アーカイブ : 2015年07月

ブログ内検索
 

く溶性が土のポテンシャルを上げる

たとえばだよ、 栽培開始時点で強い酸の肥料を使ってしまったとする。 まぁ、それは石灰で何とか調整したとしてもだよ、 く溶性の使いどころで記載した通り、 栽培途中でも有機酸を出して周りを溶かす生理現象は常に発生している。 でだ、 この有機酸の分泌によって栽培途中でpHが下がり続けるということも考えられるわけで、 そうなったらどうなるか?というと、 (JA全農 肥料農薬部 施肥診断技術者ハンドブック 2003 44ページから引用) pHの適正どころか、 pH6...

Read More…

 

く溶性の使いどころ

く溶性のくはクエン酸のくで2%クエン酸溶液に溶ける肥料(石灰)があると記載した。 なぜ、クエン酸で溶けるのが大事なのか?と言うと、 コムギ幼植物の分泌物による難溶性リン酸塩の溶解 日本土壌肥料學雜誌 72(1), 63-68, 2001-02-05の概要に下記の様な記載があった。 根圏土壌抽出液中の有機酸を分析したところ,シュウ酸,クエン酸,リンゴ酸およびフマル酸が検出され,特にリンゴ酸が多量に確認された。 つまりは、 く溶性とは、 根が肥料(石灰)の近くに到...

Read More…

 

く溶性のくはクエン酸のく

二つの石灰、優れているのはどちら?で 消石灰こと水酸化カルシウムと炭酸石灰こと炭酸カルシウムの違いは何なの?という内容に対し、 効きの速さを例に出して、 炭酸石灰は水にほとんど溶けない という内容を記載した。 水にほとんど溶けないということで、 溶けないならば効かないということではなく、 水に溶けないという性質こそ使い道がたくさんある ということも記載した。 炭酸石灰の特徴を説明するにあたって大事な話となるのが、 肥料袋の裏によく記載されているく溶性というもので、 ...

Read More…

 

石灰だからといってpHを調整できるわけではない

石灰はpHを調整する為に使うもので書いたけど、 石灰はpHを調整するものだと思いきや、 石灰は栽培用語でカルシウムという意味なだけで、 石灰が必ずしもpHを調整する訳ではないと記載した。 他の石灰資材を挙げると、 酸化カルシウム:CaO 硫酸カルシウム:CaSO4 硝酸カルシウム:Ca(NO3)2等々 酸化カルシウムは CaO + H2O → Ca(OH)2 Ca(OH)2 + 2H+ → Ca2+ + 2H2O になってpH調整できるけど、 硫酸カルシウムは...

Read More…

 

二つの石灰、優れているのはどちら?

石灰はpHを調整する為に使うもので二種類の石灰の話を記載した。 二つの石灰というのが、 消石灰(水酸化カルシウム)と炭酸石灰(炭酸カルシウム)。 この二つ、一応pHの調整はできるけど、 他に何か違いがあるの?という質問をよく受ける。 ということで、 今回はこの二つの石灰の違いを記載したいと思う。 二つの違いを説明する前に、 石灰がどのように効くかという基本的なところを述べておくと、 石灰は必ず水に溶けなければなりません! それを踏まえた上で二つの石...

Read More…

 

夕暮れ、ヒルガオの強さ

道端の草ぼうぼうの場所の右上に 写真で見たら目立たないけど、 肉眼で見たらとても目立つヒルガオの花があった。 この写真を撮影したのが、昨日の17時半ぐらい。 で、 この花を見てふと思った。 ヒルガオって日中から夕方にかけて咲いているよな。 そういえば、 同じヒルガオ科のアサガオは朝しか咲かない。 それは雌蕊を守るために早々に花を閉じて、 雌蕊を太陽から守るため という説を見たことがある。 本当かいな? 仮に本当だったとして、 同...

Read More…

 

細菌とウィルスの違い@京都農販

京都農販さんの定期勉強会で、 細菌とウィルスの違いから病気にかかりやすい環境はどんなところか?という話をしました。

Read More…

 

石灰でなくてもpH調整はできる

石灰はpHを調整する為に使うものでpHを調整する為に石灰の名前が二つ程出た。 その時一緒に式を書いたのだけれども、 ここで気になってほしいことの一つとして、 別に炭酸石灰でなくてもpHの調整ができるんじゃね? ということ 炭酸石灰の中和反応(pHの調整)が、 CaCO3 + 2H+ → Ca2+ + H2CO3 H2CO3 ⇌ H2O + CO2 ならば、 苦土石灰に含まれる炭酸苦土(マグネシウム)も同じ様に MgCO3 + 2H+ → Mg2+ + H2CO3 ...

Read More…

 

山の上に炭酸石灰

石灰はpHを調整する為に使うもので炭酸石灰のことを記載した。 炭酸石灰の化学組成はCaCO3で、 この式は過去の記事のどこかで見たことがある… … そう! 土砂からいただいた大切なものの鉱物一覧ね。 上記のリンク先の記事の表を見てもらうとして、 方解石:CaCO3というものがある。 先日話題に出てきた炭酸石灰というのは、 鉱物の一つなんだよね。 ちなみに、 京都市内の鞍馬という山に 石灰岩という炭酸石灰の塊があってだね。 これが削れたもの...

Read More…

 

石灰はpHを調整する為に使うもの

前回の苦土石灰の粒の大きさによる肥効の話の前に そもそも石灰って何なの?という話があるので、今回はそれを記載する。 肥料の粒の大きさで肥効を考える 石灰はカルシウムという意味があるけど、 一般的に使われるのは土壌のpHの調整として使うイメージが強い。 pH調整として使われる主な資材として、 消石灰(水酸化カルシウム)と炭酸石灰(炭酸石灰)があり、 それ以外の石灰ではpHの調整としての効果は期待できない。 (有機石灰は成分でみたら炭酸石灰) pHを調整しないとどうなる...

Read More…

 

肥料の粒の大きさで肥効を考える

砂状苦土石灰と粒状苦土石灰、 肥料袋の裏を見ると成分構成は同じなのに価格が違う。 こんな背景の中で、 安い方の砂状苦土石灰を購入して良いのか? そんな話題になりました。 たしかにここの判断は非常に難しい。 なんせ、保証成分が同じなのに価格が違う。 価格が高い方が優れている様に感じてしまう。 だけど、 こんな風に考えてみるのはどうだろう? 粒状苦土石灰の方が製造にかかるコストが高いだけ。 (実際はわかりません。たまたま粒状の方が高かったからこう記載して...

Read More…

 

YouTube動画で菜園教室に挑戦!

YouTube動画に挑戦!と言うことで、 亮子先生をお招きして基本的な作業の話の動画を撮影してみました。 今回は今後のための課題出しということで何も考えずに撮影してみたけど、 自分の影が映ったり、 声をうまく拾えなかったり、 三脚が倒れてレンズが汚れてしまったりと 課題が多いことはわかった。 とりあえず、強力な三脚と集音マイクは用意しないといけないな。 おまけ OREC電動耕運機「e-pico」

Read More…

 

検索フォームと検索結果ページを作ってみた3

検索フォームと検索結果ページを作ってみた2の続き。 /site(サイトID)/script/soycms_search.php 上記のディレクトリに配置したPHPファイルに検索のためのスクリプトを書いてみる。 function entry_search(){ //ブログに設定しているラベルIDはベタ打ち $blogLabelId = 1; //検索フォームに入力した文字列を取得してみる。何も取得できなければ空の配列を返して終了 if(!isset($_GE...

Read More…

 

ホウ素という栽培に潜む罠

学術機関にいる人はこう言う ホウ素欠乏なんてほとんど発生しないよと 元JAに勤めていた人や肥料関係の仕事をしている人はこう言う ホウ素欠乏なんて頻繁に起こりますよと 教科書レベル、つまりは数値のレベルではほとんど発生しないと言われていても 現実では良くあることなんてたくさんある。 その一つがホウ素欠乏だろう。 元JAの職員が上の写真をホウ素欠乏の可能性があるという これはアブラナ科のカブの断面で、 根の方が黒ずんでいる。 酷い症状だと、断面が真っ黒...

Read More…

 

最初に疑えというぐらいカリウムは大事

良いと言われたことでも度が過ぎるとねぇで記載した カリウムやホウ素と言った鉱物由来の肥料成分を潤沢に補充できる資材がないということ 成分を見ると、含まれている肥料はあるんだけど、 それを採用しないで栽培するということが多い。 カリウムが含まれている肥料は多いんだけど、ホウ素はほとんどない。 その割にみんなが育てたがっているキャベツやダイコンでホウ素をたくさん使う。 なんてことは置いといて、 土作りといっても偏った資材投入でいつの間にか陥ってしまうカリウム欠乏。 カ...

Read More…