アーカイブ : 2016年04月

ブログ内検索
 

苦土と書いてクド。マグネシウムのこと

苦土と書かれた肥料をよく見る。 苦土というのはマグネシウムのことで、 マグネシウムといえばニガリ等。 マグネシウムを含むものを舐めてみて苦かったから苦土といいはじめたらしい。 本当かな? で、 栽培において結構発生するのが苦土欠。 マグネシウムは必須要素に次ぐ必要な要素で、 多くの量を必要とするけど、諸々の理由があって欠乏しやすい。 では、 マグネシウム欠乏とはどのような症状か? ということを見てみると、 葉が黄色のなる症状で、 ...

Read More…

 

可溶性ケイ酸にあるかもしれない底力

肥料袋を見ると、やたらとケイ酸を推していることがある。 ケイ酸といえば、イネ科の作物が吸収して強靭な体になったり、 くちた後の安定した腐植になったり、 と水田をしている人にはいいことだらけ。 と思いきや、 実はそれ以上に素晴らしい価値がある可能性がある。 その可能性に触れる前に、 ちょっとした小話を 土壌を構成する鉱物の中にミネラルを供給するものがある。 例えば長石という鉱物がそれで、 長石が風化するとカリウムが出つつ、カオリナイトという粘土に...

Read More…

 

SOY CMSのブロックで記事のランダム表示

SOY CMSのブロックの機能で、 記事の並べ順をランダムにしたいという質問があった。 SOY CMSのブロック機能で自由に定義を決められるのは、 スクリプトモジュールブロックだけなので、 とりあえずスクリプトモジュールブロックでランダム表示を書いてみた。 スクリプトモジュールブロックはなんぞや?ということもあるだろうから、 スクリプトモジュールブロック関連の記事を貼っておく。 検索フォームと検索結果ページを作ってみた1 検索フォームと検索結果ページを作ってみた2 検索...

Read More…

 

タンパクの三次構造の際の結合:水素結合2

タンパクの三次構造の際の結合:水素結合1でタンパク質を形成する際の結合方法である水素結合を記載した。 実際は三次構造形成以外でも使われているみたいだけど、そこはおいといて。 とりあえず、水素結合の話題を出したことだし、 実際にどの様に結合されているかでもみてみよう。 水素結合は電気陰性度の規則に従って極性をもった分子同士がつながりあうことで、 電気陰性度の規則に従っていれば、 水分子でなくとも極性を持つ。 アミノ酸にも極性を持つものがいくつか...

Read More…

 

タンパクの三次構造の際の結合:水素結合1

タンパクの三次構造の際の結合で、タンパク質内の強い強い結合であるジスルフィド結合の話を書いた。 記憶が正しければ、これは60℃を超える高温でも切れない結合のはずで、 高温帯で働く酵素等でよく使われていたと思う。 この話を前提に、 よくこんな話を聞くだろう。 ゆでたまごは茹でることによってタンパクが変性して、 液状だったタンパクが固体になると。 でもね、 高温に晒されたからといって、 タンパクの構造がバラバラになるっておかしな話じゃない? 実際、ペプチド結合の切...

Read More…

 

そのねじれに秘密あり、な気がする

イヌムギの花が咲いている。 イネ科の草の中で初春あたりから開花するので、 この花を見かけるとそろそろ春も中旬かなと思えてくる。 このイヌムギ、 葉にねじれがあり、 中央辺りから発生した葉がねじれ始め、 いつのまにか裏側が上向きになっている。 これは原始的な葉の特徴みたいで、 葉の表裏で葉緑体の数の差があまりないみたい。 (大半の植物は葉の表に葉緑体がたくさんある) 裏にも葉緑体が多いことで、 葉にねじれが入る。 このねじれが他の草よりもはや...

Read More…

 

双葉葵が花を咲かせている

京都の古くからある神社には、 フタバアオイが描かれているところがいくつもある。 で、 そのフタバアオイというのが、 これで、 このフタバアオイがどんな花を咲かせるのだろう? と思っていたら、 すでにこの株は花を咲かせているらしい。 葉の下にあった。 花は目立つために、葉の上に花を咲かせるだろうというのは人目線であって、 フタバアオイがアリやクモを媒介しているのであれば、 葉の上で開花する必要なんて全く無い。 (もしく...

Read More…

 

松尾大社の奥にあるシロヤマブキ

桜が散った頃に満開になるヤマブキ 京都の松尾大社という神社があって、 そこの境内にたくさんのヤマブキが植えられている。 らしい。 というわけで松尾大社に行ってみた。 松尾大社 - Wikipedia 実は生らぬヤマブキの八重咲きの花 境内一面が八重咲き、菊咲きとヤマブキの花で一色だった。 で、 奥の庭に白いヤマブキがあるということで、 境内に奥の方に行ってきたところ、 白いヤマブキが自生していた。 おや? ...

Read More…

 

散りゆく桜も美しいが

おそらく関山の桜 もしくは関山に近い品種 今年の桜の季節がすでに終わったと思うのはもったいない まだ咲いている。 というか全盛期。 桜は散り際が美しいという。 散り方の桜吹雪が美しいのだろう。 花弁が一枚一枚風に乗って散っていく様を桜吹雪と呼ぶのだろう。 でだ、 関山っぽい桜の下を見ると、 花がまとまって落ちている。 よくよく見てみると、長い花柄もあるので、 花柄から千切れたのだろうな。 桜吹雪ではないけれど、 これはこれで美しいのかも...

Read More…

 

PHPで楽天市場の商品登録を楽しよう:GitとTortoiseGit編

PHPで楽天市場の商品登録を楽しよう:PHPのインストール編 ApacheとPHPのインストールが終わった。 とりあえず、ローカル環境で商品情報の登録チェックを行える様になったわけですが、 今回の仕事に関わっている人のほぼすべてが 在宅で作業を行いたいということで、 HTMLや画像のファイルの管理が面倒になる。 メンバーはプログラマではなく、デザイナでもない。 Gitに対して、まだ苦手意識どころか、 難しいという先入観すらないということで、 難しそうだと感じられ...

Read More…

 

システインの分解

ジスルフィド結合の切断方法で強い結合を切る方法を見た。 蕎麦殻内にある強い結合を切る方法はわかった。 しかし、強い結合を切ることが得意な微生物がどこにいるのかわからない。 というわけで、 ジスルフィド結合を切った後に生成されるシステインの分解を見て、 そこからヒントを探してみることにしよう。 システインは主要アミノ酸の中で、最後のアミノ酸(システインの次は他の主要アミノ酸にならないの意味)で、 (左:システイン、右:ピルビン酸) システイン...

Read More…

 

まずは上から圧をかける

籾殻という資材がある。 処分に困っているそうだ。 なかなか分解しないから堆肥として使いにくいので、 燻炭にして利用している人が時々いる。 分解しにくい要因として、 籾殻自体が水をはじくので、 水を弾くがゆえに 微生物による分解がなかなか行われない。 というような特徴の資材なんだけど、 程よい塊になると、 中の水が蒸散されにくくなるので、 中には菌糸がびっしり。 菌糸が生えてしまえば、 籾殻は撥水性を失うので、 比較的、土と馴...

Read More…

 

PHPで楽天市場の商品登録を楽しよう:PHPのインストール編

PHPで楽天市場の商品登録を楽しよう:Apacheのインストール編 前回の記事でWindows7にApache2.4をインストールした。 次はPHPのインストールを行う。 はじめにPHPのサイトからダウンロードを行う。 バージョンはもちろんPHP7! http://windows.php.net/download#php-7.0 DockerでPHP7の環境を構築してみる VC14 ×64 Thread Safeのzipをダウンロード。 ダウンロード後にz...

Read More…

 

PHPで楽天市場の商品登録を楽しよう:Apacheのインストール編

楽天市場を利用している人を見ていて思った。 商品情報の登録と登録内容の確認の流れが面倒じゃないか?と あまりにも無駄な時間が多いので、 いったん、自身のパソコンでHTMLを作ってしまい、 それをコピペで対応できたら楽だろうと、 PHPで検証環境を作ってみた。 (環境についての詳しい内容は後ほど) PHP: Hypertext Preprocessor しかし、 共同作業でPHPがインストールされている環境なんてなかなかないので、 全員分のPCにインストールして回ってい...

Read More…

 

普賢象の雌しべはまるで象の鼻

普賢象(フゲンゾウ)という桜を見た。 この桜は中央の雌しべが葉化していて、 その変異が象の鼻に見えることから、 普賢象と呼ぶことになったらしい。 (実際は普賢菩薩の象だって書いてあった。) フゲンゾウ - Wikipedia 雌しべが葉化している変異って今まで見たことがないんだよね。 ということで、 近づいて詳しく見てみた。 ? もしかして葉化しているのは中央の緑? 確かに鼻っぽく見ようと思えば見えるけど、 フゲンゾウという名前をつ...

Read More…