春と言えばサクラだろう。

桜といえば花見だけど、

そもそも花見する人たちはしっかりと花を見ているの?


サクラも他の古典園芸同様、

高度に品種改良をされているので、


木の下でござを敷いて、

宴会をしているだけではもったいない。


そもそも、

花見は春が訪れた喜びのテンションで行うものだろう?


暖房ガンガンの部屋で冬を過ごした人にとって、

昔の人程春の喜びは感じないだろう。


なんて心の叫びから、



文一総合出版のサクラハンドブックを購入した。


この本の表紙を見るだけでもわかるだろう。


単純に桜といっても、

こんなにも形状が異なるものだということを


とりあえず、




下鴨神社のおそらくヤマザクラだろうけど、

その花を載せておく。

(昨年の4月上旬に撮影)


開花と同時に紅色の葉も展開する。

この時点で最近のメジャーどころのソメイヨシノとは全然違う。

(ヤマザクラの方が原種に近い)