いつも歩いている道に枝垂れ桜がある。


枝垂れ桜といえば、



枝が長くなりすぎて、

重力に耐えられなくなって垂れたからこの形状になるらしく、


これは一種の枝の徒長だ。

※徒長とは茎や枝がひょろ長く無駄に伸びること


徒長といえば、

高校生物で習う植物ホルモンのオーキシンが関与していて、


私が学生の頃に

枝垂れもオーキシンが関わっているのでは?

という話を聞いたことがある。


枝の先端が徒長するけど、

伸長に合わせて枝の強度を高めることをしないから、

徒長した枝は重力に負けて下に垂れる。


強度を高めるホルモン(ジベレリン)処理を行うと、

この枝垂れという形質はなくなる。


となると、

次に疑問になるのは



徒長した長い枝が重力に負けて枝垂れたけど、

なぜ折れないのか?

ということ


明確な理由は知らんけど、

細い幹や枝程、暴風時に耐えて、

強靭な木程折れるとどこかに書いてあった。


ということは、

強度を高めず伸長したことによって、

暴風といったストレス環境を軽やかに交わす術を得たのだろ。



だから、

この形状が成り立ち、

日々、外環境に晒されているにも関わらず、

今でも生存していることが可能なのだろう。


最後に花でも載せておこう。




この木は紅枝垂だよね?