前回の従来の温泉の理論では説明できなかった有馬温泉

温泉の成り立ちについてざっくりとまとめた上で、

有馬温泉の成り立ちが長い間謎であったことがわかった。


それを踏まえた上で今回の話を始めるとして、

有馬温泉街の案内センターに立ち寄った時のこと


建物内に有馬温泉の科学的なことが紹介されていた。

そこに記載されていた内容は温泉と地球科学 ナカニシヤ出版の最終章の有馬温泉の抜粋であった。


有馬温泉は非火山性温泉の化石海水型という分類に当てはまる。

化石海水型というのは、


温泉と地球科学 ナカニシヤ出版 166ページ(案内所にあった同一の図)より引用


今まで何度か登場したプレートテクトニクスにおいて、

重い海洋プレートが軽い陸のプレートに潜り込む際、

海水を含みながら陸のプレートの下へと沈んでいく。


前回の非火山性の話でもあった通り、

地下深ければ深いほど、地下水の温度は高まり、

プレートと共に沈み込んだ海水は熱せられ、「亜臨界」の流体となり、


温泉と地球科学 ナカニシヤ出版 174ページ(案内所にあった同一の図)より引用


石英流紋岩脈に沿って、様々なものを溶かしながら上昇してくると考えられている。


有馬温泉を訪れる前に読んでいた本では、

他にも調査の結果から考えられることが記載されていたので、

興味がある方は温泉と地球科学 ナカニシヤ出版を読んでもらうとして、


様々な調査結果によって考察されたモデルによって、

有馬という海から離れた山において、



高濃度の塩があるという話へと繋がっていく。


プレートテクトニクスが絡むとなると、

この話は時間の面でも壮大なものとなり、

それ故に化石海水型と名付けたのだろう。