林縁の落葉樹に目が行った。



幹に絡むツタらしき植物の葉が紅色で目立っている。

紅葉といえば、光合成が活発なのだけれども光合成を抑えたい時に葉のアントシアニンの量を増やすことに因るとなっている。

葉でアントシアニンを蓄積させる意味


ツタがこんなにも紅色なのは、本来のツタの生息地はもっと日差しが弱いところだけれども、たまたま林縁で光量が多い場所にいてしまったので、アントシアニンを溜め込んで光合成を抑えるということなのだろうか?