カテゴリー : おいしい水

ブログ内検索
 

米の美味しさは水の綺麗さというけれど

清水っ粉は規格品の米を粉状にしている。高槻市清水地域産米粉の清水っ粉の記事で、高槻で最も注目していた取り組みの方に出会うことが出来たことを記載した。ここで話題に挙がったこととして、地域の米の食味が向上した時、それが米粉の品質にどのように影響を与えるか?甘みや旨味の向上は粉の粘性を高めるのか低めるのか?現在の知識レベルではここらへんの話はわからない。米粉に影響与えるか?を調べる前の前段階として米の食味についてわかっていることをまとめる事にしよう。日本には...

 

水無瀬神宮の離宮の水

大阪と京都の県境付近の大阪府三島郡島本町にある水無瀬神宮に行ってきた。参道を歩き、境内に入ると、後ろに人が並んでいる手水舎(ちょうずや)がある。何故後ろに人が並んでいるのか?というと、大阪で唯一の名水百選に選ばれた離宮の水があり、手水舎で水を汲まれると人だかりで大変なことになるので、後ろに貯水用に管を引っ張ったそうだ。神社の方から手水舎で水を飲んでも良いと教えて頂いたので、汲んで手に移して飲んでみたところ、舌の上に若...

 

京都亀岡の出雲大神宮の真名井の水

京都の亀岡市に出雲大神宮という神社があり、神社の境内に真名井のいずみという御神水が湧いていた。真名井のいずみは古来より絶えず流れ続けたとのこと。出雲大神宮は亀岡盆地東部に立つ御蔭山の山麓に鎮座しており、古くは御蔭山を神体山として祀る信仰があったとされ、真名井の水は御影山より湧いている。湧き水は栽培地域の特徴を知る重要なヒントになると予想しているので、ここから何か得られないか?と調べてみることにした。飛騨小坂の霊泉覚明水最初にWikipedi...

 

京見峠の杉坂の船水

京都の鷹峰(金閣寺の北に少しいったところ)という地域から古道長坂道を経て、京見峠を更に京北に向けて進む箇所を地図で眺めていたら、杉坂の船水と書かれた箇所があった。京見峠 - Wikipedia杉坂の水から美味しさ以外で何らかの知見が得られるかもしれないので、早速行ってみることにした。様々なものが祀られていて、地域の方に大切にされていることが伝わってくるところだった。近所の方曰く、この水でコーヒーをいれると美味しいのだと。早速...

 

ふくいのおいしい水 神谷の水

恐竜博物館の前から石川県方向の山に向かう道路を進むと、少ししたところで水車が目に付く。近づいてみるとふくいのおいしい水 神谷の水が飲める場所であった。絶えず水が出続けており、この水を飲んでみると、あっさりとした飲みやすさで美味い水だった。看板を読んでみると、700m先の山の中腹にある岩の間から湧き出てきた水を引いてきているらしい。周辺の山がどんな地質であるのかを確認してみると、20万分の1日本シームレ...

 

飛騨小坂の炭酸冷泉

20万分の1日本シームレス地質図先日から連日で投稿している飛騨小坂の溶岩流の先端のところあたりに、飲用可能な炭酸冷泉が湧いている。小坂の炭酸泉は炭酸含有量が非常に高いことで有名で、写真ではわかりにくいけど、水からは絶えず発泡していて、飲んでみるとシュワシュワとサイダーを飲んでいるような感覚となる。味といえば、なんか血を舐めたような味で、炭酸の爽快感に血の味となんとも不思議な感覚であった。血の味というのは、今まで紹介してき...

 

飛騨小坂の霊泉覚明水

飛騨小坂の巌立峡の近くに湧水「霊泉覚明水」があった。湧水を知ることでいずれ何らかの役に立つような気がしているので、メモも含め記事としてまとめておく。霊泉とは不思議なはたらきをもつ水。神仏の加護が受けられるという水という意味があり、周辺に玄武岩質的な火山岩、豊富な水と滝の多さから、ここから湧いている水に不思議な作用があることは予想できる。不思議な作用については次回記載する。飛騨小坂の三ツ滝/******************************...

 

醒ヶ井宿の居醒の清水

醒ヶ井の梅花藻梅花藻は水温15℃前後を保つ澄んだ湧水を好みと、生育できる条件が限定的であるため、生育している箇所は非常に少ない。梅花藻が生息している川を武蔵川と呼ぶらしいけど、この川の上流に加茂神社があり、その神社の端に水が湧いている箇所がある。この地域の湧水は居醒(いさめ)の清水と呼ばれ、平成の名水百選に選ばれている。滋賀県/米原市 居醒の清水 - 環境省湧水といえば、周辺の山の地質の影響を受けているものがあるということを天川...

 

徳島の名水の江川の湧水

徳島のネギの栽培者向けに施肥設計の話をしましたの休憩中、公民館のトイレの窓から外をなんとなく見ていたら江川の湧水という看板が目に付いた。なんだって?ここに名水があるだと!名水といえば、以前、湧いているところの地質が特徴的で、その特徴から湧いた水だから美味しいということもあって、きっとここにも何かあるのだろうとトイレでテンションが挙がった。天川村洞川の名水のごろごろ水勉強会で徳島に行く前から、今回の勉強会の会場付近の地域が、日本シ...

 

御香宮神社の御香水

天川村洞川の名水のごろごろ水の記事の末尾で、もしかしたら名水を巡るだけで、重要な何かを得られるかもしれない。と書いて〆た。家(京都)の近くに名水百選に選ばれた箇所はないか?と調べてみた。京都には伏見の酒があったな。酒は水が美味しい地域で発達すると勝手にイメージしていて、イメージ通り名水百選に伏見の地域が入っていた。というわけで、名水百選に選ばれている伏見の御香宮神社に行ってみた。境内の奥の方に、御香水という名水が...

 

天川村洞川の名水のごろごろ水

先日から投稿し続けている奈良県吉野郡の天川村洞川には名水百選に選ばれた湧き水がある。この湧き水が出ているのは、五代松鍾乳洞とスカルン鉱床があった山の麓で、母岩が石灰岩多めであることはわかっている。五代松鍾乳洞横にあったスカルン鉱床ここの湧き水ではないんだけど、地域の人曰くもっと飲みやすい箇所があるよということで頂いた所、とても美味しかった。この水で炊いた米も美味しかった。ここで思った。美味しい水とはなんだろう?とごろごろ水でわかって...


Powered by SOY CMS  ↑トップへ