アーカイブ : 2015年09月

ブログ内検索
 

カワラナデシコを探せ

陽春園さんで売られていた河原撫子(カワラナデシコ)の花の展開がやたらと綺麗だったので写真をパシャり カワラナデシコ - Wikipedia カワラナデシコは秋の七草のひとつなんだけど、 そういや野生で生えているのって見たことないんだよね。 河原という名前がついているので、 おそらく河原にあるんだろうけど、 河原って、 背丈の高い草だらけで、 カワラナデシコは50cmぐらいの背丈で、 あの夏の暑い激戦区の中で、 カワラナデシコは花を咲かすまで...

Read More…

 

稲穂を見ながら、太古の人たちに思いを馳せる

自転車で水田の横を走っていると、 今年もそろそろイネの収穫の時期だろうと。 ここで思うことは、 人の農耕文化の中で、 もっとも偉大な育種(品種改良)は脱粒性がなくなったことだと思う。 脱粒性、 読んで字のごとく粒が脱する性質のことで、 熟したらタネが速攻で地面に落ちる特徴だけど、 水田のイネの収穫をイメージしてみると、 コンバインで走る直前まで穂が残っている。 (タネは実ったら速攻で地面に落ちれば鳥に食べられないから安全) これが脱粒性の...

Read More…

 

鶏糞の中にある有用だけど厄介な有機態リン酸

以前、鶏糞について調べている時、 糞由来の構成を知るためには餌を知るべき ということで、 コトブキ園さんから 普段どのような飼料を与えているのか? というものを教えてもらった。 発酵鶏糞ができるまで2:成分編 鶏の餌の主なものはトウモロコシだということは分かったが、 飼料を調べている時にやたらとフィターゼ配合という表記が目についた。 フィターゼ? 何の生理反応に関わっている酵素だろう? と調べてみたところ、 フィチン酸を分解する酵素ということが分...

Read More…

 

白い綿毛がなびくのは秋の喜び

風にそよぐススキ。 ススキは秋の七草として扱われ、 ちょうど今日の中秋の名月 ススキに満月という組み合わせて 涼しくなった秋の夜を楽しむ。 今日、ちょうど川原でススキを眺めていたんだけど、 ふわふわと白い綿毛が、 風になびく姿を見ると、 暑い夏が終わって、 涼しげな秋が到来したんだなと感じる。 あぁ、 ススキは涼しくなった喜びの象徴なんだろうな。 これから収穫の秋に突入する訳だし、 ススキは安心のシンボルになりえるのだろう。 あ...

Read More…

 

バジルから不定根が発生した

先日、陽春園さんでバジルの苗を買ってきたんだけど、 運んでいる最中に先端が折れて、 しゃあないから、 こんな感じで(一緒にいた人が)水につけておいたんだけど、 5日後あたりで、 発根してた。 この発根している根のことを不定根って呼ぶんだけど、 注意すべきは、 切れ目、つまりはこの株の一番下から根が出ることはない ということ。 他にも根の出ている箇所がおかしくね? ということもあるが、 そのことは今回は省略するし、 バジ...

Read More…

 

微生物資材に頼る前に発酵食品を学ぶ

日常で発酵のお世話になっていることが多く、 発酵食品を好んで食べるという方も多い。 そんな中で、 発酵食品として優秀だから、 発酵に関与した微生物が土壌で頑張ってくれたら有用じゃね? という意見が多くあり、 その手の微生物資材も多く販売されている。 しばらく後に出てくる話だけど、 微生物資材を入れてるけど、これってこの資材の中にいる微生物のおかげなの? 資材投入の費用対効果はどうなの? という意見もちらほらと見かける。 これから記載する内容はあくまでも個人的な意...

Read More…

 

発酵鶏糞ができるまで5:四次発酵編

しっかりと発酵処理が施され、 高品質と呼ばれる鶏糞の臭いを嗅いでみると、 火薬臭がすると言われている。 戦時中、家畜糞は火薬に使われていたらしく、 発酵処理によって糞内に火薬の成分が合成されている。 実際、ここでいう火薬の成分は 発火や爆発の直接原因となる成分ではなく、 発火の手助けをする酸化剤の硝石という鉱物で、 構造はKNO3の硝酸カリウムである。 硝酸カリウム - Wikipedia おそらくだけど、 カリウムは飼料由来のものと反応だろうと予想する。 ...

Read More…

 

Goで一方向ハッシュ関数によるパスワードの暗号化を書いてみた

普段の帳簿周りを自動化したいから、 自分ら用にちょっとしたアプリを作ることにした。 せっかくの機会なので、 Goで一方向ハッシュ関数によるパスワードの暗号化を書いてみたので、勉強がてらメモを残しておく。 Go (プログラミング言語) - Wikipedia 暗号学的ハッシュ関数 - Wikipedia 一方向ハッシュ関数とは、 アプリでアカウント登録の際にパスワードの設定をしてもらうでしょ。 それをそのままサービス側のデータベースに保存すると危ないので、 入力したパスワ...

Read More…

 

秋の訪れを告げる藤袴

ある日、 森の中、 藤袴(フジバカマ)に出会った。 おっと、 こりゃテンション上がるぜ。 フジバカマといえば、秋の七草のひとつなんだけど、 最近、個体数が激減して、準絶滅危惧種として扱われている。 フジバカマ - Wikipedia フジバカマはキク科で、 香りが良いのか? いろんな昆虫を寄せ付けているし、 背丈も高くて丈夫に見えるんだけど、 なぜ準絶滅危惧種になるまで追い詰められたのだろうな… それは...

Read More…

 

発酵鶏糞ができるまで4:二~三次発酵編

前回の発酵鶏糞ができるまで3:一次発酵編で、 一次発酵では、 大量にあった尿酸が好気分解によってアンモニアに変化し、 大半のアンモニアは発酵熱によって気化する ということを記載した。 それを踏まえて二次発酵以降の話。 二次発酵は発酵熱によって熱くなった鶏糞を冷ます反応。 ここでは注目すべき反応は特になくて、 注目すべきことは三次発酵から。 一次発酵終了時の大きな特徴として、 大量の尿酸をアンモニアに変えたというだけあって、 二次発酵時の鶏糞からはまだ若干の刺激臭...

Read More…

 

発酵鶏糞ができるまで3:一次発酵編

発酵堆肥ができるまで2:成分編 前回の話から、 鶏糞の未発酵と発酵済みの大きな違いは、 糞尿の中にある白い塊があるかどうかで、 この成分が尿酸であるということが分かった。 で、 発酵処理で一番目立っているのが、 この白い塊が消えることだと予想できるので、 白い塊:尿酸がどのように消えていくか? を見ていくことにする。 はじめに尿酸は緑膿菌という細菌によって分解される。 鶏ふんの堆肥化過程での尿酸分解に関与する微生物 | 三重科技・農業研究部・生物機能...

Read More…

 

発酵鶏糞ができるまで2:成分編

鶏糞、未発酵(左)と発酵済み(右)で見た目がこれだけ違う。 発酵鶏糞ができるまで1 では、 発酵することによって何が消えて、何が増えたのか? まずは未発酵の白い色の成分を見ていきたい。 まず前提条件として、 大半の家畜は哺乳類だけど、 鶏は鳥類で 鳥類の大きな特徴は、 (画像:尿酸 - Wikipedia) 尿が尿酸という固形の白いものでできている。 (哺乳類は尿素で液体) ここに写っている白い塊が尿酸で、 写真では少なく...

Read More…

 

梨木神社の萩まつり

梨木神社の萩まつりに行ってきた。 ちなみに梨木神社は 萩まつりという名前だけあって、 境内は萩だらけ。 萩と言えば、 内に秘めたる萩を愛する心で記載した通り、 萩は日本人のマインドだとすると、 上京区がよりどころになるかもしれない。 しかしだよ、 家畜飼料が不作だった時、 ここにある萩を刈りとって飼料にしたりしたんかね。 それは置いといて、 先がこんもり咲く品種であったり、 花の色が違ったり、 も...

Read More…

 

発酵鶏糞ができるまで1

続・アンモニア臭は酸化で消そうでアンモニアの酸化で消臭の話を記載した。 アンモニアの酸化というのは、 農業全体から見ればとても大事な話で、 施肥効率だけでなく、 硝化作用は牛糞や鶏糞といった家畜糞堆肥の目利きでも大事な話となってくる。 硝化細菌が植物の根の周りで頑張ってる 数年前、 神奈川県にある養鶏農家のコトブキ園と高品質な鶏糞堆肥を追ってたことがあり、 その時の経験をまとめてみたいと思う。 ホームセンターに行くと、様々な種類の家畜糞堆肥がある。 ...

Read More…

 

ミミズの土作りを頼りたい

ミミズは栽培にとって良い土にはいない。 これから良くなっていく土にいるもんだ。 以前、そんな話を聞いた。 植えたら神がかった品質の野菜が勝手に育つ様な奇跡の場所ではミミズは思った程いなかった。 その理由はおそらくミミズの餌が速くに土となじむ様な活性化した土壌で、 なじむということでそれはミミズの餌ではないんだろうな でだ、 前回の雨の日の強行突破で硬くなってしまった土の 定植した株元にミミズを置いたら、 ミミズが穴を掘り始めて潜っ...

Read More…