タンポポの綿毛探しの時にふと思った。


タンポポってこれから花を咲かせるもの、



今、花を咲かせているもの、



タネをつけてこれから飛び立とうとするもの


これらが、



一つの群衆内で共存しているよな。


他家受粉の観点から言えば、

同じ時期に一斉に花を咲かせて、各々を受粉させれば、

個体間の遺伝子の多様性は大きくなるのに、


タンポポの受粉の時期をずらすのは、

多様性を担保しつつ、全滅を避ける知恵のように見える。


最も大事な要素をどこまで追求するか?

タンポポはこの天秤をうまく調整しているのかもしれない。


補足

このタンポポは和タンポポだったので単為結果ではない。

和タンポポが幅を利かせていた

コンクリートの上の激戦区