SOY CMSであれば、管理画面のURLを特定したいでSOY CMSの管理画面のURLは分からない様にできた。


でも、

使用しているCMSがSOY CMSとわかった時点で、

攻撃者は管理画面のURLを躍起になって探す可能性がある。


その間に意味不明なアクセスが多発するかもしれない。

それってDoS攻撃っぽいものまで発展する可能性すらある。

DoS攻撃 - Wikipedia


というわけで、

サイトがSOY CMSで運営されていることを隠す方法についてを記載します。





一つ目がSOY CMSから出力される404 Not Foundページね。

存在していないURLを打ち込むと表示されるページですが、


SOY CMSとSOY Shop、

どちらもデザインを変更することが可能です。



SOY CMSならば、

ページ一覧にあるページが見つかりませんページ



SOY Shopならば、

サイト管理 > テンプレート管理にある404 Not Foundで変更できます


どちらも、

ブロックとモジュールが利用できるので、


Webでの肥料の販売の開始です


間違えてアクセスしてしまった方に対しても、

重要なコンテンツを表示するのも手です。





他にブログ記事のURLは、




ブログのページ生成設定で変更することができます。





お問い合わせフォームは、

フォームの設定でCMSから出力されるスタイルシートの使用を停止すれば、

SOY Inquiryと記載されたタグは挿入されません。


これでSOY CMSで運営しているサイトという形跡は消えました。




なんてことを書いたけど、

SOY Inquiryを除く、フォームがあるページ、もしくはフォームを設置するプラグインを使用すると、

ソースコードの中にSOY CMS特有のある文字列が入ります。