ブログ内検索
 

南九州の黒ボク土

先日、南九州(鹿児島市内南部)に訪れる機会があったので、 いつもの通り、土質を確認してきた。 南九州の有村青果さん主催の勉強会で基肥の話をしました 写真を載せる前に今までの記事でこの地域の土質を確認しておくと、 (非アロフェン質黒ボク土とフィールド科学に魅せられて 肥料科学,第29号,1~62(2007)18ページの図を引用) 黒ボク土は本当に良い土なのか?後編 緑の箇所の黒ボク土なので、 アロフェン質の黒ボク土の地域となる。 黒ボク土は本当に良い土なのか?前編 ...

Read More…

 

SOY Shopの標準配送モジュールでカレンダー形式でお届け日指定を追加しました

SOY Shopの標準配送モジュールでカレンダー形式のお届け日指定のフォームをカートに設置したいという要望がありましたので、 セレクトボックス形式かカレンダー形式かを選択できる設定を追加しました。 ※もちろんお届け日指定のフォームを設置しないという設定も可能です。 SOY Shopの標準配送モジュールでは、 カートの配送方法の指定の画面で、お届け日の指定のフォームを出力することができ、 上のキャプチャのようにセレクトボックス形式での出力でした。 SOY Sho...

Read More…

 

南九州の有村青果さん主催の勉強会で基肥の話をしました

南九州の有村青果さん主催の勉強会に呼ばれ、 京都農販として肥料の話と黒ボク土についての話をしました。 南九州の黒ボク土はたくさんの良さがあるのに対して、 アルミニウム障害が発生しやすいという悪さも目立つ土質であるので、 障害周りの話を重点的に、 その障害を回避するために有効であることを主題として話をしました。 京都という栽培しにくい環境から見たら喉から手が出る程欲しい土質です。 今回の話で少しでも秀品率や作業性の向上のお役になれば幸いです。 関連記事 黒ボク土は...

Read More…

 

電柱の根元での住み分け、咲き分け

信号待ちの時、 ふと信号の柱の根元に目がいった。 いつもどおり根元に草が生えていたんだけど、 真ん中にエノコロ、 外に向かってメヒシバ(赤い枠)が展開していた。 今まで気にしてなかったけれども、 よくよく考えるとメヒシバって倒れるように花を展開していたな。 小さな隙間が得意な奴はしなやかに生きてる 群衆で花を咲かせるエノコロと、 倒れるように花を咲かせるメヒシバ。 集まるとこんな風に花を展開するんだね。 他のところを見てないから、 ...

Read More…

 

夏の猛者たち

先日(クズの躍進)までの記事で、 マメ科のクズはすごい! 背丈の高い植物は巻き付いてより高い位置を占拠するか、 高い植物を巻きついて倒し突き進むか。 他の植物が生息できないような箇所に積極的に伸ばして光合成を行うため、 クズは半端なく強いということを記載した。 このクズの脅威はどこであれば避けることができるのか? 河川敷の川の水ギリギリのところを浮いていても、 クズは容赦なくやってきて巻き付き倒す。 この川ではないのだけれども、 ふと目に付...

Read More…

 

クズの躍進

とあるコンクリートの壁 一本のつるが壁に沿って生えている。 よく見ると、 クズが上から下に向かって伸長していた。 上にはクズ以外の植物のいたけれども、 上や中間にいる草はどれも必死に上を向こうと重力に抗っていた。 重力に抗った植物はどれもクズ程伸長できずにいる。 壁に沿って下降できるクズは、 他の植物と異なり今回のような環境においても伸長し続けられる。 重力という万有引力に抗わない。 これは一見すると植物間の受光の競争に負けるこ...

Read More…

 

オギとクズのせめぎ合い

河川敷におそらくオギだろう草が群生している。 写真では高さはわからないが人の身長は超えている。 この写真の右下にクズの群生がいる。 強さは高く広く展開すること 先日の記事でキク科の強靭な茎を持つ草に巻き付き、 こんもりと展開しているようなクズを紹介した。 このクズがオギの群生の付近では大人しくしているように見える。 がしかし! オギの群生の一箇所でオギが倒れている箇所がある。 よくよく見てみると、 クズがオギに巻き付き、 ...

Read More…

 

JA京都にのくにさんの万願寺甘とう中間検討会で肥料の設計の話をしました

表題の通りですが 京都農販としてJA京都にのくにさんの万願寺甘とう中間検討会で肥料の設計の話をしました JA京都にのくに 長期栽培、特に果菜類では、 栽培開始前の塩類の濃度をどれだけ意識するか?で 収穫が開始する頃の秀品率に大きく関わるものだと予想しています。 施肥設計前に土壌分析を取られているということで、 その分析を活かせるように各項目の数値によって、 栽培開始後にどのような影響を与えるか?の説明をさせていただきました。 今年は例年と比較して暑さという厳しさも秀...

Read More…

 

強さは高く広く展開すること

河川敷でクズの群生を見かけた。 いやいや、写っているクズはこんもりと展開しているように見えるけれども、 クズで囲まれたところには、 ごつい枝の生やし方 線路や畑で存在感を発揮していたこの植物の仲間がいて、 強く細く一本立ちしているが故、 巻き付くことができる植物の良い標的になっている。 で、再び見るけれども、 こんな感じ。 近くに同じようにクズに巻き付かれた植物がいて、 こんな感じ。 葉の展開が横方向に広がって...

Read More…

 

小さな隙間が得意な奴はしなやかに生きてる

土手の縁によくある石垣みたいな箇所 この石の間のちょっとした隙間から草が生える。 このちょっとした隙間から草が生えるのはすごいと思う。 この草だけど、 直立型の草だった場合は、こじんまりと生えているけれども、 茎が柔らかい、 茎をつると呼ぶような草の場合は、 石を覆うように茂ることができてる。 基本的に茎がしっかりした草の方が強靭というイメージになるけれども、 ちょっとした隙間から生えた草は茎がしなやかな方がタフだな。 環境によって得意不得...

Read More…

 

Apache2.4.27の標準設定ではHTTP/2が使用できなくなったのでその対応

現在稼働中のサーバのApacheのバージョンを2.4.27にアップグレードしたら、 HTTP/2が使用できなくなっていた。 Apacheの使用を確認すると、 Apache2.4.27からMPM(マルチプロセッシングモジュール)の設定がpreforkであるとHTTP2の設定を無効するように仕様が変更されたらしい。 マルチプロセッシングモジュール (MPM) - Apache HTTP サーバ というわけで、 MPMをpreforkからworkerに変更して、 再びHTTP/2...

Read More…

 

猛者が点々と居る

ごつい枝の生やし方の続き 線路という過酷な環境でも植物は必死に生きている。 ここね。 ちょうど線路と線路の間で、電車が通過しない箇所に二株いる。 左は こうで、右は いやいや、 右側は脇芽で広がっているのではなく、 三株が密集しているのかな? 右の方は3つの枝のそれぞれが花を咲かせているので、 一本の茎から発生した二本の枝というわけではなさそうだ。 線路という過酷な環境は 夏の草たちの攻めぎ合い 畑という快適な...

Read More…

 

SOY CMSとSOY Shopで置換文字列生成プラグインを作成しました

SOY CMSとSOY Shopで任意の置換文字列を生成したいという要望がありましたので、 SOY CMS/Shopの両方で置換文字列生成プラグインを作成しました。 今回対応分を含んだパッケージは下記のサイトからダウンロード出来ます。 https://saitodev.co/soycms/ https://saitodev.co/soycms/soyshop/

Read More…

 

ごつい枝の生やし方

線路沿いというのは不思議に満ち溢れている。 茎の先端が線路に触れてしまった植物の末路 早速だけど、 これね。 なんかごつい。 何がごついのか?をマジマジと考えてみると、 中段あたりで一度枝がたくさん発生していて、 中段よりも下の葉が萎れている。 ここまでは良しとしよう。 更に 状ウダンでもう一度枝が集中して発生している箇所がある。 こんなにも枝を発生させているにも関わらず、 一本立ちでしっかりと直立している。 強靭...

Read More…

 

SOY ShopでSOY CMS連携プラグインを作成しました

SOY CMSでは、SOY ShopやSOY Mailといったアプリとシームレスに連携できることがウリなわけで、 今までもシームレスに連携することで複雑な機能を持つサイトを簡単に構築する手段を紹介してきました。 SOY CMSとSOY Shopで有料ブログを運営してみよう SOY CMSとSOY Shopで販促ブログ付きのネットショップを運営してみよう ネットショップ用CMSはカタログサイトの構築にも向いている 話は変わって、 先日、SOY CMSの標準ページで任意の...

Read More…