下鴨神社の萩を見に行った。

残念なことに時期的にはやく、

まだ咲き始めだった。


というわけで、

一昨年の下鴨神社の萩の記事を読んでもらうとして、

下鴨神社にある遅咲きの萩


せっかくだから、

花が比較的たくさん咲いている株を撮影してみた。



ハギは綺麗なんだけど、

枝が細くてコンデジだと詳細が撮影しにくい。


撮影していて思ったけど、



枝で花の咲き始めの箇所は葉と花が同じぐらいあって、

茎と花柄の間から花芽が形成している。


一方、



見にくい写真ではあるけれども、

先端に近づけば近づく程、葉が発生していないのね。



一昨年の記事でも同じようなことを書いたけれど、

ある季節に到達したら、

その時に光を多く浴びていた箇所の葉の発生を抑制し、

先端になればなるほど発生の抑制は強くなる。

ということだろうか?


そうなると、

陰っているところに葉があるのは無駄なような気がするけれども、

既に葉を展開しているのでそこはしょうがないと。


光が当たる箇所は目立つところでもあるので、

目立つためには多少の犠牲が必要なのだろう。