BBC Micro:bit(以後、microbitと略す)をUSBでPCと繋げたら、



MAINTENANCEとして認識された。

※普段はMICROBITと表示される。


これはmicrobitがメンテナンスモードになったということで、フラッシングが出来なくなっている。

PCから一回抜いて、再度つなげれば戻る事が多いらしいが、時々メンテナンスモードから抜けられなくなることがあるらしい。


今回はメンテナンスを抜けた方法をメモとして残しておく。


ちなみに




microbitとUbuntuを繋いだ時の表示の載せておく。




最初にメンテナンスモードになった原因を載せておくと、



microbitの裏面にあるリセットボタンを押しながら、PCに繋げるとメンテナンスモードになるらしい。

これはRaspberry Pi Picoと同じような仕様となっている。


メンテナンスモードはファームウェアの更新の為にあるため、microbitのファームウェアを更新すればメンテナンスモードから抜けられる。





裏面右下にmicrobitのバージョンがあるので確認しておく。


Firmware | micro:bitを開き、



ページ下部にあるファームウェアのダウンロードボタンを押す。

今回はバージョン1系なので、Firmware for micro:bit V1の方をダウンロードする。


ダウンロードできたら、



ファームウェアのファイルをダウンロードフォルダからmicrobitのMAINTENANCEフォルダに移動する。

しばらく待つと、microbitがメンテナンスモードから抜けて通常のモードになる。


関連記事

NodeMCUにファームウェアをインストールする