水田からの出水の溝に堆積した土のところで草がこんもりしていた。

秋の出水から今という期間によくここまで成長したなと感心する。


水田から出水する時に含まれる泥は栄養豊富なのだろう。


この草の右下あたりを見てみると、



常に水に浸かって震えている花茎があった。

仮にここでタネを付けたとしても、用水路の流れでタネはすぐにどこかに流れていってしまうのだろうな。


それもまた良しなのかもしれない。