アーカイブ : 2019年11月

ブログ内検索
 

Ubuntu19.10でGoogle Photoでデジカメの画像のアップロードがエラーになる時の対応

Ubuntuを19.10にしたら、Google PhotoでUSBで接続したデジカメの写真のアップロードができなくなった。 Googleフォト 先に環境 OS:Ubuntu 19.10 デジカメ:OLYMPUS TG-4 ブラウザ:Chromium 78.0.3904.97 具体的にいうと、Google Photoの画面右上にあるアップロードのリンクから認識されているUSBのディレクトリを選択すると 3831-3839の内容を読み込めませんでした。 Error...

Read More…

 

宝塚中部の白い土

昨日、肥料関係で依頼があってJA兵庫六甲に行ってきた。 私はほぼ話すことがなかったので詳細のリンクを掲載するということのみにする。 JA兵庫六甲様で実地での肥料の話をさせて頂きました - 京都農販日誌 組合員の方の一人で何も育たなくて困っている畑があるということで行ってきた。 その畑というのが、 遠くからでもわかった。 土が白すぎる。 バンカーとしてソルガムを育ててもこの通り背丈が低い。 何かの知見を得られるかもしれないと速攻で地質図を...

Read More…

 

Google Analytics APIの承認で苦戦したので、承認されるまでの流れをまとめてみた

https://console.cloud.google.com/ Googleは自社サービスをAPIという形で公開していて、 Google Cloud Platform(以後GCP)というところでAPIの使用に関する設定を行うことができる。 Google Maps等はGCPで設定をして、支払い設定をしたら、承認等の手続きなしでAPIを利用することができるが、 個人情報を取り扱うようなGoogle Analytics APIでは承認の手続き無しで自身で開発したWebサービスに設置...

Read More…

 

ことねぎ会で農薬使用の注意点と冬のネギの秀品率の向上の話をしました

ことねぎ会で殺菌剤と土壌消毒の注意点と秋の秀品率の向上の話をしました。 殺菌剤の話は私で、秀品率の向上の話は非常勤で関わっている京都農販の代表取締役の木村が話しています。 ことねぎ会様で農薬使用の注意点と冬のネギの秀品率の向上の話をさせて頂きました - 京都農販日誌で今回の内容での思いを書きましたので、その内容を抜粋します。 /********************************************************************************...

Read More…

 

若草山山頂の赤い土

曽爾高原はススキの連作障害に困らなかったのだろうか?の続きで 帰りに奈良公園の若草山に寄ってきた。 若草山の駐車場から山頂へ歩く道で、 やたらと赤い土が目立つなと。 若草山山頂の地質を調べてみると、 20分の1日本シームレス地質図 約1500万円前〜700万年前に噴火した火山の岩石(安山岩・玄武岩類)と記載されていた。 安山岩が風化して出来た赤い土になるのかな? 日本列島が現在の位置に形成された頃の火山になるのね。 日本列島誕生。大陸から...

Read More…

 

殺菌剤を使用すると虫による食害被害が増加する

前回の氷核活性細菌によって昆虫の耐寒性が減るという記事で、 昆虫が葉を食す際、葉の表面にいる細菌を一緒に摂取すると、体液の凍る温度が上昇して耐寒性が減るという現象があることを記載した。 この内容を見て頭に浮かぶこととして、 作物の栽培において、 APUPUさんによる写真ACからの写真 殺菌剤を使用することで虫による食害が増えることに繋がるのではないかと。 この内容に関して興味深い話があったので紹介する。 西田 貴明 特集2 ミクロな世界からの新展開 アーバスキュ...

Read More…

 

氷核活性細菌によって昆虫の耐寒性が減る

東海大学出版 耐性の昆虫学で昆虫の耐寒性ということで、氷核活性細菌という話題があった。 水の特性として、不純物が全く入っていない水であれば、-20℃であっても凍らないが、不純物が少しでもあると融点が上昇する。 昆虫の冬眠では、胃の内容物を出し切って、体液の不純物を極力なくした状態で融点を下げて厳しい冬を越すらしい。 ここで一つ興味深い話題があって、 葉の表面に氷核活性細菌というものがいて、その菌を摂食してしまった昆虫は体液が凍結しやすくなることで耐寒性が減る。 ※氷核活性細菌を...

Read More…

 

冬野菜の生産性の向上は地温から

今回の話と上の写真の時期があっていないけれども、 冬野菜の生産性を上げる為にはどうすれば良いか?という話題があった。 生産性を上げるならば、土を徹底的に見直すことという当たり前の返答になるのだけれども、 それだと目標決めが難しくなるので焦点を絞ってみる。 焦点を絞る為に師のところの話を持ち出そう。 栽培の中心にはいつも化学や野菜の美味しさとは何だろう?の記事で話題に挙げた魔法のような栽培環境なんだけれども、 驚きの成長の速さ、且つ美味しい野菜が収穫できた畑で顕著に...

Read More…

 

曽爾高原はススキの連作障害に困らなかったのだろうか?

曽爾高原のススキたちが土とは何か?を教えてくれる 曽爾高原のススキを見ていて、 栽培に関与する者であれば不思議に思うことがある。 ススキの需要が減って一時期はスギの山になったことがあるらしいけれども、スギの期間を除いたとしても、古典のレベルの時代からずっとススキを育てていた。 ススキの連作障害問題に困ったことはないのか? ということ 連作障害といえば養分に依るものと特定の病原性微生物が増加するものに依るものがあるけれども、古典の時代からの連作であればどちらの問題も発生して...

Read More…

 

曽爾高原のススキたちが土とは何か?を教えてくれる

曽爾三山を含む室生火山群の柱状節理までの記事で、 曽爾高原を含む室生火山群の地域の地質は花崗岩を基盤として、その上に流紋岩質の岩が堆積したことがわかった。 ※堆積したのは流紋岩質溶結凝灰岩 どちらにしても粘性の高い岩石であることに変わりない。 竹野のグリーンタフを見ながら土の形成に思いを馳せる 基盤の情報を踏まえた上で、 ススキの名所の曽爾高原 曽爾高原のススキの根元を見てみよう。 はじめに写真右側の少し丘になっているところを見てみると ここの土...

Read More…

 

曽爾三山を含む室生火山群の柱状節理

ススキの名所の曽爾高原の記事で、 曽爾高原のススキは毎年の初春に行われる山焼きによって、草原から森になることを阻止して草原の景観を維持していると記載した。 栽培者の間で言われる良い土の表現に森の土というものがあるけれども、 森になれない草原の土とはどのようなものなのか? とその前に、 曽爾高原の地形について見てみることにする。 はじめに知見を辿れる重要な特徴物として 写真の左側にある倶留尊山(くろそやま)がある。 倶留尊山は約1500万...

Read More…

 

ススキの名所の曽爾高原

奈良県宇陀市にある曽爾高原(そにこうげん)に行ってきた。 この時期はとても混むという情報があったので、周辺に前泊して霧がかかった時間帯に到着した。 曽爾高原というのは、倶留尊山(くろそやま:写真の左側)と亀山の西斜面から麓に広がる高原で、 曽爾高原 - Wikipedia 秋のススキで有名な場所である。 今まで曽爾高原を知らなくて、生物学を勉強したことがある人であればここまで読んで気が付くことがあるだろう。 毎年ススキの草原にするためには人為的な景観の管理...

Read More…

 

SOY CMSで記事一覧選択表示ブロックプラグインを作成しました

SOY CMSのブロックで、どのラベル関係なく、チェックをした記事だけで記事一覧を表示するブロックプラグインを作成してみました。 SOY CMSのブロックというのは、 サイトのトップページに表示させるような新着記事一覧といった記事を何らかの規則で一覧を作りたい時に活用する機能で、あるカテゴリーの記事に属した記事一覧であったり、検索結果一覧のような記事一覧を組むことができます。 ブロックについては下記のページをご覧ください。 記事とブロック - SOY CMSを使ってみよう...

Read More…

 

リン脂質を分解して毒成分を生み出す

前回のまでの記事で蜂毒に挙がっていたヒスタミンやセロトニンについてを見てきた。 腸内細菌叢とトリプトファン エルドンさんによる写真ACからの写真 そろそろ他の蜂毒についても見てみることにしようかということで、 蜂毒とはなんだろう?の記事中にある表でアセチルコリンは飛ばして、ホスホリパーゼA1について見ていくことにしよう。 ホスホリパーゼという酵素名から判断するに、 ホスホがリンでリパーゼが脂質だからリン脂質を分解する酵素であるはず。 ホスホリパーゼ - Wikipe...

Read More…

 

腸内細菌叢とトリプトファン

アレルギー反応の緩和には銅を含む金属酵素が重要?の記事を書いていてふと気になった。 植物性乳酸菌が関与した食品や飲料を摂取するとアレルギー反応が緩和される。 この要因の一つとして、腸内細菌叢で有益なビフィズス菌の割合が増えるから。 腸内で有益な菌が増えると有害であると言われるウェルシュ菌が相対的に減る。 ウェルシュ菌はインドールという人体にとって有害な物質を生成する。 腸内細菌叢とビフィズス菌 このインドールだけれども、 NEUROtiker - 投稿者自身による作...

Read More…

 

サプリメント産業を支える酵母たち

アレルギー反応の緩和には銅を含む金属酵素が重要?の記事で諸々のアレルギーは銅を含む金属酵素で緩和できるかもしれないけれども、最近の野菜には銅を含む微量要素が少ないはずだから、野菜の摂取だけではアレルギーの緩和は見込めない。 という内容を記載した。 チョコラテさんによる写真ACからの写真 そこで意識するのがミネラル系のサプリメントだろう。 早速、ミネラルブレンドというサプリメントを手に取ってみた。 とその前に、 サプリメントで銅を摂取する場合、銅はどのような形で含まれて...

Read More…

 

アレルギー反応の緩和には銅を含む金属酵素が重要?

エルドンさんによる写真ACからの写真 写真はミツバチで異なるけれども、 スズメバチに二回刺されるとアナフィラキシー・ショックという症状で命が危ない状態になるのは有名だけれども、 今まで何度か刺されたことがあるという人と出会ったことがある。 この人が本当に何度もスズメバチに刺されたのかの証拠はないけれども、 どうやら何度も刺されても致命傷にならない体質というものはあるらしい。 ハチに刺された時は速やかに病院へという話を聞くが、 治療方法を見ると抗ヒスタミン剤を含むステロイ...

Read More…