ブログ内検索
 

風よけとしての緑肥

近所でソルガム(ソルゴー、モロコシ)で四方囲っている畑を見かける。 ソルガムと言えば栽培終了後の土壌の団粒構造の形成が最も多いとされる緑肥で、 緑肥を使いこなす前に 支柱根は株を浮かせる程強靭な根 強靭な根によってしっかりと根付き、 この根付きによって地上部の背丈も高くなる。 背丈が高いことに合わせ、C4型光合成を行うので、 CO2の固定量も非常に多いのが特徴である。 C4型光合成の二酸化炭素濃縮 更に酸性土壌にも強く、 残留肥料も貪欲に吸収するから、 ...

Read More…

 

刈り取られたイネがひこばえとして蘇る

近所の稲作の収穫後の水田で、 ひこばえが生え始めていた。 ひこばえが獣を引き寄せる 見ての通り、 周辺は若干浸水していて土壌全体で酸素が少ない状態なのだろう。 そんな中で、 刈り取られて弱っているのに、 改めて葉を生やし生き残ろうとする執念というものは凄いものだと感心する。 このストレス環境下において、 地下部の還元状態の土壌でも守りを固めているのだろうか?と 先日投稿した植物の根への酸素の運搬とROLバリアの内容が頭に浮かぶ。 刈り取られたイネ...

Read More…

 

サイトで業者を選ぶのに、何を参考にする?

最近実家の片付けをするために、不用品を回収してくれる業者を探すということをしました。 私は早速、車の中でiphoneで検索に「不用品回収」と実家の地名「高槻」を入れて検索しました。最上位くらいに出てきた業者をピックアップしてサイトを見てみると、「いろいろ無駄を省いて業界の最安値を実現しました!」的なことが書いてあるサイトを発見しました。この言葉に惹かれた私は、早速見積を依頼することにしました。 この時、実家の植木の剪定を依頼する業者も同時に探していて、これまた上位にでてきた業者に見積の依...

Read More…

 

窒素欠乏下で奮闘する光合成細菌たち

栽培している者であれば一度は見聞きしたことがあるものに光合成細菌の話題があるだろう。 光合成は植物だけのものではなく、 細菌の中には太陽からの光を活用出来るものがたくさんいる。 By ja:User:NEON / User:NEON_ja - 投稿者自身による作品, CC 表示-継承 2.5, Link その内の一つが光合成細菌であって、 シアノバクテリア(藍藻)と呼ばれているものいる。 光合成細菌 - WIkipedia 藍藻 - Wikipedia シ...

Read More…

 

イネ科緑肥の効果、再考の再考

良い土にはふんだんに酸素が入るもの 前回の記事で 良い土にふんだんに酸素が入るのは、 良い土によって発根量が増えた草の根から酸素が漏れることに因るものではないか? という内容を記載した。 仮にこの内容が正しいとすると、 マルチムギが劣化土壌に果敢に挑む 京都市内の某法人で様々な良い効果をもたらしたネギの通路でのマルチムギの緑肥が、 土壌中の酸素の面でも素晴らしい効果を発揮しているように見えてくる。 先に今までの良い結果が下記の記事に記載されているので、 ...

Read More…

 

良い土にはふんだんに酸素が入るもの

前々から疑問に思っていたことがある。 良さは矛盾の中にある フカフカの栽培にとって良い土になって、 土の中に酸素が行き渡るということがあるけれども、 拡散のみで酸素が土の中に行き渡るのだろうか? ということ。 良い土は植物の根も土壌中の微生物も活発になるため、 土全体の酸素の消費量は増える。 このような条件下で土壌中に十分な酸素が行き渡るのだろうか? この疑問を一気に解決させてくれるのが、 先日話題に挙げたROLだった。 植物の根への酸素の運搬とROLバ...

Read More…

 

植物の根への酸素の運搬とROLバリア

小さな池の真ん中で 前回の記事でおそらくヒエの仲間と思われる草が、 水位の低い池で生育していた内容を記載した。 水位の低い湿地で生育できたとしても、 草である以上、根も呼吸するわけで、根でも酸素を要求する。 湿地で生育する有名な作物としてイネがあるけれども 背丈が整っていることのすごさと違和感 イネの根ももちろんのこと、根は酸素を要求する。 これらの湿地に強い植物は、 葉や茎から吸収した酸素を通気組織を介して根に酸素を送る機能が発達しているとされてい...

Read More…

 

Go言語でQtのQLabelを使ってみる

QLabelを使って、時間という言葉を表示してみる。 Go言語でQtのQBoxLayoutを使ってみる QLabel Class | Qt Widgets 5.11 下記のコードを入力する。 package main import ( "os" "github.com/therecipe/qt/widgets" ) func main() { app := widgets.NewQApplication(len(os.Args), os.Args) ...

Read More…

 

小さな池の真ん中で

池の真ん中あたりにヒエっぽい草が生えていた。 水の中で根付くことが出来る草は強いなとこの写真からひしひしと感じる。 このヒエにとって、 周りに競合となり得る草がいない。 このヒエっぽい草以外の草は除草されたのでは? という疑問が生じるだろうが、 根元の落ち葉等の有機物の具合を見て、 ここ最近、除草管理等をされた形跡はない。 根元で発芽している草が見られる。 もし、ここが管理されずにいると、 いずれは落ち葉が堆積して水位が下がり、 ...

Read More…

 

Go言語の構造体2

前回のパッケージの関数とメソッド周りに引き続き、Go言語の構造体周りを見ていく。 Go言語のパッケージの関数とメソッドについて Qtのコードを見ていると、NewQMAinWIndowやらSetLayoutといったNew~、Set~という記述をよく見かける。これを理解するためには、構造体の仕組みをおさらいした方がよさそうなので、もう一度構造体について詳しくみていくことにする。 Go言語でQtのQGroupBoxを使ってみる 構造体は、一つの変数にどのような値のセットをもつか厳格に決...

Read More…

 

有刺鉄線をものともしない

道沿いにフェンスがあった。 フェンスの上には有刺鉄線がはられている。 このフェンスに ヤブガラシが巻きついていた。 ヤブガラシの執念 ヤブガラシはフェンスを伝って上へ上へと伸長していく。 このヤブガラシにとってh, 有刺鉄線なんて関係ない。 有刺鉄線にも巻きつきながら上へ上へと突き進み続けた。 有刺鉄線には鳥も止まらないだろうから、 ヤブガラシにとっては物理的に切られるであろう要因も減ってパラダイスのようなところだろう。

Read More…

 

SOY Shopでクレジットマスターの対策を強化しました

クレジットカードの番号を盗む方法として最近聞くのが、 クレジットカード支払いが可能なネットショップで、 様々なカード情報を試してみるというブルードフォースアタック(総当り攻撃)のカード版のような話がある。 SOY CMSで総当たり攻撃に対応してみた クレジットマスター - Wikipedia ネットショップを設置したサーバはもちろん、 クレジットカード代行会社のサーバの負担は大きいだけでなく、 オーソリ毎に使用料が発生する代行会社のサービスを利用している場合、 ...

Read More…

 

Go言語のパッケージの関数とメソッドについて

Go言語のパッケージについてもう一度みていく。 Go言語でpackage Go言語で構造体のメソッド dir ├── main.go └── pac └── pac.go 上記のようにpacパッケージを作成し、nameとreadingフィールドを持ったPerson構造体を作成する。 この構造体に関連した関数を作成してみる。 pac/pac.go package pac//Person構造体を定義する type Person struct { name...

Read More…

 

切り株の内部を果敢に攻める草たち

公園を歩いていると、 赤丸で囲った切り株に目が行った。 なぜ切り株に目が行くか? 切り株に注目しているのは?は下記の記事にまとめてあるのでこれ以上は触れず話を進めると、 切り株は白色の菌糸によって中心から朽ちる 切り株から数本、草が生えていた。 それはもう綺麗に一本立ちしている芽生えだった。 この草は単子葉だ。 緑肥を使いこなす前に この環境は堆肥でいうところの、 木質の割合が非常に高いC/N比の高い環境になるわけで、 このような...

Read More…

 

Go言語でQtのQGroupBoxを使ってみる

Go言語でQtのQGroupBoxを使って、QFormLayoutとQGridLayoutを組み合わせた下記のような図を作ってみる。 QFormLayoutについては下記の記事に記載している。 Go言語でQtのQFormLayoutを使ってみる QGridLayoutについては下記の記事に記載している。 Go言語でQtでQGridLayoutを使ってみる QGroupBoxというのは、各レイアウトをグループ化出来るようになり、 一つのWindow内で複数のレイアウトを配置...

Read More…

 

乾燥して茶色

先日、上の写真のものを頂いた。 年季の入った切り干し大根だ。 この切り干し大根を見てふと思った。 フリー写真素材ぱくたそ ダイコンはあんなにも白いのに、 切り干し大根って茶色だよな。 この茶色というのはやっぱりリグニンなのだろうな? とこの切り干し大根を見て思った。 褐色腐朽菌のいるところではリグニンはどうなるか? 切り干し大根は干している間に水分がとんで、 白っぽい色の面積が減って茶色が目立ったのか? 白っぽいもの(おそらく繊維質...

Read More…

 

バリダマイシンA再び

酵母とトレハロースで菌の細胞内でのトレハロースの働きについて触れた。 トレハロースは菌が高ストレス環境におかれた際に、 細胞内でトレハロースを急ピッチで合成する。 トレハロースはエネルギー源であるグルコース(ブドウ糖)をつなげて、 安定な形(エネルギー源として利用しないということ)にし、 高ストレス環境で生理的に重要な酵素等のタンパクの不活性に対して、 タンパクの間に入り込んで安定な状態にする。 という働きがあった。 菌が高ストレス環境から抜けるとトレハロースは速...

Read More…

 

SOY Inquiryで悪質なお問い合わせをブロックする機能を追加しました

先日、突然お問い合わせが続いた。 お問い合わせ内容を見ると本文が空であったり、意味不明な文字列が書かれていたりと、 典型的な迷惑お問い合わせだった。 お問い合わせ元のメールアドレスのドメインを見るとqq.comで、 このドメインで検索してみると、 同じように迷惑メールや迷惑なお問い合わせで困っている方がたくさんいた。 こんなのでアプリケーションとメールのサーバのリソースが取られるものシャレにならないので、 ドメインでお問い合わせを制限する機能を設けてみた。 カ...

Read More…

 

酵母とトレハロース

植物とトレハロースに引き続き、トレハロースの話題を進める。 トレハロースというのはグルコースを2つα1-1結合でつなげた二糖で、 他の二糖を挙げてみるとショ糖(スクロース)も二糖に当たる。 スクロースはグルコースがα1-2結合で繋がったもので、トレハロースとは少し構造が異なる 糖の万能性 ショ糖と言えば、野菜や果物の甘味の話題でよく挙がる二糖だ。 揚げたニンジン、焼いたニンジンはなぜこんなにも甘いのだろう? 葉物野菜は寒さに触れて甘くなる なんでこのタイミングでトレハロー...

Read More…

 

Go言語でQtでQGridLayoutを使ってみる

Go言語でQtのQFormLayoutを使ってみるに引き続き、 Go言語で5つのボタンを表示するQGridLayoutを作ってみる。 Qtのレイアウトについては下記の記事に記載してある。 Qtのレイアウトについて package main import ( "os" "github.com/therecipe/qt/widgets" ) func main() { app := widgets.NewQApplication(len(os.Arg...

Read More…