河川敷の川ギリギリの箇所でセイタカアワダチソウの花が目立っている。

目立っているのだけれども、よくよく見てみると、



クズの葉の間から何とか花を咲かせている状態で、背高(セイタカ)にはなっていない。

クズが覆いかぶさってくる中でこの草は何とか伸長して、最後の力を振り絞り、クズよりも少し高く伸長して花を咲かせたのだろうという努力が感じられる。


相変わらずクズは強いなと思いつつ、そんな中のアワダチソウもタフだなと思う光景だった。

アワダチソウの花に昆虫が集まる

グリーンモンスター