時々人の手が加わっている林縁の日がよく当たるところにて、



赤丸で囲った箇所に




ブナ科のアベマキだと思われる幼木がたくさん自生していた。

ここは時々草刈りしている人を見かけるけれども、人為的に木を植える場所ではないので、ここで発芽した木になるだろう。


このままこの木を刈り倒さなければ、林縁にアベマキの群生が形成されるだろう。

こうやって森林ができていくのかと森林の始まりを感じた。

森林の縁から木々の棲み分けを学ぶ

林縁の外側の更に外側の更に先へ