ブログ内検索
 

米はアレルギーの原因にはならないのか?

HiCさんによる写真ACからの写真 国産小麦はグルテンの量が少ない?の記事までで、小麦の品質はグルテンの量に注目していて、栽培方法によってグルテンの量は制御可能であることがわかった。 グルテンの量は多ければ良いというわけではなく、含有率というものが重要になる。 小麦には様々な用途があって、その用途によってグルテンの含有量が異なってくる。 これらを踏まえた上で、小麦のアレルギーについて触れてみたい。 よくある話で、小麦のアレルギーということはよく聞くけれども、 ...

Read More…

 

SOY Shopで出荷予定日通知プラグインを作成しました

SOY Shopを利用している方から、 注文から即座に出荷することをウリの一つにしているサイトがあり、このウリを最大限に引き出せないか?と今注文したらいつ出荷するのかをサイトの至るところで表示したい という要望がありました。 というわけで、 営業日カレンダーと連携した出荷予定日通知プラグインを作成しました。 公開側で出力したい文言は、 出荷予定日通知プラグインの詳細画面で、営業日の午前・午後、定休日の午前・午後と4パターンで登録することが可能です。 営業...

Read More…

 

国産小麦はグルテンの量が少ない?

前回のフランスパンは他の国のパンと何が違う?の記事で、 フランスの国土から収穫できる小麦はグルテンの量が少なく粘弾性が低い為、粘弾性を低下させるような糖や油脂類をパン生地作成で使用することが出来ずにハードパンになった。 という話を記載した。 この話を見て、ふと日本の小麦もグルテン量が少なく、粘弾性が必要なパンや麺に向いていないという話を思い出した。 拙い作物学の知識を一生懸命思い出すと、確か品種の問題ではなく、日本の土質や気候の問題だったはず。 国産小麦の大きな特徴として、グル...

Read More…

 

SOY Shopノートパッドプラグインを作成しました

SOY Shopを利用しているユーザから顧客毎にメモを残したいという要望がありました。 要件を整理しているとどうやら顧客だけでなく、商品やカテゴリでもメモをしておき、簡単な引き継ぎの情報として扱いたいという要望が見えてきましたので、 商品、カテゴリや顧客の詳細画面でメモを残すことができるSOY Shopノートパッドプラグインを開発しました。 SOY Shopノートパッドプラグインを有効にした後、管理画面で商品、カテゴリや顧客の詳細画面を開くと、 画面下にメモのエリアが...

Read More…

 

フランスパンは他の国のパンと何が違う?

殺虫剤、殺菌剤を使用量を削減するためには菌根菌のことを理解する必要がある。 菌根菌の理解にはどうやらアオカビの理解が必要である可能性が高い。 ペニシリウム・ロックフォルティとラウリン酸と菌根菌 アオカビの知見はおそらくチーズと製薬で蓄積されている。 ブルーチーズで得られる知見から農薬の使用量削減を探る 3大ブルーチーズであるフランスのロックフォールはアオカビ胞子の獲得として、 ZUMさんによる写真ACからの写真をトリミング 丸パンにアオカビの胞子を付けて...

Read More…

 

SOY CMSでMySQL8系に接続できない時の対処

MySQLのバージョンを8系にアップグレードした後、SOY CMSの初期化画面(ログイン画面でもおそらく同じ)を開いたら、 データベースの接続に失敗しました。(Can not get DataSource (myqsl:********port=3306;dbname:******)というエラーが表示された。 /CMSインストールディレクトリ/admin/webapp/pages/_init/InitPage.class.phpの /** * データベースに接続できるかをチ...

Read More…

 

パンをパンらしくさせるグルテン

焼き挙がったパンがパンであるために、内側にある柔らかい部分(クラム(内相)と呼ぶらしい)に隙間がたくさんあることが重要であるはずだ。 この隙間は酵母のアルコール発酵の際に発生した二酸化炭素によって膨張することで出来た隙間であるが、膨張する為には発酵前の生地に弾力がなければ膨張する力に耐えられず構造は崩壊する。 崩壊させないために重要なのは、生地に弾力があり、内側からの力に耐えて伸びることができる事が重要となる。 この弾力はグルテンという名称でよく見聞きする。 グルテンは小麦等の胚...

Read More…

 

パン作りのアルコール発酵

ブルーチーズ用のアオカビの増殖はパンを利用するの記事で、 ブルーチーズに植え付けるアオカビ胞子はパンを培地にして事前に培養しておく というような内容を記載した。 パンはカビやすい食べ物の一つだけれども、 なんでカビやすいのか? パンはイースト菌の発酵でできるとあるけれども、そもそもの話でパンの事を何も知らないなということに気が付いた。 というわけで、個人的なメモという意味合いも含めてパンについて整理してみることにする。 ※これからの内容はパン - Wikipediaの内容を...

Read More…

 

ブルーチーズ用のアオカビの増殖はパンを利用する

ブルーチーズで得られる知見から農薬の使用量削減を探るまでの記事でブルーチーズの製造に栽培の殺虫剤や殺菌剤の削減のヒントが詰まっているかもしれないという内容を記載した。 ブルーチーズは乳酸菌等で乳を発酵した後、アオカビ胞子を添加して熟成させるチーズである。 アオカビ胞子を添加させるということは、事前に何らかの培地、もしくはカビが得意とする環境にチーズを置いて追熟するという過程があるはず。 というわけで世界三大ブルーチーズであるロックフォールの製造について見てみることにする。 /...

Read More…

 

ブルーチーズで得られる知見から農薬の使用量削減を探る

ペニシリウム・ロックフォルティとラウリン酸と菌根菌の記事で、各チーズ内の脂肪酸(ラウリン酸)の含有量に触れ、ブルーチーズが最も多いことを紹介した。 ブルーチーズはアオカビ胞子の添加→熟成によって出来たチーズで、 アオカビことペニシリウム・ロックフォルティは土壌中に普遍的にいるカビであるようだ。 Penicillium roqueforti - Wikipedia AM菌といえば、以前に椰子の実の脂肪酸と菌根菌の記事で脂肪酸のラウリン酸によって成長が活発になったという研究報告を紹介...

Read More…

 

ペニシリウム・ロックフォルティとラウリン酸と菌根菌

APUPUさんによる写真ACからの写真 殺菌剤を使用すると虫による食害被害が増加するの記事でとある植物に対して殺菌剤を使用すると、AM菌に影響を与え、植食性昆虫の被害が増加するという内容を紹介した。 殺菌剤 (農薬その他)の一覧#有機硫黄系 AM菌といえば、椰子の実の脂肪酸と菌根菌の記事で脂肪酸のラウリン酸によって成長が活発になったという研究報告を紹介した。 ラウリン酸は動物、植物ともに普遍的にある脂肪酸らしいけれども、ナタネ油かすに含まれる脂肪酸は何か?の記事で植物の種類や...

Read More…

 

Ubuntuのサーバで特定のユーザのみSSHでパスワード認証を禁止したい

表題の通り、Ubuntuを入れたサーバで全ユーザのパスワード認証を禁止するのではなく、特定のユーザのみパスワード認証を禁止して、公開鍵認証にしたい。 背景として、自身が利用するユーザは簡単なパスワードにしたいけれども、他に使用している方に鍵認証の設定を誘導するのは大変なので他の方には難解なパスワードのユーザを利用してもらいつつ、自身のみを公開鍵認証方式にしたい。 というわけで設定 公開鍵認証の手続きは下記の記事に記載があるので省略する。 SSHの鍵認証でログイン設定 SSH...

Read More…

 

落ち葉の下の草たちは落葉に何を思う

桜の葉がうっすらと色付いてきた。 いくつかの葉はすでに落ちていて、 根元の土は落ち葉で覆われている。 紅葉の色付き具合は直前までの暖かさと急な寒さといった寒暖が重要という話をよく聞く。 葉にアントシアニンを貯め込むのは寒くなっていく中で光合成を抑える為だという説があり、 気温に見合わない光合成量によって活性酸素の生成を防ぐ。 紅葉と黄葉の落葉がいずれは土に還る おそらくだけれども、色鮮やかな葉の方がフェノール性化合物(アントシアニン)をたくさん溜め込んでいるので...

Read More…

 

Ubuntu19.10でGoogle Photoでデジカメの画像のアップロードがエラーになる時の対応

Ubuntuを19.10にしたら、Google PhotoでUSBで接続したデジカメの写真のアップロードができなくなった。 Googleフォト 先に環境 OS:Ubuntu 19.10 デジカメ:OLYMPUS TG-4 ブラウザ:Chromium 78.0.3904.97 具体的にいうと、Google Photoの画面右上にあるアップロードのリンクから認識されているUSBのディレクトリを選択すると 3831-3839の内容を読み込めませんでした。 Error...

Read More…

 

宝塚中部の白い土

昨日、肥料関係で依頼があってJA兵庫六甲に行ってきた。 私はほぼ話すことがなかったので詳細のリンクを掲載するということのみにする。 JA兵庫六甲様で実地での肥料の話をさせて頂きました - 京都農販日誌 組合員の方の一人で何も育たなくて困っている畑があるということで行ってきた。 その畑というのが、 遠くからでもわかった。 土が白すぎる。 バンカーとしてソルガムを育ててもこの通り背丈が低い。 何かの知見を得られるかもしれないと速攻で地質図を...

Read More…

 

Google Analytics APIの承認で苦戦したので、承認されるまでの流れをまとめてみた

https://console.cloud.google.com/ Googleは自社サービスをAPIという形で公開していて、 Google Cloud Platform(以後GCP)というところでAPIの使用に関する設定を行うことができる。 Google Maps等はGCPで設定をして、支払い設定をしたら、承認等の手続きなしでAPIを利用することができるが、 個人情報を取り扱うようなGoogle Analytics APIでは承認の手続き無しで自身で開発したWebサービスに設置...

Read More…

 

ことねぎ会で農薬使用の注意点と冬のネギの秀品率の向上の話をしました

ことねぎ会で殺菌剤と土壌消毒の注意点と秋の秀品率の向上の話をしました。 殺菌剤の話は私で、秀品率の向上の話は非常勤で関わっている京都農販の代表取締役の木村が話しています。 ことねぎ会様で農薬使用の注意点と冬のネギの秀品率の向上の話をさせて頂きました - 京都農販日誌で今回の内容での思いを書きましたので、その内容を抜粋します。 /********************************************************************************...

Read More…

 

若草山山頂の赤い土

曽爾高原はススキの連作障害に困らなかったのだろうか?の続きで 帰りに奈良公園の若草山に寄ってきた。 若草山の駐車場から山頂へ歩く道で、 やたらと赤い土が目立つなと。 若草山山頂の地質を調べてみると、 20分の1日本シームレス地質図 約1500万円前〜700万年前に噴火した火山の岩石(安山岩・玄武岩類)と記載されていた。 安山岩が風化して出来た赤い土になるのかな? 日本列島が現在の位置に形成された頃の火山になるのね。 日本列島誕生。大陸から...

Read More…

 

殺菌剤を使用すると虫による食害被害が増加する

前回の氷核活性細菌によって昆虫の耐寒性が減るという記事で、 昆虫が葉を食す際、葉の表面にいる細菌を一緒に摂取すると、体液の凍る温度が上昇して耐寒性が減るという現象があることを記載した。 この内容を見て頭に浮かぶこととして、 作物の栽培において、 APUPUさんによる写真ACからの写真 殺菌剤を使用することで虫による食害が増えることに繋がるのではないかと。 この内容に関して興味深い話があったので紹介する。 西田 貴明 特集2 ミクロな世界からの新展開 アーバスキュ...

Read More…

 

氷核活性細菌によって昆虫の耐寒性が減る

東海大学出版 耐性の昆虫学で昆虫の耐寒性ということで、氷核活性細菌という話題があった。 水の特性として、不純物が全く入っていない水であれば、-20℃であっても凍らないが、不純物が少しでもあると融点が上昇する。 昆虫の冬眠では、胃の内容物を出し切って、体液の不純物を極力なくした状態で融点を下げて厳しい冬を越すらしい。 ここで一つ興味深い話題があって、 葉の表面に氷核活性細菌というものがいて、その菌を摂食してしまった昆虫は体液が凍結しやすくなることで耐寒性が減る。 ※氷核活性細菌を...

Read More…