歩道の隙間にびっしりと草が生えていた。

どんな草が生えているのかな?と近くに寄ってみたら、



マメ科のスズメノエンドウらしき草だった。

スズメノエンドウといえば、これから冬に入る時期にいち早く生える草というイメージがある。


つい最近まで夏という感覚だったけれども、ふと今日の日付を思い出してみたら、11月下旬であと少しで12月だった。


冬の訪れを道端のマメ科の草から感じる。

林縁の外側の更に外側の更に先へ