カテゴリー : 勉強会・講演

ブログ内検索
 

高槻の原生協コミュニティルームでレンゲ米栽培の観測の報告会を行いました

高槻の原生協コミュニティルームでレンゲ米栽培を通して得られた知見の報告会を行いました。この報告会の背景には、知人の紹介で知り合った方がレンゲ米をされていて、その方が田植え前のレンゲ以外全て隣の田の方の栽培を真似ているという観測の好条件が整っているという幸運に恵まれ、しかもその田が毎日通っている道沿いという更に観測の条件が整ったという奇跡的な環境であったという事がありました。観測していたレンゲ米栽培の田が無事に収穫を迎えたそうです作中、レンゲ米栽培の田の方で不安になるような生育が何...

 

京葱SAMURAI株式会社さんで秀品率の向上の為に意識すべきことの話をしました

京葱SAMURAI株式会社さんの勉強会の講師として呼ばれまして、秀品率の向上の為に意識すべきことの話をしました。最近、急速に理解が進んだ菌根菌の研究報告を元に、殺菌剤を使うことで虫による食害が増え、虫害により病気の感染のリスクが増える可能性の話から、殺菌剤を極力使用しない方法の模索や、止むを得ず殺菌剤を使用しなければならなくなった時にどのように作物をケアするのか?といった話をしました。ヨトウという難題を解決するためには、おそらく殺菌剤から着目すべきだと予想していることもお伝えしました。 ...

 

高槻の原生協コミュニティルームで緑肥の話をしました

大阪府高槻市の原地区にある生協さんのコミュニティルームで緑肥の話をしました。今回の話のきっかけは発起人の方が地域の方から引き継いだハウスが塩類集積によって秀品率が低下していた土で、直近でどのような対策をすれば良いか悩んでいたということが背景にあり、緑肥の活用事例も踏まえて、たくさんある緑肥の中からどのように選択したか?の知見を知りたいということで依頼がありました。植物ホルモンから再び牛糞堆肥による土作りの価値を問う昨今の農業の人手不足は畑の酷使による土壌劣化から秀品率が低下して、...

 

長崎地区青年農業者連絡協議会で土壌分析の活用の話をしました

長崎県県央振興局から講師の依頼のお問い合わせがあり、長崎地区青年農業者連絡協議会で土壌分析の活用の話をしました。20万分の1日本シームレス地質図長崎は市の東には島原(雲仙)があり、徐々に良くなっている土がありつつ、南には栽培しにくい土が分布している地域でして、島原から赤土を他の地域に運んで、赤土客土で成果を出しているという地形をうまく活用した栽培が比較的多いそうです。土と向かい合い向上する地域と下落する地域それ故、栽培に関する情報が積極的に飛び交っていて、...

 

アグリガーデンスクール&アカデミーさんで土壌インベントリーの活用の話をしました

旧福岡県立朝倉農業高等学校内で創設されましたアグリガーデンスクール&アカデミーさんから基調講演の依頼があり、日本土壌インベントリーの活用の話をしました。アグリガーデンスクール&アカデミー日本土壌インベントリー肥料の話から土の三相分布に触れた後に日本土壌インベントリーと日本シームレス地質図を見ながら、自身で栽培されている地域がどんなところなのか?に触れました。日本土壌インベントリーはこれから畑を探す方はもちろん、視察先の栽培が、栽培者の技術に依るものなのか?もしくは土が良くて土...

 

JA京都やましろで肥料の話をしました

JA京都やましろの組合員さん向けに肥料の話をしました。砂質土が多い地域ということもありまして、腐植を意識することを重点的に話をしました。JA京都やましろ様で肥料の話をさせて頂きました - 京都農販日誌

 

ことねぎ会で農薬使用の注意点と冬のネギの秀品率の向上の話をしました

ことねぎ会で殺菌剤と土壌消毒の注意点と秋の秀品率の向上の話をしました。殺菌剤の話は私で、秀品率の向上の話は非常勤で関わっている京都農販の代表取締役の木村が話しています。ことねぎ会様で農薬使用の注意点と冬のネギの秀品率の向上の話をさせて頂きました - 京都農販日誌で今回の内容での思いを書きましたので、その内容を抜粋します。/********************************************************************************...

 

JAからつのうまかねぎ部会全体会議で肥料の話をしました

佐賀県のJAからつのうまかねぎ部会全体会議で基肥の話をしました。唐津は全体的に砂質土壌であるが故、秀品率を高める要素の腐植が効きにくいと予想され、各地を歩いて得た知見がうまくマッチして秀品率の向上に繋がることになれば幸いです。JAからつのうまかねぎ深い全体会議で肥料の話をさせて頂きました - 京都農販日誌

 

小滝の夜学で美味しい米の話をしました

二年前に訪れました長野県下水内郡栄村小滝集落の夜学の集まりで小滝集落で穫れた米が何故美味しいのか?というテーマの話をしました。長野の栄村小滝集落の米づくり前編何故美味しいのか?とありますが、実際に美味しさの決定打は難しい内容ですので、美味しさに関与しているであろう環境条件を整理して報告するという形式にしています。環境を整理すると品質を更に向上できる個所というのが見えてきて、向上の為に意識した方が良い点も合わせて話をしました。小滝の夜学で美味しい米の話を...

 

こと京都株式会社さんで病気の話をしました

※写真は京都農販の木村が私が一通り話し終わった後に葉枯病の感染後に出来る事の話をしている時のものですこと京都株式会社さんの社内研修の一環として病気についての話をしました。はじめに朝倉書店 新版農薬の科学の殺菌剤の章にある作用の概要を眺め、殺菌剤という名前から連想される作用の農薬が実は非常に少ないという話をし、病気の感染経路の話を経て、病気にさせない、早期発見の重要性の話をしました。最後に病気が発生した畑で、次作はどういうことを意識すれば良いか?を皆さんに考...

 

JA筑前あさくらで肥料の話をしました

福岡県のJA筑前あさくらの組合員さんと唐津の農業を良くする為の会合で、普段の勉強会で話している肥料の内容の話をしました。各地に訪れブラッシュアップした土と肥料の事が筑前の農業の発展に少しでもお役に立てればと思います。JA筑前あさくら様で肥料の話をさせて頂きました - 京都農販日誌

 

JAからつで肥料の話をしました

佐賀県のJAからつの組合員さんと唐津の農業を良くする為の会合で、普段の勉強会で話している肥料の内容の話をしました。各地に訪れブラッシュアップした土と肥料の事が唐津の農業の発展に少しでもお役に立てればと思います。JAからつ様で肥料の話をさせて頂きました - 京都農販日誌

 

JA兵庫六甲の農業青年会議阪神支部の研修会で肥料の話をしました

JA兵庫六甲の農業青年会議阪神支部の研修会で肥料の話をしました。参加されていた方の多くが果菜を栽培していて、果菜は追肥による品質管理が目立つけれども、土の状態を見直して栽培自体を楽にしないと、追肥の品質管理の質を上げることは出来ません。今回の話が皆様の何らかのヒントになれば幸いです。JA兵庫六甲の農業青年会議阪神支部研修会で肥料の話をさせて頂きました - 京都農販日誌

 

JA愛知北の青年部会で肥料や緑肥の話をしました

当ブログの読者の方がきっかけで、JA愛知北の青年部会の研修会の講師依頼のお問い合わせがあり、肥料と緑肥の話をしました。緑肥をされている方が多く、エンバクが期待した結果にならなかったとか、今がソルゴーの刈り時なのか?といった話題が挙がり、より成果を上げる為の工夫等の話が挙がりました。関連記事マルチムギが劣化土壌に果敢に挑むJA愛知北の青年部会で肥料の話をさせて頂きました - 京都農販日誌

 

こと京都株式会社さんで土壌分析の活用の話をしました

※写真は京都農販の木村 土壌分析の結果から栽培時にどのような問題が起こるか?の予想の話をしていること京都株式会社さんの社内研修の一環として土壌分析の活用についての話をしました。土壌分析の各項目の確認と肥料の組み合わせによる改善の話をした後、実際の土壌分析の結果をもとに改善をしない状態で作付けを行った場合にどのような問題が発生するのか?の確認を行いました。土壌分析の結果というのは作付け前に不足している養分を補う為に使うものではなく、栽培しやすい土壌に近づいているかの確認...

 

広島の倉橋島のトマトのグループの方向けに肥料の話をしました

広島県呉市の倉橋島のトマト(お宝とまと)のグループの方向けに肥料の話をしました。20万分の1日本シームレス地質図倉橋島は島全体が山陽の花崗岩(ピンク色の個所)で構成された島で、真砂土そのものの土壌が広がっている地域で、水や肥料分が流れやすいという特徴がある土壌になる。このような土壌でどのような点に意識をしながら基肥の設計を行うべきかという話をしました。関連記事浦富海岸で大きな花崗岩と出会う花崗岩から真砂土へ花崗岩...

 

つくばのHATAKEカンパニーさんで黒ボク土での栽培についての話をしました

つくばのHATAKEカンパニーさんで午前中にほ場巡回と午後にアロフェン質黒ボク土での施肥設計の話をしました。巡回したほ場の土質は腐植質厚層アロフェン質黒ボク土に分類され、腐植を豊富に含んだ層が厚く、物理性や化学性に富んだ表土が深いことが特徴ではあるが、活性アルミナの問題も発生しやすいというデメリットもある。黒ボク土の活性アルミナ対策としてのリン酸施肥アロフェン質黒ボク土の良いところと悪いところを意識していただいた上で、肥料でどこまで栽培環境の向上が...

 

JA遠州中央の白葱部会で土作りや発根促進についての話をしました

JA遠州中央の白葱部会で肥料の話をしましたに引き続き、静岡県のJA遠州中央の白葱部会の方向けに土作りや発根促進についての話をしましたJA遠州中央砂質という土作り系の肥料が効きにくい環境において、技術面でのサポートとして葉面散布についての事例も紹介しています。※葉面散布は京都農販の木村が説明秀品率の向上に貢献できれば幸いです。JA遠州中央の白葱部会で土作りや葉面散布の話をさせて頂きました - 京都農販日誌

 

こと日本株式会社さんで肥料についての話をしました

こと日本株式会社さんの社内研修の一環として肥料についての話をしました。日本のねぎの専門商社 | こと日本株式会社他に肥料に記載されている成分名から効きや残留性の予想についての話もしました。酸の強さ即効性の窒素分として尿素を選択する意義こと日本株式会社様で肥料についての話をさせて頂きました - 京都農販日誌

 

安満遺跡公園で高槻の土についての話をしました

高槻の安満遺跡公園の工作室で高槻の土を攻略するという題で土についてわかっていることの話をしました。話はセミナーの一日前に戻って、前日にファームプロさんを高槻の本山寺まで案内しました。株式会社ファームプロ – 消費者と農業者とが関わり合う社会を目指し、 「農」の価値向上のために様々なサービスを開発していきます本山寺といえば、砂岩や泥岩の層の間に海底火山の跡である枕状溶岩が観察できる場所で、母岩によって風化した後に形成される土の差が非常にわかりやすく、土を...

 

南九州の有村青果さん主催の勉強会で肥料の話をしました

鹿児島県南九州市頴娃町で営農されている有村青果さん主催の勉強会で肥料の話をしました。南九州の有村青果さん主催の勉強会で黒ボク土の話をしましたキャベツで寒腐れやカルシウム欠乏に困っていたり、収穫適期を長くしたい、もしくははやく出荷したいという要望がありました。はやい出荷以外は、作物が環境から受けるストレスを緩和することによって、改善されることが多いので、作物のストレス緩和を主題として、作物が何からストレスを感じていて、そのストレスを緩和する為に肥料で何ができるか?を...

 

こと京都株式会社さんで栽培にとって良い土の話をしました

こと京都株式会社さんの社内研修の一環として栽培について良い土についての話をしました。土がよろしくないところでの栽培は追肥の頻度が上がり、一反あたりの管理時間が上がってしまいます。栽培向きの土へと変わっていくと土が栽培を助けてくれ、一反あたりの管理時間が徐々に下がっていきます。良い土が増えてくると秀品率が増えつつ、管理出来る畑の枚数を増やす事が出来るので、より良い作物をより多く市場に出荷出来るようになります。上記のような状態に少しでも近づける為に貢献できれば幸いです。 ...

 

佐賀県唐津市の栽培者の方向けに肥料等の話をしました

昨年ブログの読者の方からのお問い合わせで繋がりました佐賀県唐津市のハウスミカンの方から今年もということで、ハウスミカン、ミズナやネギの栽培者向けの肥料の勉強会の話をしました。佐賀のハウスミカンの栽培者の方向けに塩類集積等の話をしました土壌分析と肥料から京都農販の栽培の指標として用いている発根量に関する現在わかっていることまでの話をしました。生育状況の確認と発根促進に関すること - 京都農販日誌佐賀県唐津市の栽培者の方向けに肥料についての話をさせて頂きました - 京都農販日...

 

京都八幡のとらこ株式会社さんで緑肥の活用の話をしました

京都八幡のとらこ株式会社さんで堆肥の有効活用の話をしましたに引き続き、京都の八幡で営農されているとらこ株式会社さんで社内研修の一環として緑肥の活用についての話をしました。前回の堆肥の話に引き続き、過剰になったリン酸量をどのように緑肥で改善するか?京都市内での緑肥の活用事例といった内容になります。とらこ株式会社様で緑肥の活用についての話をさせて頂きました - 京都農販日誌

 

京都八幡のとらこ株式会社さんで堆肥の有効活用の話をしました

京都の八幡で営農されているとらこ株式会社さんで社内研修の一環として堆肥についての話をしました。京都市内の栽培環境は土質や気候の面で恵まれていない土壌が非常に多く、それ故、作物の調子を瞬時に判断出来、適切な管理を行える方が多いと感じています。堆肥が効きにくい地域柄ということもありまして、堆肥のパフォーマンスを高める為にどのような工夫をしているのか?を重点的に、更に年々増え続ける降雨量に対して、堆肥と合わせて被害を軽減出来た事例の話をしています。と...

 

山梨県甲府市の農業者向けの勉強会で黒ボク土での栽培の話をしました

山梨県甲府市の農業者向けの勉強会で講師として呼ばれ、肥料と黒ボク土での栽培の話をしました。甲府市はアロフェン質黒ボク土が多い地域で、黒ボク土は元から排水性、保水性やCECは高いけれども、作物が活性アルミナ障害を受けやすいという特徴がある。黒ボク土は本当に良い土なのか?前編活性アルミナの障害や発生の原因の話から、手持ちの肥料でどのように解決しながら秀品率を高めるのか?という視点で話をしました。黒ボク土の活性アルミナ対策としてのリン酸施肥山...

 

JA遠州中央の白葱部会で肥料の話をしました

静岡県のJA遠州中央の白葱部会の方向けに肥料の話をしました。JA遠州中央砂質土壌で成果を挙げる為の基礎知識から、京都であった黒腐れ菌核病の伝染を止めた話の背景等の話をしました。京都市内で起こったすごいこと秀品率の向上に貢献できれば幸いです。JA遠州中央の白葱部会で肥料の話をさせて頂きました - 京都農販日誌

 

京のこだわり旬野菜の会で有機JASで使える資材についての話をしました

京都市産業観光局西部農業振興センターで開催された京のこだわり旬野菜の会で有機JASで使える資材についての話をしました。持論として、慣行栽培は有機栽培の有機物を活用する術を、有機栽培は慣行栽培の様々な種類の肥料や農薬を活用する術と、お互いの特徴を取り入れることで双方とも秀品率が格段に向上すると考えているため、京都農販の木村からの有機JAS肥料の各々の話をする前に普段生産法人様向けに話をしている土壌分析からの施肥設計の話をしました。有機栽培で、もっと(...

 

舞鶴の万願寺唐辛子等の栽培者向けに土壌分析と施肥設計の話をしました

京都北部の舞鶴の万願寺唐辛子やイチゴ等の栽培者向けに土壌分析の各値を元にした肥料の話をさせて頂きました。勉強会は私の他にも内容があり、当日の詳細は下記のページにあります。舞鶴の万願寺唐辛子等の生産者向けに現場巡回と勉強会をさせて頂きました - 京都農販日記

 

京都八幡の渋谷農園さんの研修会で緑肥についての話をしました

先月の京都八幡の渋谷農園さんの研修会で基肥と追肥についての話をしましたから少し日が空きましたが、三回目の社内研修会として緑肥の話をさせて頂きました。初回からの土について肥料で出来ること土壌分析から施肥設計を考えるに引き続き、緑肥で与えすぎた肥料分を如何に回収するか?であったり、緑肥の力を借りて栽培環境を向上するというものを追加して、良い土とは?について意識する機会が増えることに貢献出来れば幸いです。

 

高知県の四万十町農業者ネットワークさんで肥料の話をしました

ブログの読者から京都農販のお問い合わせ経由で高知県の四万十町農業者ネットワーク(生姜部会含む)で講師の依頼がありました。内容は肥料を用いて土を良くすることの背景と、提案する肥料の背景にある考え方の話をしました。今回訪れた四万十町は生姜の出荷量が日本一の地域で、栽培から出荷まで様々な要素で真剣に取り組まれていて、今回の内容が栽培の方で皆様の取組において少しでもお役に立てることが出来れば幸いです。

 

京都八幡の渋谷農園さんの研修会で基肥と追肥についての話をしました

先週の京都八幡の渋谷農園さんの研修会で土と肥料についての話をしましたの引き続き、非常勤として関わっている京都農販で京都の八幡市で営農されている渋谷農園さんから研修会の依頼があり、基肥と追肥の話をしました。肥料袋の保証表に記載されている水溶性やく溶性が各々の局面でどのように活用できるか?を説明した上で、基肥と追肥の話を展開しました。次回は前作で与えすぎた肥料とどのように付き合っていくか?を主題に緑肥の話をする予定です。

 

京都八幡の渋谷農園さんの研修会で土と肥料についての話をしました

非常勤として関わっている京都農販で京都の八幡市で営農されている渋谷農園さんから研修会の依頼があり、土と肥料の話をしました。肥料に記載されている各種値の読み方から、それをどう土作り反映していくか?ということを主題で話をさせて頂きました。次回は基肥と追肥の話をする予定です。

 

佐賀のハウスミカンの栽培者の方向けに塩類集積等の話をしました

ブログの読者の方からのお問い合わせで、佐賀のハウスミカンの栽培者向けの肥料の話をさせていただきました。果樹自体ははじめてでしたので、露地栽培と果樹の栽培の共通であろう塩類集積の話としてまとめ話をさせていただきました。塩類集積土壌でも平然とたたずむスベリヒユ今回の機会により果樹のことを色々と調べましたので、勉強会後のハウスの見学も含め、明日以降のブログで詳細をまとめることにします。

 

株式会社エヌエスHATAKEファームさん向けに施肥設計の話をしました

パクチーを主で栽培されている株式会社エヌエスHATAKEファーム様向けで京都農販として肥料の施肥設計の話をしました。(株)HATAKEカンパニー | ベビーリーフ・レタスミックス、葉物野菜、ハーブ、根菜のHATAKEカンパニー普段お話をさせていただいています基肥設計の背景にある考え方の話をしました。施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせるイネ科緑肥の効果、再考今回の話で秀品率の向上につながることができれば幸いです。

 

淡路島のアイ・エス・フーズさんの社内研修で予防と緑肥の活用の話をしました

兵庫県の南あわじ市で営農されているアイ・エス・フーズさんの社内研修で、京都農販として予防と緑肥の活用の話をしました。淡路島の青葱 | アイ・エス・フーズ株式会社 [Island Service Foods]淡路島のアイ・エス・フーズさん主催の勉強会に呼ばれ肥料の話をしました病気の予防の意味合いとして利用できる肥料と京都市内で成果の出た緑肥の活用方法の話をさせていただきました。施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせるイネ科緑肥の効果、再考今回の話で秀品率...

 

宮城県の肥料関係者向けに施肥設計の話をしました

京都農販のアドバイザーとして、宮城県の肥料関係者向けの施肥設計の話をしました。普段お話をさせていただいています基肥設計の背景にある考え方の話をしました。施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせるお互いに向上できればと思います。

 

京都の久御山の生産法人向けの勉強会で施肥設計の話をしました

京野菜や野菜苗を生産販売している村田農園さん主催の京都の久御山の生産法人向けの勉強会を開催していただき、京都農販として肥料の施肥設計の話をしました。普段お話をさせていただいています基肥設計の背景にある考え方の話をしました。施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる今回の話で秀品率の向上につながることができれば幸いです。

 

菜園ナビさんのオフ会で肥料の話を続きをしました

昨月末に菜園ナビさんの公式イベントで基肥の話をしましたが、30分では足りないということで有志で再びセミナーを開催していただきました。菜園ナビ公式イベント『楽しく学ぼう!第2弾 in 関東』で基肥の話をしました内容は水溶性とく溶性の肥料の違いから、基肥と追肥はどのように考えるべきか?く溶性苦土の水溶性化もし追肥に向いていない水溶性の肥料で基肥を構成したら、作物はどのような生育をして、その生育から秀品率にどのように影響するだろうか?という構成にしました。 ...

 

菜園ナビ公式イベント『楽しく学ぼう!第2弾 in 関東』で基肥の話をしました

菜園ナビ公式イベント『楽しく学ぼう!第1弾 in 関西』で基肥の話をしましたに引き続き、九州の農機具メーカのオーレックさんが運営する菜園ナビさんの5周年イベントで基肥の話をしました。株式会社オーレック [ OREC CO.,LTD. ] 草刈機・管理機・耕うん機・運搬車の製造販売菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター前回同様、昨年の夏頃にあったネギの栽培の話と施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる昨年に訪れた長野県栄村小滝集落で出会った高...

 

菜園ナビ公式イベント『楽しく学ぼう!第1弾 in 関西』で基肥の話をしました

九州の農機具メーカのオーレックさんが運営する菜園ナビさんの5周年イベントで基肥の話をしました。株式会社オーレック [ OREC CO.,LTD. ] 草刈機・管理機・耕うん機・運搬車の製造販売菜園ナビ|家庭菜園ナビゲーター昨年の夏頃にあったネギの栽培の話と施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる昨年に訪れた長野県栄村小滝集落で出会った高品質な米の栽培から、台風でも倒伏しないイネ土地資源と植物性有機物の活用の話をさせていただきました。...

 

あぐり翔之屋さんの社内研修で予防の話をしました

あぐり翔之屋さんの社内研修で肥料の話をしましたに引き続き京都の木津川市でネギの栽培をされているあぐり翔之屋さんで病気の予防の話をさせていただきました。質疑応答で様々な農薬の話題が挙がりましたが、都度、構造や作用の報告を探して読んでみると、金属酵素の阻害のものがチラホラと見られます。金属といえば、I-W系列を頭に浮かべるとわかりやすいということで、星屑から生まれた世界 - 株式会社 化学同人しょっちゅう紹介している上記の本は、これから農学を学...

 

九条ねぎの京都知七さんの社内研修で病虫害の予防の話をしました

九条ネギの知七さんの社内研修会で、病虫害の予防の話をしました。九条ねぎの京都知七さんで社内研修の復習をしました病虫害の予防について、植物がどのように免疫を獲得するのか?免疫を誘導することが報告されている肥料はあるのか?このような視点で話をしています。土作りから免疫の発現はどれも秀品率や品質の向上に関わるため、高品質な作物を収穫しつつ、防除にかかる費用が削減できれば幸いです。

 

南九州の有村青果さん主催の勉強会で黒ボク土の話をしました

※写真は前回のものを使用しています南九州の有村青果さん主催の勉強会で基肥の話をしましたの復習ということで、黒ボク土に関係する粘土鉱物のアロフェンについての話をさせていただきました。アロフェンは日本の農学の歴史において重要な要因で、メリットもデメリットも大きな粘土鉱物になります。歴史的な話と実際に秀品率が挙がった実績の紹介をしました。関連記事黒ボク土は本当に良い土なのか?後編

 

宮城県遠田郡涌谷町のうじいえ農場さんの社内勉強会で病害虫対策の話をしました

宮城県遠田郡涌谷町で営農されているうじいえ農場さんに社内勉強会で、京都農販として病害虫対策の話をしました。宮城県遠田郡涌谷町のうじいえ農場さんの社内勉強会で土壌の物理性の改善の話をしました虫や病気の問題のどちらも各々の生物の得意な生育環境のもとで爆発的に問題化するわけで、得意な環境を予め潰しておくといった予防の大切さと、予防した上で防除に入るという姿勢の話をしました。虫害や病気は発生してから農薬で対処するのではなく、農薬はあくまで侵攻を止めるだけで治療の効...

 

社会人・学生向けプログラミング教室でHTML Serviceの勉強会を行いました

社会人・学生向けプログラミング教室でGoogleスプレットシートの拡張の勉強会を行いましたの続きで、HTML ServiceとGoogleドキュメントとの連携でできる事を行いました。Google Apps ScriptのHTML Serviceを試してみたGoogle ドキュメント - オンラインでドキュメントを作成、編集できる無料サービスGoogleドキュメントでUIをどこまでカスタマイズできるのか?可能性を確認した上で業務改善の検討会等で新たなアイディアが生ま...

 

淡路島のアイ・エス・フーズさん主催の勉強会に呼ばれ肥料の話をしました

兵庫県の南あわじ市で営農されているアイ・エス・フーズさん主催の勉強会に呼ばれ、京都農販として肥料の施肥設計と便利な肥料の話をしました。淡路島の青葱 | アイ・エス・フーズ株式会社 [Island Service Foods]普段お話をさせていただいています基肥設計の背景にある考え方と、病気の予防の意味合いとして利用できる肥料についての話をさせていただきました。施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる酸素供給剤を試した方から葉物野菜は寒さに触れて甘くなる...

 

こと京都さんの社内研修で病気の予防の話をしました

二週間前のこと京都さんの社内研修で物理性の向上と緑肥の話をしましたの続きで、こと京都株式会社さんの社内研修で病気の予防の話をさせていただきました。予防に関しては私にとっても京都農販にとってもノウハウがあるわけではなく、現在進行系でわかっていること、つまりはどのような論文があるのか?を探してまとめて欲しいということが要望であって、ネギの軟腐病菌を主題として、予防はどのように考えられているのか?をまとめた話になっています。軟腐病菌の侵攻を止めるには?ネギで...

 

京都市肥料講習会で基肥と予防の話をしました

昨年の京都市肥料講習会で家畜糞堆肥での土作りの注意点の話をしましたに引き続き、今年も講習会の講師として京都農販を選んで呼んでいただき、京都市内の農家、京都市の職員向けの肥料の勉強会を行いました。今年はアミノ酸肥料の要望がありましたので、いつもの基肥設計の背景にプラスアルファとして、秀品率向上 + 予防的意味合いのある酸素供給剤とアミノ酸肥料の話をしました。基肥設計で株を丈夫にし、便利な肥料で病原菌を弱めたり、免疫を向上させて、さらなる秀品率の向上を目指す内...

 

あぐり翔之屋さんの社内研修で肥料の話をしました

京都農販として、京都の木津川市でネギの栽培をされているあぐり翔之屋さんで施肥設計の話をさせていただきました。いつもの施肥設計の考え方にプラスして、あぐり翔之屋さんでは非常に丁寧な栽培をされていて、その栽培を植物の特性まで掘り下げると、どのような良い影響を与えているのか?ということを話しました。あぐり翔之屋の紹介記事納得できる品質へ 休耕田中心に「九条ねぎ」周年栽培 - きょうとのNOSAI関連記事施肥設計の見直しで農薬防除の回数は確実に減らせる


Powered by SOY CMS  ↑トップへ