毎朝の日課のアサガオの行灯仕立ての調整作業中、

なんか根元でもぞもぞとした動きを感じた。


見てみると、



ネキリムシが茎に向かって動いていた。


しかし!

卵の殻にぶつかって前に移動することが出来ない。



先日作っておいた卵の殻の壁が、

ネキリムシが近づいてくることを阻止していた。

ネキリムシが憎すぎる


とりあえず、



ネキリムシを捕まえ、

アサガオから離れた箇所に放り投げた。


いくら憎いといえど、

無益な殺生はやってはいけない。


最初から卵の殻で防壁を作っておけば、

そもそも憎むことなんてなかった。


後悔先に立たずだ。


握爪龍の株はもういない…


関連記事

卵の殻の硬さ以外の防御