前回のBBC Micro:bitとトランジスタの記事で、マイクロビットのGPIOピンでDCモーターを動かすことができるか?ということでトランジスタを見ることにした。

本格的にトランジスタを学ぶ前に、トランジスタを使わずにもうちょっと直感的にDCモーターを動かすことに触れることにする。



今回はリレーモジュールをかました方法を試してみる。

OSOYOOというサイトでSRD-05VDC-SL-Cが使いやすい形になっていたので、これで試してみる。

PDF SRD-05VDC-SL-C Data sheet ( Songle )


リレーモジュールは5Vと電源に直接接続したDCモーターとの間にリレーをかまし、このリレーをマイコンで制御して、マイコンのGPIOピンからHIGHを送信した時はDCモーターを回し、LOWの時は止めるといったスイッチの役割になる。


DCモーターにリレーをかました配線は下記の通り。


※リレーの名前に5Vと記載されているが、3.3Vでも動作する



実際はこんな感じ。

マイクロビットのコードは下記の通り。

from microbit import *

pin1.write_digital(0)

while True:
    if button_a.is_pressed():
        pin0.write_digital(1)
    if button_b.is_pressed():
        pin0.write_digital(0)

早速、動かしてみる。



マイクロビットでDCモーターを回すことができた。