ノゲシの花からキク科の花の未来を思うの記事で、花弁の色が白くなりかけている花のノゲシが増えているらしいということで探してみようという内容を記載した。

この記事の後から花弁の色が白くなりかけている個体を探し始めたのだけれども、なかなか見つからない。


そんな中で、



駐車場の端の割れ目から生えているノゲシが目に付いた。



集合花の外側の花弁(実際には舌状花)が脱色している。

丁子菊という別の道を選んだ菊


外側の舌状花が綺麗に脱色しているのは何故なのだろう?

とりあえず、花弁が白くなり始めているノゲシの場所を記憶してここを去った。