道路沿いの低木の街路樹の隙間からアザミの花が咲いていた。

開花が早いような気がするがおそらくアメリカオニアザミだと思う。

このアザミは花は綺麗なのだけれども、全身トゲだらけで素手で抜こうとすると痛くて抜けない。


歩いている時にちょっと触れてしまっただけでも相当痛くて、見つかり次第すぐに刈られてしまう草でもある。

アメリカオニアザミにご注意ください|船橋市公式ホームページ


そんな嫌われもののアザミでも低木の隙間からひょっこり出たものであれば刈り取られずに生き残っている。

アザミは人の社会での居場所を低木に見つけたのかもしれない。


ただ、タネを低木の根元でないところに飛ばした場合は、発芽後に刈り取られてしまうので要注意。


関連記事

今年もアザミの季節になったので、昨年から見てきたものを整理しよう