村人は彼岸花を愛し、切り札とした


彼岸花を育てたことはない。

これから書く内容は彼岸花について一般的に書かれている内容だ。


彼岸花は結実しない。

こんなにも綺麗な花を咲かせるのに、だ!

※タネが形成されない→結実で良いよね?


花を咲かせてもタネをつけないものとして、



蕊が花弁に変異してしまった八重咲き等があるけど、



彼岸花は蕊が存在している。


彼岸花が結実しない理由は蕊がないからではなく、

バナナと同じ3倍体という理由で結実しないことになっている。


ここでいう三倍体という話を触れる前に、

通常の二倍体の話をしておく必要がある。


メンデルの法則の時にあったけど、



子は両親から一つずつ形質が受け継がれている。

この現象を詳しく図式すると、



親世代でAAといった対がAとAに分かれ、そのうちの一つが子に継承される。

この時、AAからAとAに分かれることを減数分裂と呼び、

AAの対を2n(2倍体)と呼んでいる。


この減数分裂の際に、



どちらかの親で減数分裂が行われなかった場合、

F1世代はAAaになり、これを3n(3倍体)と呼ぶ。

※両親で減数分裂が行われなかった場合、F1はAAaaとなり、4倍体と呼ばれる。


3倍体は正常に生長することができるけど、

花粉や雌しべを形成する際、AAaがAAとaといった形で減数分裂を行うことが出来ず、

性細胞の形成をやめてしまう。


形成をやめても開花は行われるので、



開花して、蕊があったとしても、

受粉して結実までには至らないということになる。


この原理を利用した作物として種なしブドウ等がある。

※タネは出来なくても、果実はできる。


でもね、

彼岸花が3倍体だとしてタネがつかなかったとすると、

彼岸花はどうやって繁殖しているの?

という疑問が湧いてくる。