義を記載してみた。 粒子の大きさ その他の意義 れき(2mm以上) 粒子間隙に水が保たれない 粗砂(2~0.2mm) 粒子間に毛細力によって水が保肥させるようになる 細砂(0.2~0.02mm) 0.02mmが肉眼で粒子を認識できる限界である。粗砂と異なり凝固して塊状となりうる シルト(0.02~0.002mm) 砂と粘土...

Read More…

 

水田は川から重要なものを受け取る

粘土鉱物は砂上の鉱物が物理的に削れたり風化した後に出来るもの。 となると、 粘土はとても小さなものという解釈となる。 だとすると、 こんな川底の川が、 こんな感じになった時、 この水には粘土鉱物も含まれている。 この写真はたまたま大雨の後だけど、 普段でも粘土鉱物が流れてきているとイメージして良いはず。 その施肥の影響はいつまで続く? 水田は川から水を入れ、 一次的に溜め込んでから排水するということがあるため、 ...

Read More…