みなを抑えこむように脇芽


線路沿い、

定期的に突然訪れる突風

コンクリートや石によって草が生えにくい地表面

夏の暑さをもろに受け、

そこは植物にとって過酷な環境であることは間違いない。


そんな中で、



目立つ草がある。



この草も前回同様、上の方で枝が発生しているんだけど、


上の方で枝が発生している草って、



一番下の枝よりも下の節の葉は元気ないよな。



この草と比較してもそれが良くわかる。



先端の枝達の葉は薄緑でこれから感があるので、

きっと蒸散もすごいのだろうな。


蒸散がすごいということは、

根からの水の吸い上げも活発になるので、

気孔の日々のお仕事



途中に行き渡る前にしおれてしまうのか?

途中の草も別に色が悪いわけではないので、

それはそれで勿体無くないか?


それとも、

もう枝がたくさん出来たから、

これらの葉から養分を回収して枯れる準備をしているのだろうか?


それとも、

茎を直射日光から守るための防御策か?