カテゴリー : コンピュータ

ブログ内検索
 

さくらのVPSで追加ストレージ(NFS)を利用してみた

インターネットの各サイトで一番多いデータの形式は画像のデータだと言われる。 うちのサイトでも画像のデータが大半を占め、 現在借りているさくらのVPS 1Gプラン(ストレートがSSD 30G)も気付けば残り200MBになり、 夜間のバックアップスクリプトを実行するとサーバのリソースが限界を超えるのか、 朝起きてサイトを表示したら何らかの不調でサイトが開けないことが多くなった。 というわけで、 追加ストレージ(NFS)を借りて、 画像データをNFSのサーバに移すことにした。 ...

Read More…

 

Windows10 Apache2.4でlocalhostの接続拒否の解決方法

localhostで開発を進めているのだが、突然接続拒否になった。 開発環境は、Windows10 64bit Apache2.4.37 を使っている 原因は不明だが、思い当たる点が一点あった。 昨日シャットダウンをする時に、いろんなアプリが更新されたようだ。 ということで、localhost 接続 拒否で検索したら、Windowsのアップデート時に Apacheの設定が変っていたと書いてある記述を見たので、早速Apacheのファイルを見てみる。 C:\Apache24\...

Read More…

 

さくらのVPSにUbuntu18.04を入れてSOY CMSを動かした時のメモ

以前、さくらのVPSでSOY CMSを動かした時のメモでさくらのVPSにUbuntuを入れて、SOY CMSの環境を構築した記事を投稿したけれど、 古くなったので改めてまとめることにする。 最終的な環境 さくらのVPS 4G VPS(仮想専用サーバー)|さくらインターネット - 無料お試し実施中 Ubuntu 18.04(16.04を入れた直後に速攻でアップグレード) Apache2.4.38 PHP 7.3.3.1 FastCGI MySQL 5.7.25 今回の話を...

Read More…

 

Windows10のApache2.4でVirtual Hostを設ける

Welcome to The Apache Software Foundation! Windows10のApache2.4でVirtual Hostを設ける。 バーチャルホスト - Wikipedia Apacheは導入済みの前提とする。 Windows7の記事ではあるが、Apacheのインストールについては下記の記事に記載がある。 PHPで楽天市場の商品登録を楽しよう:Apacheのインストール編 環境は WIndows 10 64bit Apache 2.4...

Read More…

 

IoTによる施設栽培の自動制御の今後は?

ここ数年のトレンドとして、 水耕栽培の培地は露地栽培の堆肥として再利用できるか? IoT(またはICT)による栽培の自動制御が度々挙がり、 それに伴い水耕による施設栽培の需要も高まり続けている。 ※開発者目線でICTではなくIoT(Internet of Things:モノのインターネット)という用語を使いたい ※ICTはInformation and Communication Technology:情報通信技術でITやIoTを総括する モノのインターネット - Wik...

Read More…

 

UbuntuでさくらのVPS for Windows Serverを使用する

UbuntuでさくらのVPS for Windows Serverに接続することになったので、 その時に試した内容をメモとして残しておく。 ※VPSサーバ側の手続きは今回の記事では記載しません。 さくらのVPS for Windows Server はじめに環境 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryzen 5 2500U APU ( 2.00GHz 2MB ) OS : Ubuntu 18.04 メモリ : 8.0GB PC4-17000...

Read More…

 

Go言語でKVSのRedisを使ってみる

Go言語で構築したサーバで複数台の構成にして、 ロードバランサで負荷分散しなければならない状況になりそうだ。 複数台にした時に問題になるのが、 複数サーバ間でセッションのような値を共有したいという問題が発生する。 どうにかできないかと検討してみたところ、 https://redis.io/ KVS(Key-Valueストア)のRedisであればできそうだ ということを思い出し、 NoSQL - Wikipedia Go言語でRedisの使い方を調べること...

Read More…

 

ApacheでLet's Encryptの自動更新する為にCertBotを導入した

Let's Encrypt - Free SSL/TLS Certificates 当サイトをHTTP/2対応して表示の爆速化してみたの記事で Apacheで運営しているサイトでLet's Encryptを利用してhttpsからはじまるURLでサイトを表示できるようにしている。 Let's Encryptは3ヶ月毎に更新のため、 Let's Encryptのインストールの際、cronで期限が切れそうになったら自動更新するコマンドを登録していたけれども、 先日、期限切れを伝えるメ...

Read More…

 

JavaScriptのAnalyzerNodeで音に反応して動きを変えてみる

JavaScriptのAnalyzerNodeで拾った音の周波数を可視化してみる3までの記事で、 HTML5のWeb Audio APIにあるAnalyzerNodeでマイクから拾った音を周波数データとして取得してみた。 今回はこのデータを使って、 HTML5 Canvasで作成したアニメーションを制御してみる。 はじめに音は関係なく、丸がただ動くだけのアニメーションを作成してみる。 今回は前回のコードのdraw関数のみの修正となるので、 実際に書いたコードもdraw関数のみ...

Read More…

 

JavaScriptのAnalyzerNodeで拾った音の周波数を可視化してみる3

JavaScriptのAnalyzerNodeで拾った音の周波数を可視化してみる2 前回の記事でWeb Audio APIのAnalyzerNodeを使って、マイクで拾った音から周波数データを取得してみた。 実際に取得してみて、ハウリングが発生してという表現が正しいかわからないが、 ファンファンファンという耳が痛くなるような音が鳴り出した。 このハウリング対策として、 マイクから音を拾う際にBiquadFilterというフィルターをかます。 説明の前に実際のコードを書いて...

Read More…

 

JavaScriptのAnalyzerNodeで拾った音の周波数を可視化してみる2

前回のJavaScriptのAnalyzerNodeで拾った音の周波数を可視化してみる1で、 数学が弱い生物系出身の自分が無謀ながらコンピュータにおける高速フーリエ変換に触れてしまった。 フーリエ変換と言えば、 世の中を劇的に変えたであろう偉大な数式を挙げろと言われたら必ず出てくるようなもので、 身近でフーリエ変換によって出来たものと言えば、 真っ先に挙がるのが音声データが保存されたCDだろう。 オーケストラのCDをイメージしてみたらしい。 円盤がくるくると周り、 ...

Read More…

 

JavaScriptのAnalyzerNodeで拾った音の周波数を可視化してみる1

JavaScriptのWeb Audio APIで録音してみるでHTML5のAPIを介して、 ブラウザとマイクで音を拾って、wav形式の音声データとして保存してみた。 それを踏まえた上で、 今回はマイクで拾った音を他の処理で使えるように、 音を周波数のデータとして取得してみる。 取得の前に周波数のデータとして取得する為に必要なフーリエ変換について見てみることにする。 といっても生物上がりで数学は得意ではないので、 以後の開発で使える程度の概念程度を自分用のメモとして残す。 ...

Read More…

 

JavaScriptのWeb Audio APIで録音してみる

先日、 パソコンの前で手を叩いたら、その音をキッカケにして動作するアプリは作れないかな? という意見が挙がった。 というわけで、早速調べてみたところ、 HTML5のAPIでWeb Audio APIをいう仕様を見つけた。 Web Audio API - Web API インターフェイス | MDN というわけで、 早速、上記のURLと下記のURLを参考にして録音アプリを作ってみた。 ユーザーから音声データを取得する  |  Web |  Google Developers...

Read More…

 

Androidの内蔵GPSのキャッシュを削除したい

先日紹介した地質と土質の調査用で作成した簡易的なGPSアプリ、 前回の記事で記載したとおり、オフラインで使用していると、 何回か緯度経度情報を取得すると、 移動してから再度取得しようとしても前の場所の緯度経度が返ってくる。 Soil & Geoロガーで現在地の土質と地質を調べよう この状態になったら、 再度インターネットにつなげる環境に行くまで、 緯度経度情報が取得できなくなる問題は解決されない。 原因はなぜなのだろう?と考えてみたところ、 今回作ったアプリか端末のGP...

Read More…

 

Go言語のSQLiteドライバでデータを挿入してみる

はじめにGo言語でSQLiteを使えるようにするためにSQLiteのドライバーを取得しておく必要があるが、 いつも使用しているGit Bashでは取得できないため、 下記のURLからgit-sdkをダウンロードして、インストールしておく。 https://github.com/git-for-windows/build-extra/releases インストール後に デスクトップ上にMSYS2のアイコンが出来ているので、 今回はmsys2から操作を行う。 MSY...

Read More…

 

Soil & Geoロガーで現在地の土質と地質を調べよう

スマホのAndroid端末で現在地の土質と地質を簡単に知ることが出来ないか? とAndroidアプリの開発に挑戦してみた。 Go MobileでAndroidアプリの実行までを見てみる 最初はGo Mobileで開発しようとしたけれども、 Go Mobileはアニメーションが主体で、ボタンを設置するという簡単なアプリには今のところ不向きということで、 HTML5のService WorkerとIndexed Databaseを組み合わせて、 オフラインでも動作するWebアプリにし...

Read More…

 

SQLiteのALTER文で新たなフィールドを追加してみる

まずsql構文で、category Tableを作成して、情報を追加する。 CREATE TABLE category( id INTERGER PRIMARY KEY AUTOINCREMENT, name VARCHAR(8) ); sqlite INSERT INTO category(name) VALUES('tanpopo'); sqlite INSERT INTO category(name) VALUES('asagao'); sqlite INSERT INT...

Read More…

 

UbuntuでAndroid Debug Bridgeを使ってみる

Android Debug Bridge(通称:adb)は開発機とAndroid機(エミュレータ)間で通信できる便利なコマンドラインツールで、 開発機からAndroid機に開発したスマホアプリをデプロイ出来たりする。 Android Debug Bridge  |  Android Developers というわけで、ADBのインストールからAndroid機にアプリのデプロイまでやってみた。 開発機 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryz...

Read More…

 

SQLiteでWHER句を使ってみる

前回の記事SQLiteでデータを入れて取り出してみるで、TABLEを作成した。 今回は、TABLEの中で、sql構文で部分的なデータを取得する。 まずは、名前だけを取得したい時は、 sqlite SELECT name FROM users;ryokokumausapaopomdorachan 名前と苗字の両方を取得したい時は、nameとfnameの間に','を入れる。 sqlite SELECT name, fname FROM users;ryoko|saitokuma|kumas...

Read More…

 

UbuntuにAndroidのエミュレータを入れる

Go言語のGo MobileでAndroidアプリを開発してみるで、 Go言語でAndroidアプリを開発出来る環境を設けた。 開発を快適にするために、開発機にAndroidのエミュレータを入れてみた。 まずは環境をまとめてみる。 開発機 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryzen 5 2500U APU ( 2.00GHz 2MB ) OS : Ubuntu 18.04 メモリ : 8.0GB PC4-17000 DDR4 (オンボ...

Read More…

 

SQLiteでデータを入れて取り出してみる

データベースを操作する際に、SQLという言語がある。 SQL - Wikipedia SQLは、検索を行うアプリ等で頻繁に使われる。 以下の文はWindows 10での操作。 https://www.sqlite.org/index.htmlからSQLiteをダウンロードする。この時、 https://sqlitebrowser.org/からDB browser for sqliteもダウンロードしてインストールしておく。 SQLiteのインストール手順は SQLite ...

Read More…

 

会議用の資料の作成時間を短縮したい

SOY CMS/Shopの開発元を辞め、自営になって非IT系の企業に出入りするようになって驚いたことがある。 それは、 弥生販売のような販売管理のソフトウェアを利用していて、 前年度の売上や、前々年度の売上比較を会議で話題に挙げたいので、 わかりやすい資料を事前に作成して会議に臨む。 この資料は会議で話題を挙げるための本人が作成であったり、 事務員が作成であったりする。 (見本はないけれども、) 既存のソフトウェアから出力されるエクセルは会議に使える要素だけをピックア...

Read More…

 

Ubuntuで突然キーボードの操作が反応しなくなった時の対処のメモ

FirefoxでSOY CMSのブログの更新をしている最中、 突然、キーボードの各キーが効かなくなった。 何故かタッチパッドは動くため、フリーズでは無いことはわかったので、 キーボード関連のデバイスがイカれたのか? とりあえず、再起動してみることにした。 電源を切って、電源を入れようと、電源ボタンを押しても反応しない。 電源ボタンを長押ししてみたら何故か動いた。 起動したものは良いけれども、 ログイン画面で各キーが反応しない為、 ログインすることが出来なかった。 ...

Read More…

 

GIMP 2.10.4版で電子書籍の表紙を作成する

GIMP(GNU Image Manipulation Program)を下記URLよりインストールする(OS Windows 10の場合)。 https://www.gimp.org/ インストールの手順は、DOWNLOAD2.10.4をクリック。 次にDownload GIMP2.10.4 directlyをクリック。 ダウンロードされたファイルをダブルクリックでGIMPをsetupする。 すると、GIMPがインストールされる。 GIMPを早速開き、ファイル→...

Read More…

 

Sigilで電子書籍を作成してみる②

前回の続きで、最初の題名を大きくしたい場合は、h1を押して文字を打ち込む。 題名の大きさを変えたいときは、横のh2、h3...を順番に押していくと大きさが変わる。ちなみにh1が一番大きい。もとの文章はpで書いている。 表紙をつけたい時は、ツール→表紙を追加ボタンをクリック。 目次のページを作成したい場合は、ツール→目次→HTMLの目次作成をクリック。 一番上の目次を生成だけだと右側に一覧が出る。書籍の作成途中に目次を確認したい場合に使える。 ページとして作成したい場合は、H...

Read More…

 

Sigilで電子書籍を作成してみる①

はじめにSigilをダウンロードする。 Sigil Ebook | Sigil is a multi-platform EPUB ebook Editorを開き、 ページ中部にあるDownload Locationの下あたりにあるダウンロードページを開き、 そのページから使用中のOS用のパッケージを選択してダウンロード後にインストールする。 sigilのショートカットアイコンをデスクトップ上に作成する。 早速、アイコンをクリックすると下記のような画面が表示される。 最...

Read More…

 

妻にプログラミングを教えることにした-続き

よくこんな話を聞く。 プログラマと話す時、細かいところまで確認されて話にくいと。 伝える側はおそらくは電話でさくっと伝えて終わらせたいのだろうけれども、 段階を踏まれて事細かく且つ理屈っぽく話をされるからだろう。 更には電話による口頭のやりとりを拒否されて、 メールでやりとりをしてほしいと言われることもあるだろう。 上記の問題に対して、私なりの経験をまとめておくことにしよう。 それが前から記載している妻へプログラミングを教えている理由に繋がってくるから。 妻にプログラ...

Read More…

 

Apache上で利用しているLet's Encryptの失効

先日、当サイトのサーバを引っ越した。 引っ越した理由はバックアップスクリプトの実行時に使用するメモリが上限に達しつつあったため、 より大きなメモリを使用することができるVPSサーバを使用する必要が出てきた。 SOY CMSのサイトのバックアップをDropboxで行う 現在使用しているさくらのVPSでは、スケールアップというサービスがあって、実際はサーバの引っ越しせずとも対処はできたのだけれども、 スケールアップを行う – さくらのVPSニュース それを知らずにサーバを新規で借...

Read More…

 

チャットワークとGoogle Apps Scriptで音声入力で投稿してみる

Google AppsのGoogleドキュメントでは音声入力という機能がある。 Googleドキュメントで画像ファイルから文字列を抜き取ってみる Google ドキュメント - オンラインでドキュメントを作成、編集できる無料サービス 前回紹介したGoogle Apps Scriptでチャットワークに投稿するライブラリと組み合わせて、 音声入力でチャットワークに投稿するコードを書いてみる。 Google Apps Scriptからチャットワークに投稿してみる 音声入力のルールと...

Read More…

 

妻にプログラミングを教えることにした-後編

妻にプログラミングを教えることにした-前編 前回、妻にプログラミングを教えることにした背景を記載した。 プログラミングを体験することによって、人に伝える前に内容を整理する習慣が付いて、 整理するということが結果として様々な人達の業務改善に繋がると信じている。 そして前回記載しなかった内容だけれども、 もう一つ教えたい背景がある。 それは、中学生向けのプログラミング教室で感じたことで、 中学生にプログラミングを教えてみて。その1 教えるということは、 伝える前に対...

Read More…

 

妻にプログラミングを教えることにした-前編

パソコンを使う作業員のイラスト(女性) | かわいいフリー素材集 いらすとや 前々からやりたいことに一つに女性向けのプログラミング教室がある。 何故女性向けに話をしたいかというと、 一時、市場調査を兼ねてハローワークに頻繁に立ち寄っていた時のこと 事務職になりたい人が非常に多くいて、 その割に求人募集がなく、事務職の倍率が3倍を越えていた事を知った。 運良く事務職をやりたい人と出会うことが出来たので、 何故様々な職種があるのに事務職になりたいのですか? と質問すると、...

Read More…

 

続・Ideapad 720SにUbuntuを入れてWi-Fiを使用する

Ideapad 720SにUbuntuを入れてWi-Fiを使用するで新しいパソコンにUbuntuを入れた後に内蔵Wi-Fiが使用できないという困った症状になって、諸々調べたけれども解決しなかった という内容を記載しました。 今回は前回の続きで解決編 最初に前回まで調べたことをまとめると 最初にマシンとインストールしたOSを記載してみる。 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryzen 5 2500U APU ( 2.00GHz 2MB )...

Read More…

 

Ideapad 720SにUbuntuを入れてWi-Fiを使用する

記事タイトルでIdeapad 720SにUbuntuを入れてWi-Fiを使用すると記載したけれども、 先に結論を書くと、現時点(2018年3月29日)では内蔵Wi-Fiアダプタは使用出来なかった。 使用出来なかったという判断を行うまでの過程をメモとして残す。 先に前回記載した内容をまとめておくと、 Lenovo Ideapad 720S プラチナ CPU : AMD Ryzen 5 2500U APU ( 2.00GHz 2MB ) OS : Windows 10 Home ...

Read More…

 

Ryzen搭載のノートパソコンにUbuntuのインストールで苦戦した

開発用としてノートパソコンを購入した。 長い間、待ちに待ち続けたRyzen搭載のノートパソコンだ。 AMD Ryzen™デスクトップ・プロセッサー | AMD Ryzen - Wikipedia それでは早速、OSをWindows10からLinux Ubuntuに入れ替えだ。 The leading operating system for PCs, IoT devices, servers and the cloud | Ubuntu 何...

Read More…

 

Jenkinsらをバージョンアップした後、エラーで動かなくなった時の対処

Jenkins Jenkinsを開いたら新しいバージョンが公開されたということでアップグレードの通知が表示されていた。 Jenkinsをインストールしているサーバにリモートアクセスして、 Jenkinsのバージョンアップをしたら突然動かなくなった。 エラーメッセージを見たら下記の通り。 PHP Fatal error: Uncaught Facebook\WebDriver\Exception\UnknownServerException: unknown error: cal...

Read More…

 

サイトの表示が遅くなってきたのでSQLiteのVACUUMを試す

SQLite Home Page 当ブログはさくらインターネットの最安値のVPS上でSQLite版のSOY CMSで運営している。 何故、最安値のVPSでファイル型のデータベースを使用しているか?というと、 ・低スペックのサーバで徐々に表示が遅くなりつつ状態に抗い、サーバのスキルを磨く ・SOY Shopとの併用でSOY CMSではSQLiteの利用を進めているので、SQLiteのスキルも磨いておきたい というのが理由なのですが、 SOY CMS/Shopを利用する際、どのデータ...

Read More…

 

COMODO Internet Securityを利用しながらGoで書かれたプログラムを実行する

前回のWindowsでGo言語で64ビット版のWindows 10でGo言語の最小限の開発環境の構築方法をまとめた。 残念なことにまとめた手順では私が利用しているパソコンでは動作することができなかった。 動作しなかった要因は、 利用しているアンチウィルスソフトのCOMODO Internet Security 10(以後COMODO)がGoで書いたスクリプトの実行をブロックすることによる。 Free Internet Security | Why Comodo Internet Se...

Read More…

 

Jenkinsの動作が遅くなった時の対処

さくらVPSにJenkinsを入れて、Selenium + php-webdriverを動かせるようにするでVPSサーバを借りてJenkins用のサーバを組み立ててみた。 継続的インテグレーションに従い、細かい機能追加の度にGitでコミットを行うことで、 機能追加により以前の機能が動作しないといった致命的な不具合の心配がなくなった。 継続的インテグレーション - Wikipedia 一人で開発している身として、Jenkinsが相棒のように感じられるようになったわけだけど、 ビル...

Read More…

 

働きたくないイタチと言葉がわかるロボット

小中学生、大学生や社会人の方に向けてプログラミングの話をしているのですが、 それに合わせて良い教材がないか?と本屋に行く度に楽しく読める本を探しています。 中学生にプログラミングを教えてみて。その4 社会人・学生向けプログラミング教室でGoogleスプレットシートの拡張の勉強会を行いました そんな中でとても素晴らしい本に出会い、 どうしても紹介したかったので、今回の記事を書き始めた。 一つ目は、 朝日出版社から出版された働きたくないイタチと言葉がわかるロボット(...

Read More…

 

最近、WordPress疲れの方からのお問い合わせが増えました

最近、WordPress疲れの方からのお問い合わせが多くなりました。 製作者側視点でのWordPress疲れをざっくりと書くと、 WordPressは一番利用されているブログCMSでコミッターも多く開発が活発なんだけど、 様々な開発者が公開しているプラグインの中にはセキュリティ上問題があるものが多かったり、 そもそもの話でWordPress自体のセキュリティも何かと怖い。 先日の世界的に大問題になった税金関係の重要書類の流出事件も、 WordPressのセキュリティホールを狙...

Read More…

 

Ubuntuでタッチパッドでアイコンの上を軽く触れるだけでドラックしてしまう問題について

先日、Ubuntu17.10にアップグレードした。 アップグレード後にパソコンを触れたら、 ※タッチパッドでアイコンに軽く触れるだけで、アイコンがドラックの操作として動き出してしまう タッチパッドでアイコンの上を軽く触れるだけでアイコンをドラックしてしまう問題が発生した。 実際には前のアップグレードの時も同様の問題が発生したので、再発したと言った方が良いかも。 前回は設定のメモをしておくことを忘れて、今回も同様に苦戦したので、 今回は設定のメモを残しておくことにする。...

Read More…

 

Ubuntuでsendmailをインストールする

UbuntuでSendmailをインストールする時に苦戦したので、その時のメモとして投稿。 Sendmail - Wikipedia まずはいつものように $ sudo apt-get update $ sudo apt-get upgrade して、諸々のアプリをアップグレードしておく。 その後にSendmailのインストールを行うために $ sudo apt-get install sendmail sendmail-cf mailutils をしたが、 Creatin...

Read More…

 

Googleドキュメントで画像ファイルから文字列を抜き取ってみる

Faxで送られてくる書類から文字列を抜き出したいということで、 光学文字認識(Optical character recognition:OCR)ができるオープンソースを探していたところ、 光学文字認識 - Wikipedia GoogleドライブのGoogleドキュメントでできるよという情報を見つけ、 早速試してみることにした。 早速このように適当な位置に名前を書いた画像ファイルを用意する。 このファイルを Googleドライブ内でOCR用で作成したフ...

Read More…

 

さくらVPSにJenkinsを入れて、Selenium + php-webdriverを動かせるようにする

さくらVPS上でSeleniumとphp-webdriverを利用する 前回、さくらのVPSにSeleniumとphp-webdriverを実行するための環境を設けた。 あとはJenkinsを入れるだけだ。 環境 さくらVPS 512 Ubuntu 16.04 Java 1.8.0_151 Jenkins 2.76 Selenium 3.7.1 Xvfb バージョンの調べ方わからず Chromeドライバ 2.33.506092 Chromium 62.0.3...

Read More…

 

さくらVPS上でSeleniumとphp-webdriverを利用する

Selenium - Web Browser Automation 最近の記事でSOY CMS / ShopのUIテストをSeleniumのGUI(Firefoxのアドオン)からFacebook製のphp-webdriverへと作り変えた。 facebook/php-webdriver: A php client for webdriver. テストを作ったのは良いけれど、ローカル環境だとテスト中に他の作業ができなくなるので、 さくらのVPSを借りてSeleniumを動かせるよう...

Read More…

 

Dropboxで同期しないフォルダを設定する

https://www.dropbox.com/ 以前、DropboxをVPSや専用サーバにインストールして、Dropboxでサイトのバックアップを紹介した。 SOY CMSのサイトのバックアップをDropboxで行う 先日、サイトのバックアップの相談を受け、 Dropboxでバックアップしましょうという話をしたのですが、 この時に問題が発生した。 相談者はすでにDropboxを有料プランにしていて、 有料プランで契約しているアカウントでバックアップを希望でした。 有...

Read More…

 

さくらインターネットの共有サーバでLet's Encryptを利用して常時SSL化してみた

さくらインターネットから共有サーバでLet's Encryptが使用できるようになったという旨のメールが届いたので、 スタンダードプランで運営しているサイトで早速試してみた。 今回の文章を読む前に、 Let's Encryptと常時SSL化の記事のリンクを載せておきます。 Goで運営しているサイトでLet's Encryptを利用してみた 当サイトをHTTP/2対応して表示の爆速化してみた 常時SSL化はSEO上効果はあるか? それでは早速、Let's Encryptを設定...

Read More…

 

SOY Inquiryで複数のアップロードフォームを設置した時、確認メールで複数分の画像を確認したい

SOY Inquiryでアップロードフォームを設置した時、確認メールで画像を確認したいを試した方から、複数個のアップロードフォームを設置したので、管理者への通知メールで複数個分の画像の確認用のリンクを出力したい。 という問い合わせがありました。 上記の記事を改変したコードを下記になります。 ?php /** * 使用できる変数 * $columns 各フォームのオブジェクト(入力内容も含む) * $this-form フォームの設定 * $inquiryMailB...

Read More…

 

VPSサーバでWebサーバ構築のハンズオンを行いました

Webサイトの表示の高速化に向けて、Linuxのハンズオンを行いましたの続きで ネットメディアを運営するアップラインさんの会議室を借りて、 メットメディア運営者向けのVPSサーバでApacheのWebサーバを立ち上げるハンズオンを行いました。 主な内容はお名前ドットコムで取得したドメインをVPSサーバに向けるところから、 Apache2.4 + PHP7 + Let's Encrypt + HTTP/2のWebサーバを立ち上げるまで。 ※Let's Encryptは常時SSL化のこ...

Read More…

 

土壌分析アプリSoil3 on SOY Shop

以前から開発していた土壌分析アプリSoil2ですが、 調査を兼ねて大幅に改修してSoil3を開発しました。 ※Soil3はSOY Shopのマイページの拡張として動作します 土壌分析アプリsoil2 by Go Soil3でできることをまとめると、 事業所や各ほ場を登録し、 住所、面積やGoogle Mapsと連動して、位置情報とストリートビューの向きを設定する。 これによりアプリを介して畑の土の色や周囲の情報を現地に行かずともある程度把握することができる。 ...

Read More…