アーカイブ : 2016年08月

ブログ内検索
 

牡丹咲きのアサガオ

前回の獅子咲きのアサガオに引き続き、変化朝顔の話 このアサガオ、 札には黄斑入蝉葉紅台咲牡丹大輪(きふいりせみべにだいざきぼたんだいりん)と書かれていた 牡丹咲きというなのね。 色は違うけど、 第57回朝顔展@京都府立植物園 こういう大輪の時雨絞りがクシャッとなって、 中央にある雄しべが 第57回朝顔展@京都府立植物園 花弁に変異して八重咲きになっている。 その様がまるで、 八重咲きの牡丹の様だったからこうつけたの...

Read More…

 

SOY Shopの統計プラグインで注文件数が多くなったサイトでも快適に表示できるように修正しました

統計プラグインで注文の傾向を把握しよう - SOY CMS開発ブログ SOY Shopには他のネットショップ同様、統計プラグインが同梱されているのですが、 当然のことながら、注文件数が多くなると計算が遅くなります。 注文が1万件を越えたサイトでは計算だけで5分ぐらいかかってしまうこともあります。 どうにか計算を速く出来ないか?とコードを眺めていたら、 とんでもない無駄な処理が入っていました。 統計プラグインがインストールされている状態だと、 管理画面の注文一...

Read More…

 

獅子咲きのアサガオ

前回の撫子采咲牡丹はカワラナデシコの様に引き続き、変化朝顔の展示の話 獅子咲きのアサガオが咲いていた。 ※札には青掬水爪龍葉紫鳥甲獅子咲牡丹(あおきくすいつめりゅうばむらさきとりかぶとししざきぼたん)と書いてあった。 花弁の形状や捻れ、 おそらく蕊だよね? これらが入り組んだ形状がまるで獅子の様だったから獅子咲きと名付けたんだろうね。 この花、 生殖器官としての機能は皆無だろうから、 見れば見るほど、 花とは一体何なのだろうか?と思え...

Read More…

 

SOY Mailの送信予約を使ってみよう

メルマガを配信できるSOY Mailには送信予約日時を設定して送信できる機能があります。 管理画面で送信予約日時を設定して、送信予約ボタンでメルマガの文章を保存しておくと、予約日時に合わせて送信するという機能ではありますが、 SOY Mailのインストールだけでは設定した送信予約日時に自動で送信されることはありません。 そこでインストールした大半のサーバで利用できるcronという定時実行を行うコマンドを利用します。 crontab - Wikipedia 先日、cronの設定を...

Read More…

 

撫子采咲牡丹はカワラナデシコの様

第57回朝顔展@京都府立植物園最終日 京都府立植物園ではまだ変化朝顔の展示が行われている。 更に職員が言うには、 8月下旬から9月上旬あたりに珍しい品種のアサガオの花が咲く傾向があるとのこと。 ということで、昨日言ってみたら、 本当に珍しい品種のアサガオの花に遭遇出来た。 札には 青抱縮緬柳葉藤水色縞筒白撫子采咲牡丹と書かれていた。 前半の葉の形状はおいといて、 後半の咲き方だけど、 撫子采咲牡丹(なでしこさいさきぼたん)となっている。 諸々の特徴は下記...

Read More…

 

SOY Shopの管理画面で電話注文に対応してみた

下記の様なお問い合わせがありました。 SOY Shopの管理画面で電話番号で検索して注文の登録をしたい ネットショップをある程度運営していると リピータの方の電話での注文が発生し始めます。 SOY Shopでは管理画面でメールアドレスで検索して注文には対応していましたが、 電話番号で検索して注文には対応していません。 そこで、 管理画面から注文の登録を行うページで、 電話番号で顧客検索できるフォームを追加しました。 メールアドレス...

Read More…

 

フローラルディップ法で遺伝子組み換え

アグロバクテリウム法で作物の遺伝子組み換え 前回、オリジナルのプラスミドをアグロバクテリウムに持たせ、 アグロバクテリウムはそのプラスミドを植物の渡すことによって、 宿主の植物の細胞の一部で遺伝子組み換えが行われることに記載した。 この方法だけど、 あくまで一箇所なので、その細胞を切り抜き、 培地で細胞を培養して、クローン植物みたいな感じで一個体になるまで育て上げなければならない。 クローンの培養って手の器用さと根気が必要なんだよね… そこで、 下記の様な方法が...

Read More…

 

アグロバクテリウム法で作物の遺伝子組み換え

数日にわたって遺伝子組み換えの基礎になる話を記載した。 アグロバクテリウムという細菌は感染した植物の根の遺伝子を組み替えることができる。 遺伝子組み換えは日常的に起こっている アグロバクテリウムが遺伝子を組み替えるとき、プラスミドという環状DNAを利用する 情報を共有すれば集団は強くなる 生物はDNAをある程度自由に切り貼りできる。 DNAの切り貼り もうひとつ重要な話があって、 植物の傷口にできるカルスという細胞は何にでもなることができる万能性がある。 ネキリ...

Read More…

 

驚きの白さ

近所の水田でイネが実り始めた。 イネは株の背丈が整っていて、 株の下の方って万遍なく暗いよね。 背丈が整っていることのすごさと違和感 この暗いところをまじまじと見ると、 白い花がぽつぽつと咲いていた。 比較的暗いところって白い花が目立っているよね。 あえて色をつけないという選択、 そういう目立ち方もあるね。 暗いからこそ飛び回る昆虫もいるだろうし、 そういう昆虫らにさえ目立っていれば良いものね。

Read More…

 

DNAの切り貼り

生物は日常的にDNAを切ったり貼ったりしている。 とある細菌が合成する酵素の中には、 DNAのとある箇所を狙い撃ちで切り取ることができるものがある。 図で書くと、 こんな感じ。 切れるということは 遺伝子の断片を導入できる酵素も存在する。 つまりは、 とある細菌にあるとある酵素と入れたい遺伝子断片があれば、 自分オリジナルのプラスミドを作ることが可能ということになる。 細菌はこのプラスミドが有用であれば、 情報を共有すれば...

Read More…

 

情報を共有すれば集団は強くなる

遺伝子組み換えは日常的に起こっているの続きで、 遺伝子組み換えの手法に入る前にプラスミドについてを記載しておく。 とある細菌の群集があったとして、 そこに殺菌剤をまく。 とある細菌は急激に死滅して、 群衆毎消滅するかと思いきや、 死滅せずに生き残っている。 この細菌を殺菌しようと同じ殺菌剤をまくんだけど効かない。 おそらく耐性を持ったのだろう。 細菌は細胞分裂を行って増殖していくので、 一定間隔で全体の2乗ずつ増えていく。 生き残った細菌が1個体...

Read More…

 

ネキリムシにも負けず、彼は不定根を出した

ネキリムシが憎すぎる ネキリムシにかじられたアサガオの茎。 憎きネキリムシ、卵の殻の壁を超えられず 連続の攻撃を卵の殻で死守するも かじられた傷口が完全に治ることはない。 その傷口だけど、 おや? 塞がった傷口から根が発生していた。 これは不定根だね。 オーキシンと脇芽と不定根 今回不定根が発生したのは節ではないけど、 傷口を塞ぐ時に形成されたカルスという細胞群は、 これから何にでも変わることができる万能性を持つ細胞である。...

Read More…

 

Tisza Cipo様サイトの常時SSL化対応を行いました

Tisza Cipo (ティサ・チポ)日本公式オンラインストア SOY Shopで運営されているティサ・チポ様サイトの常時SSL化対応を行いました。 制作会社:web36 関連記事 SOY CMSの常時SSL化で対応したこと

Read More…

 

遺伝子組み換えは日常的に起こっている

F1種子の欠点 京都府立植物園で見知らぬおばちゃんから質問されてからはじまったF1種子の話ですが、 せっかくなので遺伝子組み換え作物についての話も書いていきたいと思う。 F1種子は種に対してある程度以上の知識がなければ話題に挙がることはないが、 遺伝子組み換え作物はそういう知識がなくても話題に挙がる程定着しているワードであり、 F1種子以上に悪いイメージが付いている言葉でもあると思う。 遺伝子組み換え作物は人為的に生み出された生物だとかね。 今まで頭ごなしに否定している...

Read More…

 

枝垂れた柳の枝はまるで流水の様

出町柳駅のところにある枝垂柳(シダレヤナギ) 不思議と涼しそうというイメージが付くのはなぜなのだろうか? というわけで、 下から空に向かって見てみた。 雲と青空がよく見える。 光もたくさん入ってきているので、他の木よりも涼しさから遠い。 枝と葉が風になびきやすいので、 動きがあるから涼しく見えるのか? 考えていてもキリがないので、 ここまでにしておいて、 シダレヤナギの葉って、 互いの葉が重なっているにも関わらず、 表裏どち...

Read More…