一週間程前に撮影した写真だけれども、自身の記録として投稿しておく。




クリの花も終盤に差し掛かった頃、受粉も一通り終わったあたりだろうと、改めてマジマジと見てみることにした。


おや?

開花直後には目に付かなかったものがある。


それは、




これはクリの雌花か?

前にクリの花にハナムグリが集まるの記事で、風媒花のブナ科の木と同じように雄花と雌花が離れているようなイメージで話を進めたけれども、クリの花の展開パターンはカシ等と異なるらしい。


同じ科でも花の咲き方のパターンがこんなにも異なるとは、観察眼の未熟さを痛感してしまう。