クエン酸回路で電子をたくさん得る


アミノ酸の合成を見る前に、

最後に前回クエン酸回路で発生したNADH2+を使って、

大量にATPを合成する電子伝達系を見る。


電子伝達系とは、ミトコンドリアの膜部分にある酵素群で、

まぁ、場所はどこにあろうが今はどうでもいい。


いつもどおり、詳しく知りたければ教科書を買ってくればいい。


大事なのは、

アミノ酸がどうできるかであって、

今回は余談みたいなものだ。




ATPを合成するためには、

葉緑体と同様、H+のプロトン駆動力を利用するわけだけど、

葉緑体は光合成に使用するATPを自前で用意する


光合成の場合は、膜の外側に向かってH+が移動すれば良かったけど、

今回は膜の内側から一旦外に放出して再度内側に戻す必要がある。

※これはあくまでイメージなので、実際と解釈が異なっている可能性があります


上記内容をものすごくざっくりと書くと、



こんな感じ。

NADHにある電子を使って、一旦H+を勾配の高い方へ移動させ、

ATP合成酵素を通過させることで勾配の低い方へと戻す。


勾配の高い方から低い方へ移動した時にエネルギーが発生するので、

そのエネルギーをATPとして蓄える。


これで、糖からエネルギーを取り出す過程は終了。

クエン酸回路で二酸化炭素が発生しているし、

電子伝達系で水が発生しているので、


C6H12O6 + 6O2 + 38ADP → 6H2O + 6CO2 + 38ATP

解糖系という反応


この式も辻褄があう。