アーカイブ : 2016年02月

ブログ内検索
 

おそらく彼らは大海原を越えてきた

街路樹の木の根っこ 根の間には、 ナデシコ科のオランダミミナグサだろう、たぶん… オランダミミナグサ - Wikipedia 畑に限らず道端でもよく見るよね。 日本の初春を象徴する草の様に感じる。 オランダミミナグサで正しいとして、 名前を読んで字のごとく、オランダからの外来種らしい。 外来種と言うことで海外から入ってきたらしく、 侵入経路は不明らしいんだけど、 オランダミミナグサ / 国立環境研究所 侵入生物DB この草にとっては、 おそらく...

Read More…

 

連作障害に立ち向かう、忌地編

ここ数日、連作障害について記載した。 記載した内容は養分のバランスの崩れか特定の土壌微生物が増えることによるもの あとは 作物自身が放出する他の草を攻撃するための物質に自身もあたる ということを見ることにする。 連作障害に立ち向かう、養分編 この話をみる前に多感作用(アレロパシー)について触れておく。 多感作用でWikipediaにある内容を引用してみると、 ある植物が他の植物の生長を抑える物質(アレロケミカル)を放出したり、あるいは動物や微生物を防いだり、あ...

Read More…

 

石灰窒素で土壌消毒

石灰窒素という肥料と言うか農薬と言うか両方の機能を兼ね備えた資材がある。 石灰窒素はカルシウムシアナミドとして販売されていることもある。 カルシウムシアナミド - Wikipedia 化学式で書くと、 CaCN2である。 この石灰窒素は化学式を見る限り、 カルシウム、炭素と窒素で構成されている。 で、 この石灰窒素は水と二酸化炭素に触れると CaCN2 + H2O + CO2 → CaCO3 + CN2H2 と言う反応になり、炭酸石灰とシアナミド(CN2H2)を生...

Read More…

 

線虫捕食菌という存在を忘れてはならない

連作障害を制する時は相手のことを知れ 連作障害の要因の一つである、 病原性のカビや細菌、特定の虫(センチュウ)の個体数が急増する問題。 センチュウが増えることで、 根に傷穴が増え、そこから病原性の菌が入ることもあり、 放っておくと一次二次と被害が大きくなっていく。 連作をしなければ、 寄生する相手がいなくて自然と減少していく。 わかっちゃいるけど、 連作をしなければならない時もある。 そういう時に覚えておいて損はないのは、 線虫捕食菌という土壌微生物がい...

Read More…

 

連作障害を制する時は相手のことを知れ

連作障害に立ち向かう、線虫編 前回、連作障害の一例として、 センチュウについて記載した。 このセンチュウ、 作物の根圏で増殖して、 次の作付けまで残る 増殖してセンチュウがたくさんいるところに、 新たに前作と同じ作物を植えると被害を受ける という話。 この話でもう一つ覚えておく前提条件として、 センチュウ(やカビ)には様々な種類がいるけど、 各々の種で感染できる宿主は決まっているということ。 例えば、 廃菌床のポテンシャル ネギを栽培す...

Read More…

 

連作障害に立ち向かう、線虫編

前回、連作障害についてと、 障害の一つの肥料成分のバランスが崩れることについてを記載した。 連作障害に立ち向かう、養分編 今回は ある種の(作物目線での)病原菌や害虫が増える についてを見ていきたいと思う。 連作によって病原菌や害虫が増える。 よく言われるのがカビによる病気等だけど、 微生物って何かとイメージしにくい。 ということで、 一般的にはあまり知られていないけど、 栽培ではよく出てくるセンチュウで考えてみる。 センチュウとは By Agr...

Read More…

 

連作障害に立ち向かう、養分編

栽培を行っているとはやい段階で連作障害という言葉に遭遇する。 連作とは同じ場所で同じ作物を連続で栽培し続けることで、 連作障害とは連作を続けたところで起こる障害、 具体的には病気や欠乏症で収量が激減する現象のことを指す。 私が学部生の時に講義で聞いた内容では、 ・土壌中の肥料成分が偏っていき、欠乏症が発生する ・ある種の(作物目線での)病原菌や害虫が増える ・作物自身が放出する他の草を攻撃するための物質に自身も当たる (・塩類集積) ということだった。 同じ場所で...

Read More…

 

キノコが行う自身の再構築

ビタミンDの前駆体を体に組み込むキノコたち 先日、キノコのエルゴステロールについて調べたいと思い、 キノコについての論文をいろいろと読んでいたら、 下記のタイトルの論文を発見した。 きのこ類が生産する糖質加水分解酵素 木材保存 Vol.39-2(2013) この論文には、 キノコが木材を分解する際に使用される酵素(ただしリグニンは除く)が記載されていた。 その中でふと目についたのが、 きのこ類のような菌類は菌糸生長する際に,キチナーゼ,β-1,3グルカナーゼ,β-1,...

Read More…

 

根付きの葉物、根をみて味を予想する

本日、ホウレンソウをいただきました。 頂いたところ、大変申し訳ございませんが、 下記の様な話題が挙がりました。 このホウレンソウはおそらく美味しくないだろうと 葉の部分は茂っているけど、 束になっているうちの一株で、 はやい時期で股根になっている。 おそらく初期生育で根が肥料焼け※を引き起こす様な施肥を行い、 (股の状況から石による股根ではないだろう) それにも関わらず、 地上部が生い茂っているということは、 栽培期間中に効き...

Read More…

 

ビタミンDの前駆体を体に組み込むキノコたち

天気が良いので、シイタケを天日干しするってよ キノコを天日干しするとビタミンDが増えるらしい。 実際に起こっている反応は、 プロビタミンDであるエルゴステロールが光化学性の反応によってビタミンDに変化するかららしい。 ビタミンDというのは、 人体でカルシウムの結合を高めるビタミンということになっている。 で、 ここで疑問になるのが、 廃榾木に群がる菌群 シイタケってカルシウムの吸収を積極的に行いタチなの? キノコはカビなので、カルシウムでがちがちに...

Read More…

 

小さな枝に満開の花

京都某所の庭園っぽいところで、 短い枝が土に刺さって、しかもそろそろ満開っぽくなっていたのを見かけた。 よく見かけるものだけど、 いつ見ても不思議に思う。 だって、 花を咲かせるのは木にとってすごい労力だってえらい人が言ってたよ。 これは本物か? と近づいて見てみたけど、 リアルだし、 みずみずしさもあるし本物だろう。 でだ、 こう見ていると、 枝にはすごい労力で咲かせるだけのエネルギーを蓄えていることが分かり、 このエネルギーを...

Read More…

 

天気が良いので、シイタケを天日干しするってよ

シイタケの天日干しをしていた。 シイタケを天日干しすると風味や栄養価が上がるらしい。 他の食材も天日干しをすると風味や栄養価が上がるものがある。 こんな生育した環境から切り離された状態でも、 健気にいずれ使うであろう成分を合成して蓄えているのか? なんて思ったので調べてみた。 風味が上がる要因の大半が、 干すことによって水分が減り、養分が濃縮されるかららしいが、 それ以外にビタミン量の絶対量が増えるという反応があるらしい。 紫外線照射条件...

Read More…

 

あら、こんなところに卵の殻が

大阪前田製菓のしまじろうのにぎにぎボーロというお菓子をいただいた。 とりあえず原材料を見る。 これ鉄則! というわけで裏をみたら、 卵殻カルシウムという表記があった。 卵殻カルシウムと言えば、 卵の殻をプランタに播いた 卵の殻だ! 卵の殻を粉砕して、おそらく加熱消毒をしたものを混ぜているのだろう。 主成分は炭酸カルシウム 胃酸と反応して、pHを上げつつカルシウムが摂取できる。 しかも残留性無しの成分で、 飼料にもよく使われるらし...

Read More…

 

SOY CMSのカテゴリページでカテゴリごとに画像の出し分けを行う

SOY CMSのブログページのカテゴリページで、 カテゴリごとに画像や文章の出し分けを行いたいという問い合わせがありましたので、 モジュールを利用して出し分ける方法を紹介します。 カテゴリごとに出し分けというのが、 https://saitodev.co/category/勉強会・講演 https://saitodev.co/category/SOY CMS こんな感じで、 各カテゴリのページで表示する内容を変える。 冒頭で紹介した通り、今回も...

Read More…

 

気孔の日々のお仕事

大抵のことは目に見えること以上に裏側が大事であることが多い 前回、 葉の裏には気孔がたくさんあって、 その気孔では二酸化炭素を取り込んだり、 酸素を放出したりという内容を記載した。 しかしだ、 気孔にはガス交換以外で大事な役割がある。 それは、 葉の中の水分を蒸散させる という機能 蒸散が正常に行われないと大変なことになる。 最初に疑えというぐらいカリウムは大事 前提として、 根から吸水する場合、 根の浸透圧を土壌の圧よりも高めるこ...

Read More…