道を歩いていた時にふと目に付いたウメの木



逆光で撮影してみるとよくわかる。



一本の木から様々な色素の量の花が咲いているんだよね。

※花弁によってピンクの濃さが異なる


枝変わりとして解釈すると、

あまりにも変異の発生が多すぎるし、

※白の方が花弁の脱色系の変異として捉えるとして

枝変わり。原基の万能性


枝によって個性が出やすい品種なのかな?

そういう事ってあり得るのか?


実際目の前で発生しているのであり得るのだろうね。