カテゴリー : 自然現象

ブログ内検索
 

酸素発生型光合成の誕生の前に

遥か昔に植物が上陸にあたって獲得した過剰な受光対策という記事に引き続き、 酸素発生型の光合成についてを投稿する。 東海大学出版部の藻類30億年の自然史 藻類から見る生物進化・地球・環境 第2版という本を読んでいる。 藻類について理解したくて、 手始めに広く網羅している本を探したところ上記の本と遭遇した。 この本は500ページ近くあり、 序盤が世界各地にいる様々な藻類の説明から、 中盤で生物誕生から藍藻の誕生を経て、真核生物の藻類の誕生、 最終的に緑色藻類の陸上...

Read More…

 

過酸化水素が自然に発生している個所はどこだろう?

青枯病の原因菌について調べてみたの記事までで、 多くの栽培者を悩ませる青枯病は芳香族カルボン酸 + 二価鉄 + 過酸化カルシウムの組み合わせで土壌消毒を行うと発生を抑制できるという県境結果が報告されたということを記載した。 過酸化カルシウムから過酸化水素が発生し、 その過酸化水素が二価鉄とのフェントン反応によって強力な活性酸素を発生させ、 その活性酸素に触れた青枯病の原因菌が死滅するという流れだ。 上記の組み合わせで 過酸化水素を施用するより過酸化カルシウムを施用した方が効果...

Read More…

 

IoTによる施設栽培の自動制御の今後は?

ここ数年のトレンドとして、 水耕栽培の培地は露地栽培の堆肥として再利用できるか? IoT(またはICT)による栽培の自動制御が度々挙がり、 それに伴い水耕による施設栽培の需要も高まり続けている。 ※開発者目線でICTではなくIoT(Internet of Things:モノのインターネット)という用語を使いたい ※ICTはInformation and Communication Technology:情報通信技術でITやIoTを総括する モノのインターネット - Wik...

Read More…

 

石と恐竜から学んだ沢山の知見

昨年末に 星屑から生まれた世界 - 株式会社 化学同人 星屑から生まれた世界という良書と出会った。 石の観点から生物誕生を見るという切り口で、 今でいうところの微量要素の理解が一気に進んだ。 今年の春、息子が保育園で恐竜を知った。 保育園にある恐竜や地球の本に夢中になり、 同じクラスの子らと毎日恐竜の本を読んだらしい。 この機会に合わせて、 子供用の恐竜図鑑と恐竜に関する学術書を購入して、 家でも一緒に恐竜の本を読むことにした。 今ま...

Read More…

 

藍藻類が塩類集積地に植物の環境をもたらす

写真:ねこのしっぽ 小さな生物の観察記録より引用 前回、 藍藻類(シアノバクテリア)のユレモは粘液物質を分泌して滑走運動を行う という内容を記載した。 藍藻類のユレモはゆらゆらと動く なぜ唐突にユレモの滑走運動の紹介を行ったか?というと、 ある読み物を紹介したかったからだ。 その読み物というものが、 土壌圏の創生とラン藻 化学と生物 Vol. 42, No. 3, 2004で 毎年600万ヘクタールのペースで増え続けている耕作不可能地問題をなんとかすべく、 藍藻の...

Read More…

 

藍藻類のユレモはゆらゆらと動く

写真:ねこのしっぽ 小さな生物の観察記録より引用 ユレモという藻がいる。 ユレモというのは藍藻類の微生物で、 藻ではあるがシアノバクテリアというバクテリア(細菌:原核生物)に分類されている。 地衣類という菌たちの巧みな生き方 窒素欠乏下で奮闘する光合成細菌たち このユレモというのが、 名前の由来にもなるらしいけれども、 顕微鏡で見るとゆらゆらと動くらしい。 この動くに対して 東海大学出版部から出版されている藻類30億年の自然史 藻類から見る生物進化・地...

Read More…

 

台風の強風で根が切れた木

おそらく今年の台風21号で倒れてしまった木だろう。 安全を考慮して地上部は切り落とされている。 この木に近づいて見てみると、 強靭であった根がばっさりと切れていた。 根の内部に土が入り込んで、 おそらく湿気も内部にあるだろう。 ここでは有機物の分解が始まっているはずで、 今まで炭素の固定をしていた木が炭素を放出する側に回ってしまっている。 大気中の二酸化炭素の増加によって大型台風を誘発しているという説に基づくと 大型台風は更なる炭素の...

Read More…

 

花粉を中心とした生存競争

石炭紀を生きたスギナの祖先は大きかったで 恐竜が誕生する以前、 スギナの祖先にあたるシダ植物のトクサは大きかった という内容を記載した。 この情報は、 FPDM: 博物館の出版物「恐竜のくらした森 ―恐竜は花を見たか?」 恐竜は花を見たか?という本を読んだ際に知ったことで、 他にも非常に興味深い内容を知るきっかけでもあった。 花の誕生、 もっと細かく言えば被子植物の誕生こそが、 恐竜が絶滅するきっかけになったのではないか? という説がある。 生...

Read More…

 

石で敷かれた道の上の小さな生態系

とある公園の一角で、 ちょっとした隙間で草が生えているという よく見る光景がそこにもあった。 イネ科の草だろうか? ところどころに白っぽい個所がある。 近づいてみると、 やはり白いものが4個ぐらいある。 白いものはキノコだった。 このキノコはイネ科植物の枯れた葉や茎を糧に生きているのだろうか? そうであれば、 ここではちょっとした有機物の循環が出来つつあるということになる。 イネ科植物が石の隙間から発芽して、 花崗岩...

Read More…

 

高槻樫田温泉が来週で休館になるので行ってきた

昨晩、 来週に休館してしまう温泉に行ってきた。 休館する理由が今年(2018年)の大型台風(21号)で多大な被害を受けたことが原因だそうだ。 平成30年台風第21号 - Wikipedia 温泉でしかも建物は無事のように見えて、 なぜ台風の被害で休館なのか?というと、 高槻樫田温泉は大阪森林組合の施設で、 木材の伐採時に発生する伐採材を木質バイオマス燃料「ペレット」にして、 そのペレットを燃焼させて鉱泉を温めるというしていた。 高槻樫田温泉 - Wikipedia ...

Read More…

 

沈水植物が獲得した形質

前回の生活の身近にいる水草の記事で、 イネという抽水植物の水草が水田で生育するために獲得した機能が、 ROLバリアで根の先端に酸素を運ぶ形質だということを記載した。 イネの抽水植物以外に水草は他にも3種類あると定義されていて、 水草とは何だろう? 植物が完全に水中で生育している沈水植物では、 根でROLバリアが発達していようが、 そもそも葉が水の外にいるわけではないので意味がない。 沈水植物が水中で生息する上で課題だったことが何であったのか? というと、 ...

Read More…

 

シダとササのせめぎ合い

とある林の林床にて、 草がたくさん茂っていて、 しかも白が疎らな個所がある。 おそらくだけれども、 先にシダ植物が群生を形成して、 その後、被子植物で単子葉植物のササ(イネ科タケ亜科)が中心部から茂り始めたのだろう。 ササが茂り始めた個所は日当たりが良い。 日当たりが良い故に茂ったのだろう。 この写真をよく見ると 奥側にはシダの群生が広がっているので、 こうやってシダ植物は林床の日が当たりにくい場所に追いやられているのだなと。 恐竜が居た頃は...

Read More…

 

ショウガの根茎腐敗病とストラメノパイル

高知県の四万十町農業者ネットワークさんで肥料の話をしましたの際に ショウガ栽培で根茎腐敗病という病気に困っているという話題が頻繁に挙がりました。 この病気は一体何なのだろう?と気になったので調べてみることにした。 ※写真:しょうが 根茎腐敗病 : こうち農業ネットより引用 ショウガの根茎腐敗病はその名の通り、 根茎が腐敗する病気で、 フハイカビという卵菌類の感染が原因となる病気である。 フハイカビ - Wikipedia 防除に入る前に卵菌について触れ...

Read More…

 

藻類の光合成産物が深いところへと沈降する

藻類とは何だろう?の続きで、 今回は海での藻類の光合成について触れてみる。 前回、海の表層にいる微細藻類の行う光合成、 つまりは二酸化炭素の消費と有機物の生産量は、 陸上の植物らに匹敵する程の量だと推定されている。 藻類は海における食物連鎖の根本にあるため、 海の様々な生物の餌になる。 陸上の食物連鎖と異なる点として、 食物連鎖時に発生する各種有機物は二酸化炭素として大気に戻るものが一部、 海底へと沈降していくものも無視できない量あると推定さ...

Read More…

 

藻類とは何だろう?

最近、コケ、シダや藻を見ている理由として、 地球全体の二酸化炭素の収支を理解する上で光合成を把握する必要があると感じたところが非常に大きい。 大気中の温室効果ガスを減らしたい 透き通るような緑のコケの葉 シダ植物を求め、川の上流へ 光合成の明反応 他にも大きな理由があるけれども、 その内容は後日にして、今は触れないでおく。 先日、 塩類集積を起こしているハウスの中で、 陸上で生きる藻である土壌藻に触れた。 土壌藻に目を向けて 水を頻繁に与え...

Read More…

 

マツの幹の割れ目に住む地衣類たちの上のコケたち

前回、道端のマツの幹で 地衣類が幹表面にはほとんど繁殖していないのに、 幹の割れ目に沿うように繁殖していることを記載した。 マツの幹の割れ目に住む地衣類たち 前回の続きで、 複数あるマツの幹の割れ目を見てみることにした。 その内で一番目立ったものが、 地衣類が繁殖しているであろう個所に、 更にコケが生えていたこと。 おそらくこのコケたちは、 幹表面の皮が地面に落ちても生育を続けるのだろうな。 マツと言えば、 荒れ地から森へと生態系が遷移する過程...

Read More…

 

マツの幹の割れ目に住む地衣類たち

街路樹の松。 幹には上の写真のようにヒビが生えている。 このヒビをよく見ると 割れ目に沿って地衣類の菌が繁殖している。 地衣類という菌たちの巧みな生き方 割れ目以外のところを見ると、 地衣類は繁殖していない。 マツの表面には地衣類が嫌う何かがあるのか? 割れ目周辺の環境が良いのか? 木が老いると 朽ちる前から幹が比較的大きな菌の住処になるのだな とここのマツを見て思った。

Read More…

 

池の縁に落ち葉が積もる

最近、湿地に目が行く。 上の写真の湿地は落ち葉が堆積してできた湿地だ。 イネ科の草と アブラナ科のタネツケバナの仲間だろうか? 背丈が低い草が繁茂していた。 二番目の写真の個所は、 つい最近までは落ち葉が堆積していないで、 写真に写っている草が根付くことができなかった個所だろう。 流れの少ない池は、 いずれは上流からの土砂、 周辺の木々の落ち葉、 堆積した個所で発芽することができた植物たちによって、 光合成産物が堆積していずれは埋まる。 堆積...

Read More…

 

石表面を覆うコケ達とコケに根付く草たち

何度も書いているような内容だけれども、 上から常に水が流れてくる石の表面に草が生えている。 草は石表面に根付いたコケに根付いている。 いや、 根付いているというより、 コケ表面になんとかくっついているという表現の方が正しいだろうか? コケの群生に根付く植物たちに記載通り、 コケの仮根は養分吸収ではなく、自身の体を支える為に機能していると言われている。 コケは水や養分を根からではなく、 葉自身で受け止め、体内に取り込んでいるとされる。 コケはリグ...

Read More…

 

寒い時期に活発なクローバに落ち葉が積もる

オーキシンと落葉性の記事までで、 今年も毎年恒例となる落ち葉について触れてみた。 紅色の色素は光合成時に発生するこぼれ電子の回収役だとして、 その回収役が落葉と共に土へと落ち、 その色素(の成分)が土へと移行する。 これを踏まえた上で、 落ち葉に包まれたクローバに目を向けてみる。 クローバといえば、 私自身の持つイメージでは、根圏に自身にとって有用な微生物を集めるのが得意と特徴がある。 クローバの根圏で起こっていること 落ち葉に含まれる紅色の色素が回収...

Read More…